新台の「物語シリーズ セカンドシーズン」で1/16384の中段チェリーが降臨!!恩恵はメインAT「倖時間」当選だけ!?銅トロフィーが出た設定2濃厚の台を実戦!

自身今回で第二弾となる「なるはや」は…

パチスロ〈物語〉シリーズセカンドシーズンです!!

 

なぜシンプルに「化物語2」ではないんだろうかと疑問に思っている35歳のおじさんです(笑)

 

まぁ機種名はさておき、まずはスペックと現状出ている設定判別要素をおさらいしましょう☆

 

 

スペック

 

 

 

設定判別要素

 

①傾物語当選確率

 

②CZ結末ノ儀当選率

 

③スイカ出現率

 

④AT「倖時間」中の獲得枚数表示

詳細は不明

 

⑤サミートロフィー

前作同様??

※今作から新たに黒トロフィーが追加。黒トロフィー出現時は次回倖時間終了時に必ず銅〜虹トロフィーの何かに変化します。

 

 

と新装段階で出ている判別要素は以上となります。これらを踏まえると傾物語とCZ当選率、スイカ出現率で高低を見て行く感じになりますかね。
ただ実戦してみてこれらの判別要素以外にも明らかにここは設定差が別格にあるだろういう要素も見えたので実戦内容を踏まえつつ紹介していきますね!!

 

それでは実戦スタートです☆

まず筐体はこんな感じ↓

 

 

 

 

 

小冊子↓

 

 

 

無料です(笑)

 

有利区間ランプは恐らく表面上では分からなくなっています↓

 

 

 

 

一応ざっくりゲーム性を説明すると、通常時は周期抽選によってCZ「結末ノ儀」を目指し、ここから最初のAT「傾物語(リゼロでいうところの白鯨みたいな感じ)」へ。ここをクリアするとメインATである皆様お馴染みの「倖時間」へ突入という流れになっております。

 

というわけで、まずはCZを目指して打ち進めて行くと36Gにて…

 

 

 

 

これCZに当たりやすい状態のステージで所謂「チャンス周期」というものです。

画面右上の選択ヒロインによりそれぞれ対応ステージがあり、ヒロインとステージがリンクすればチャンス周期となります。

見分け方がわからーん!という方…

 

安心して下さい!!

すぐ分かりますよ!!!

 

液晶上部にある信号が今チャンス周期の状態で点灯してますよね?通常周期の場合は非点灯なので点灯していればチャンス周期、非点灯で通常周期と一目で分かります。

応用にはなりますが、もしこのチャンス周期が強ければ今後ステージだけ確認してチャンス周期だけを打つという立ち回りも可能性としてはあるかもですね!

まぁただ今回打ってみた結果、チャンス周期は結構普通にスルーします(笑)

で、この1回目のチャンス周期をスルーしまして初のCZは329Gでようやくの当選!

 

 

 

 

CZ成功確率は解析が出ていない(体感で1/3くらい?)けれどもここは仕留めたいところ…

消化中は前作の解呪の儀でお馴染みの「怪異図柄を狙え」が出て、停止形によって期待度が異なります。

中リール停止〈2箇所停止〈左リール停止〈怪異揃い

 

 

 

 

 

今回は左リール2回停止でエフェクトが緑でジャッジ演出最終章へ…

結果…

 

 

 

 

スルー…

 

まぁ…そんな簡単ではないよね。。

しかし、次のCZは394Gと初回周期から当選し…

 

 

 

 

エフェクト赤!!!

 

そして…

 

 

 

 

やりましたー☆

見事CZ突破でAT「傾物語」へ!!!

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

306
  • 1:2020-03-26 14:59:26この台の設定看破要素は傾奇直撃だのスイカだのでは無くもっと分かりやすいです。 バトルの初期パーセンテージが全てだと思います。 6は怪異揃い中だけでも60-80%位貰えます。 低設定は中だけだと25-30%、左だけでも50%くらいです。(大体負けます) なので傾奇2、3回入れれば上か下か、かなり分かりやすいです。またAT性能自体も弱AT、強ATの概念があるものとおもいます。
  • 2:2020-03-29 20:15:51機種名に関しては原作のアニメを見ればわかるかと

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列