【Pフィーバー真花月2夜桜バージョン 試打レポート2/3】「まりこ」のリーチ演出は大当たりの大チャンス!大当たりに期待できる注目演出を紹介!

パン君 プロフィール

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で活動する「JB メンバーズ」所属。パチ&スロの二刀流スタイルで日々戦う彼は「ジャンバリの大谷翔平」を自称している。

Twitter
https://twitter.com/janbari_pankun
blog・WEBサイト
http://pankun.janbari.tv/

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

SANKYOさんの最新機種「Pフィーバー真花月2夜桜バージョン」試打レポートをお届け!

 

人気シリーズ最新作が約5年ぶりの登場!今回は本機の注目演出をご紹介したいと思います。「花月」シリーズといえば、他機種とは一線を画す「季節」をモチーフとした風情を感じる演出が魅力。前作から約5年が経ち令和の時代になって登場する本機においても「花月」らしさは失われていないのでご安心ください♪

 

 

好みに合わせて選択可能な二つのモードを搭載!

 

 

 

「花月」らしさを継承しつつ、現代に合わせて必要なものはしっかりとアップデート。前兆演出やリーチ前予告の演出頻度や種類の異なる二種類のモードから選択可能です。本機は基本的に通常時・ST中の演出が共通となっており、演出モードは通常時・ST中どちらの状態でも選択可能です♪

 

 

 

 

個人的に大好きな「音予告」は両モード共通演出。液晶左下にアイコンが出現した際は耳を研ぎ澄ませましょう。聞きなれない音が聞こえてきたら大当たりの大チャンスですよ♪

 

 

 

 

「フクロウ予告」や「ガラポン予告」は「予告多モード」選択時のみ出現。これ以外にも「予告多モード」専用の演出が用意されているので、是非両モードを試してみてください!

 

 

継承された激アツリーチと新規演出!これが本機の4大キーポイント演出!

 

鯉昇り予告

 

 

 

「鯉登り予告」は今作から新搭載された演出。見た目にもわかりやすくそのアツさが伝わってきますね。「予告小モード」ではテンパイ時のみですが、「予告多モード」ではテンパイ時もしくはリーチ発展後ボタン押下時に出現する可能性があります。

「予告多モード」選択時は最後まで諦めずにボタンを押しましょう!

 

 

満月ゾーン(予告多モード専用)

 

 

 

「予告多モード」での専用選出「満月ゾーン」は先読みやリーチ後など、様々なタイミングで突入の可能性がある激アツのゾーン演出。突入時は打ち出しを止めて、その後の展開を見守りましょう!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

77

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列