元ライターのユニバ社員小野Pに転職のきっかけやユニバカ裏話を聞いてみた (1/3)

元ライターのユニバ社員小野Pに転職のきっかけやユニバカ裏話を聞いてみた eyecatch-image

バックナンバーはこちら

小野P

小野P 画像1パチンコパチスロメーカーユニバーサルエンターテインメントの広報担当。攻略誌ライターを経て同社へ入社。ライター時代から培ってきたユニバ系の機種への深すぎる愛情と「変態」と称されるほどの知識量を活かして機種の魅力を伝えている。ユニバ系ノーマルタイプに特化したYouTube「A PROJECTチャンネル」を配信中。
Twitter
https://twitter.com/friend_of_ono
A PROJECTチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCNPkkDlKCwcZVJtrZ4d0NyA
ユニバチャンネル
https://www.youtube.com/c/uc2021

パチンコ・パチスロ業界のスペシャリストに迫るインタビュー企画「エキスパート」

今回のスペシャリストは

小野P ライター・タレント図鑑

ユニバーサルエンターテインメント社員でYouTubeの「A PROJECTチャンネル」でも活躍中の小野Pさんです。

第1回はライター時代の話や、ユニバーサルに転職したきっかけ、印象に残った仕事などを伺っていきます。

リモートでインタビューを受ける小野P今回はリモートでインタビューさせていただきました

業界歴20年目!ライターになるまでを聞いてみた

小野P 画像4まずお名前の確認ですが「小野P」さんでよろしいですか?

小野P 画像5はい。小野Pで大丈夫です。

小野P 画像6ありがとうございます。ちなみにこのPはプロデューサーのPなんですか?

小野P 画像7色んな意味があるんですけど、2~3年くらい前に弊社の企画で「バジリスキーちゃんねる」っていう動画を作った時に、まだ僕はライターを辞めて1年ちょっとだったので、顔出しはせずに天の声役で出演したんです。その時に(バジリスキー)長谷川が「小野P」って呼んだんですよね。

もちろんプロデューサーっていう意味も込めてなんでしょうけど、もともとのライター名が「オノル」だったので「ル」のところを「ピー」で隠したっていうのもあったと思います。

小野P 画像8伏せる意味の「ピー」もあったんですね(笑)

小野P 画像9たぶん、それも含まれてますね(笑)

パチ/スロ業界のキャリア&入社歴(何年目) 20年目これまでの経歴(職歴) パチスロ攻略マガジン・ライター14年半/ユニバーサル入社5年目人生のターニングポイント アメリカ横断ウルトラクイズの終了

小野P 画像13経歴がパチスロ攻略マガジンのライターを14年半、ユニバーサルに入社されて5年目のキャリア20年目ということですが、ターニングポイントの「アメリカ横断ウルトラクイズの終了」はキャリアに関係ありますか?

小野P 画像14それはどちらかというとパチスロを好きになるきっかけですね。小学生の頃にウルトラクイズを見てハマってから、中・高とクイズやゲームばっかりのオタク気質だったんです。

ウルトラクイズは僕と生まれた年が一緒だったので、「18回大会に出られるかな、いつか番組に出たいな」って思っていたんですけど、16歳の時に終わっちゃったんですよね。

クイズ回の小野P画像とにかくクイズが大好きみたいです ※引用元:A PROJECTチャンネル

小野P 画像16調べたところ番組が終了したのは1992年だそうです。

小野P 画像17はい。そこから音楽とか色んなことに趣味が広がったんですけど、その中でも悪友と一緒にパチンコに行ったのがきっかけで、そっちにどっぷりハマっていきました。

人生を変えたものベスト3 1位:子供 2位:ぱちんこスロット 3位:クイズ

小野P 画像19元々クイズが好きだったから人生を変えたものベスト3にもクイズが入ってるんですね。

小野P 画像20そうですね。ライター時代もそうでしたけど、クイズとパチスロを融合させた企画を今でも結構やらせてもらってます。

小野P 画像21ユニバカではクイズマスターにもなりましたよね。

小野P 画像22「ユニバカ×サミフェス2016」のライタークイズ選手権で見事優勝されました

小野P 画像23優勝して特番出演もさせていただきました。なのでクイズは結構人生に関わってますね。

クイズ回の小野P画像パチスロ×クイズは小野Pさんの大好物ですね ※引用元:A PROJECTチャンネル

小野P 画像25話を戻しますが、パチンコ・パチスロにハマってからまず最初にスロマガに入られたんですか?

小野P 画像26浪人して予備校に通ったんですけど、そこの裏にあったパチンコ屋さんでニューパルの高設定を掴んだことで、人生を崩しちゃった感じですね(笑)

そこで本格的にパチスロにハマり、ライターを目指すようになりました。

小野P 画像27スロマガでも仰ってましたね(笑)。ただ、最初はライターではなく社員の面接を受けられたそうですね。

小野P 画像28はい。履歴書を送って1次、2次も通って社長面接までいったんですけど、ダメでした。そこでどうしようかなって思ってたら電話がかかってきて、「編集部員は難しいけど、お試しでライターやってみる?」って言われたんです。

実は面接の時に好きなライターを聞かれて、貴方野チェロスさんとか色んな方の名前を挙げてたんです。そういう話をしてたからでしょうね。

「入ってしまえばこっちのもんだ」って始めたんですけど、最初はなかなか仕事もなかったですし、当時のライターは今ほどヒエラルキーも高くないというか、下っ端って感じだったんで、「雑用でもなんでもやります。どこへでも行きます!」みたいな感じでしたね。

小野P 画像29動画で「編集部を攻略していった」と仰っていましたね。

小野P 画像30「これはパチスロじゃなくて編集部を攻略しないと生き残れないぞ」と思って、需要と供給じゃないですけど、売り手と買い手のバランスを考えるようになりました。

たとえばこの人はこういう言い回しが好きだからこの文章で通るけど、あの人だったら絶対に赤入れられるなとか。当時、編集部員が何人いたか覚えてないですけど、10数人いたら10数通りの書き方を覚えました。

小野P 画像31すごいですね(笑)

小野P 画像32本当にカメレオンみたいな感じでした。

小野P 画像33それはどの職場でも使える技術ですね。

小野P 画像34当時はそこしか知らなかったんで、世の中はこういうものなのかなって思ってました。とにかくこの人たちの望んでるものを作ろうと最初に軌道修正したのが、「使いやすいライター」と言ってもらえるようになったきっかけかもしれません。

僕はそんなに表に出なかったですけど、毎月雑誌の10数ページを書いていましたし、そういう時にまず声がかかるというか、「このページはオノルくんに任せよう」って言ってもらえるように段々なっていきました。

小野P 写真編集部での信頼を勝ち取りました

この記事を共有

いいね!する

215

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る