新型コロナウィルスショックがパチンコ業界にも直撃する!?「加害者」にならないためにもパチンコ店は「世間の風」を読め!

大崎一万発 プロフィール

「パチンコ必勝ガイド」で編集長となった後、2003年にフリーに転身。
その後も編集者、ライターとしてパチンコ媒体に携わりつつも、タレントとして多数の地上波やWeb番組へ出演。また、パチンコ関連のアドバイザーやプランナーとしても活動中。

新型コロナウィルスショックが列島を襲っている。世界的なパンデミックに至る可能性が囁かれる中、底知れぬ不安が拡大しつつある。収束が見通せない未曾有の事態である。各種イベントや外出を控える動きも加速しているが、その影響を真っ先に受けるのは「不要不急」かつ「現場」でしか成立しない産業、すなわちパチンコ業界もそのひとつである。

 

2011年の震災を経験したパチンコ業界であるが、その際に加熱した「不謹慎厨」によるバッシングとは様相が違う。現状(2/29現在)では、パチンコや各種娯楽産業を名指しした攻撃的な世論形成には至っていない。さらに、目に見えるレベルでの客数減もまだ窺えない。が、だからOKなどといえる状況では決してなくて、感染拡大と共に遊技を控える動きは広がるだろうし(感染者の遊技が確認された地域では、当該店舗だけではなく近隣市場全体に影響が出ているという)、「人を集める遊興施設が営業する是非」が議論されるフェーズにも突入していくだろう。

 

ヒステリックなバッシングには論理立てた反論も可能であるし、人道に反していない限りはむしろ堂々と営業するのが娯楽産業の役割とも言える。しかし今回はかつてない感染症の蔓延である。人の集まる場所など行くな、煽って集客するなどもってのほかと考える国民感情は極めて真っ当である。防疫観点からの休業要請が出てしまったら、反駁することなどできないだろう。中国では早々に映画館の閉鎖が行われたが、日本の娯楽産業がそのレベルの対応を問われる状況になった時、さてパチンコ店はどうする……? ということだ。これは数日うちにも起こり得る事態なのである。

 

常々僕は、「世間の風を読む」ことがパチンコ業界に不可欠であると考えている。いやそれ無理あるよね、やり過ぎだよねと受け取られることはやめる、やらない。そして世の中に同化し、「あってもいいよね」のポジションを確立すること、それが世間に生かされている不要不急産業の努めだと考えている。しかし今回、風を読んで先回りの対応は……不可能なのだ! イメージ面も含め社会に与える影響を考えればもちろん休んだ方がいい、でもそんな余裕などないホールが多数であるから休むことはできない(仮に2週間でも休業となれば、千を超えるホールが立ち行かなくなるという分析をする専門家もいる)。さらに言えば、仮に一部極めて意識の高いホールが自主的に休業を決めたとしたら、同調圧力から他ホールへのバッシングが巻き起こって状況悪化の可能性すらあるのだ。行くも地獄、引くも地獄である。

 

じゃあ、僕がホール社長ならどうする? いやそんなのわかんないって。だいたい、政府やWHOからして先が読めていないのであるからどうにもこうにもやりようがない。強制力を伴う要請が出ない限りは、マスクや消毒薬を準備して、手洗いその他の注意喚起を十分に行って、粛々と営業を続けるしかない。そして派手な広告宣伝を抑え、SNSその他も国民感情に反しないコンテンツ発信を意識した、配慮の行き届いた運用が問われるだろう。この点はやはり風を読む意識が不可欠となる。

 

ならば打ち手は? これも立ち居振る舞いが非常に難しい。わかった上で遊んでるんだから好きにさせろという強弁は、感染拡大に荷担する可能性がある限りは通用しない。「パチンコ打ちは迷惑だ!」、業界に対してではなく、バッシングがプレイヤーに向かう懸念も杞憂とは言い切れないのである。僕は現時点では、打つのを控えろとは言える立場にない。マスクしようね、手を洗おうね、SNSでドヤるのも少し控えた方がいいかもね、ぐらいが精一杯であるが、流動的な状況の中、その判断を変える可能性はあるし、またプレイヤー自身が「加害者」になる自覚を持って、業界同様に防疫意識と節度ある行動は問われるだろう。

 

しつこいようだが未曾有の事態である。どんな推移を見せるのか、着地点がどうなるのか誰にも見通せない。だからこそ、事態が落ち着いた後で、今回の危機対応に関しての総括は、業界横断で必ず行ってほしいし、そうしてもらわないとプレイヤーも困るのである。拡大前、ホール従業員のマスク着用が取りざたされた際に、認めない的対応のホールがあったとも聞くが、そういうひとつひとつに業界としての方向性をキッチリ定める必要があるだろう。また、要請や規制に従わないはぐれ者的ホールや業者への指導も不可欠だろう。そしてそこにはプレイヤーに対する指針、呼びかけも含まれていなくてはならないと思う。

 

プレイヤーも含めた業界一丸となって今回の危機を乗り切り、再び楽しくパチンコが打てる日常を取り戻したい。その想いは全パチンコ関係者共通のものである。コロナショックの影響は甚大である。しかしそれだけに、未来につながる糧を得られない結果だけは避けなくてはならない。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

858
  • 1:2020-03-03 19:10:25私はコロナウイルスが恐くなり2週間以上いっていません。バチンコ店は、安心安全で、除菌してください。
  • 2:2020-03-04 08:34:28パチンコ店は、コイン お金 スロットマシントイレ 徹底的な消毒換気 しているのですか?
  • 3:2020-03-12 01:31:23パチンカス何て基本自己中ばかりなんやから パチ屋はしばらく営業しないくらいしろよ
  • 4:2020-03-28 15:44:24ま、とりあえず いいかな。出たとこ勝負だよー! その時はその時ってやつがほとんど
  • 5:2020-04-03 08:19:08パチンコ所の状態じゃないよ、もう…ただでさえ面白くない台しか無くて全面禁煙にコロナに強烈なバッシング。中小は完全に終わり

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列