【沖ドキ!2-30 試打レポート2/3】「沖ドキ!」の醍醐味であるモード推測は健在!新規モード示唆演出が追加され、通常時からモード推測も可能に!?

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

アクロスさんの最新機種「沖ドキ!2-30」をご紹介!

 

「沖ドキ!」シリーズの醍醐味といえば、モード移行システムではないでしょうか。6号機での登場となる本機においても歴代シリーズを踏襲した複数のモードが用意されており、ボーナス当選毎に訪れるモード移行のドキドキ感は健在!

今回は現時点で判明している本機のモードについてをご紹介したいと思います。「ハイビスカスランプ」の点灯パターン以外に新たなモード示唆演出が追加され、これまで以上にモード推測の楽しみが増していますよ♪

 

 

有利区間とモード移行

 

 

 

6号機ということで有利区間が搭載された本機。モード移行とも密接した関係の有利区間ランプですが、今回の試打ではボーナス当選と同時に点灯そして、ボーナス後の32G消化後に消灯という挙動を確認。リセット後(設定変更後)は内部的にボーナス後の32G消化後と同じ非有利区間となっており、レバーオンと同時に次回モードが決定することが予想されます。モード移行タイミングのレバーオンはこれまで以上に力が入りそうですね!

 

ちなみに、ボーナス後の32G消化後に有利区間が継続(ランプ消灯せず)した場合は、天国準備モードへの移行が濃厚になる為、次回ボーナス当選まで続行が望ましいですね!

 

 

新たなモード示唆演出

 

 

 

今作では、通常時にモード示唆演出が出現。「リプレイ」成立時はリール横の投入ランプに注目。「さん にぃ いち」の文字が黄色く点灯すればモードB以上の期待度がアップ!出現回数が多ければ多いほど上位モード滞在に期待できるようです。

また、これ以外にも通常時にモード示唆演出が存在!詳細は後日ご紹介したいと思います!

 

 

「超ドキドキモード」は継続率90%!ロングフリーズなどから突入!

 

複数の連チャンモード

 

 

 

今作でも「天国」「ドキドキ」「超ドキドキ」に移行すれば、32G以内のボーナス連チャンが確定。

 

 

 

 

最上位モードの「超ドキドキモード」移行時は継続率90%!これまでのシリーズ同様、突入時は大連チャンに期待が持てそうですね。今回の試打ではロングフリーズからの突入を確認できました。

 

 

 

 

また、「ハイビスカスランプ」の点灯パターンによるモード示唆は今作でも健在。今回の試打では「高速点滅」「点灯しっぱなし」という特殊パターンを確認できました。点灯パターンによるドキドキ感は「沖ドキ!」ならではの楽しみ。各点灯パターンのモード移行期待度などの情報が楽しみですね♪

 

 

「天国」や「ドキドキ」滞在が確定することもある「ハイビスカスランプ」の点灯パターンはもちろんのこと、投入ランプのモード示唆が追加されたことにより通常時からモード推測の楽しみを味わうことが出来るようになっています。

本機は6号機ということで、有利区間移行時はモードが決定される大事なポイント。より良いモードへの移行を願いながら気合を込めてレバーオンしましょう!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

103

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列