【P花の慶次 蓮 試打レポート3/3】映像一新された「キセル演出」は過去最高の信頼度に!「カットインキセル演出」の信頼度は通常の「キセル演出」以上!?

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

 

今回は「花の慶次」を代表する激アツ演出「キセル演出」をご紹介したいと思います!

 

あれは2007年のこと。当時ホールに設置されていたパチンコ機のほとんどは「群演出」や「背景演出」をリーチ後の激アツ演出として採用していました。そんな時代に登場した初代「CR花の慶次-雲のかなたに-」は、見た目にもわかりやすくパチンコユーザーに広く浸透していたそれらの演出を使わず、原作の名シーンを元に生み出された「キセル演出」を搭載。

 

リーチがかかり、イントロの途切れ目に一瞬の間を置いて現れる慶次の後ろ姿…キセルが鳴り響き、この先待ち受ける展開に胸を躍らせる。襖の色は…リーチの発展先は…。今でも当時の興奮は忘れられません。大当たりした際の期待出玉がとても大きかったこともあり、「キセル演出」が出現した際は心臓がバクバクしすぎて痛くなることもありました(笑)

 

そんな本機の「キセル演出」はシリーズ最高峰の信頼度となっているとのこと。今回も「キセル演出」出現時は大いに大当たりに期待できそうです!

 

 

 

映像一新!本機だけの「キセル演出」

 

 

 

 

 

こちらが本機の新たな「キセル演出」。初代登場から13年。後継機が多数登場し「キセル演出」の映像も様々なパターンが作られてきましたが、おそらく夜景というシチュエーションは初ではないでしょうか。カッコいい…!

 

 

 

「キセル演出」の出現タイミングは、やっぱりココ!

 

 

 

「花の慶次」シリーズ:図柄テンパイ→キセル演出→襖が閉まる→SPリーチ発展

「真・花の慶次」シリーズ:図柄テンパイ→襖が閉まる→キセル演出→SPリーチ発展

 

「真」とは出現タイミングの差別化が図られている「キセル演出」。本機での出現タイミングは王道シリーズと同様図柄テンパイ後となっています!

 

 

 

ということは、いつも慶次のように…

 

 

 

 

(キセル演出!ドキドキ…)

 

 

 

 

 

 

(うわ、白襖…。いや!ならばストーリーにいってくれれば…)

 

 

 

 

 

 

といった感じで、当時の興奮がそのまま再現されています。ちなみに、本機でも「ストーリーリーチ」は白襖からのみ発展の可能性があるようですよ!

 

 

 

「超激アツ」の「キセル演出」!?

 

 

 

 

 

本機で新たに搭載された「カットインキセル演出」はリーチ中のチャンスアップとして出現。

信頼度は「キセル演出」以上との噂も…!?テンパイ後に「キセル演出」が出現しなかった場合でも「カットインキセル演出」出現で激アツの展開に!

 

二つが複合すれば大当たり濃厚といった法則も存在するかもしれませんね!

 

 

 

「花の慶次」シリーズの代名詞でもある「キセル演出」は、本機でも大当たりに欠かせない超重要演出。図柄テンパイ後は「キセル演出」出現に思いを馳せましょう。

ちなみに「キセル演出」出現時は「コーン、コーン」に合わせてボタンを二回押すと、内部的に大当たりを引いていると確定音が鳴るという裏ボタンが存在。これまでのシリーズ機では必ず確変大当たりだったので、おそらく本機でも継承されているはず!?

いち早く大当たりを察知したいという方は是非試してみてくださいね♪

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

4

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列