まだ331万円のチャンスあり!?優勝賞金331万円を誇るビッグイベント「超ディスクアッパー選手権」の大阪予選に行ってみたら全員ハイレベル過ぎィィィィ!熱すぎる戦いに嵐&マコトも思わず「感動した!」

ビタ押しのスピードと正確性を競い、目押しの王を決める、「第一回P-SPORTS 超ディスクアッパー選手権」大阪予選が1月25日(土)サミー大阪支店で行われました。

 

「第一回P-SPORTS 超ディスクアッパー選手権」は東京、大阪、福岡、そしてアプリで予選が行われ、予選通過者は「ユニバカ×サミフェス2020(2月22日に開催)」で行われる決勝大会へ進み日本一を目指す大会です。

 

優勝賞金はサミーに因んで331万円!

 

 

今回は、ななプレス取材班が取材した大阪予選の激闘の様子をご紹介します!

 

 

超ディスクアッパー選手権とは?

 

大会専用のパチスロ機「超ディスクアップ」を採用して行われます。

 

 

 

「超ディスクアップ」は制限時間内に様々な出目の指示に合わせてビタ押し、その際の成功回数や精度・速度により測定される得点を競いあうゲーム性となっています。

詳しいルールなどは公式サイトで詳しく説明されているので、詳しくはそちらをご覧ください!

 

 

朝からディスクアッパーの腕自慢が大集合!迎え撃つのは金のディスクアップ!

 

 

10:20 ディスクアッパーの朝は早い。大阪予選会場のサミー大阪支店の前にはディスクアッパーの腕自慢が早くも集まっていました。

 

 

 

中では、競技に使われる「超ディスクアップ」が16台揃い踏みでお出迎え。ホールでは見ることのできない光景ですね。

 

 

 

「超ディスクアップ」はゴールドの特別仕様。

 

 

 

大阪予選を盛り上げてくれるのはパチスロ必勝本の嵐さんとマコトさん。

 

マコトさんは元々大阪予選のMC予定はなかったそうなんですが、「予選の熱気を体感したい」と志願での参加だそうです。マコトさん、アツイです!

 

 

 

10:40 ディスクアッパーの皆さんが入場、スゴイ人数でした。

 

 

 

11:00 ここから上位16人を絞る予選のスタートです。

 

この記事を共有

いいね!する

0

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列