ヒロシ・ヤングが社運を賭けてYouTuberに!ライターデビューから岡野陽一との番組裏話まで聞いてみた (1/3)

ヒロシ・ヤングが社運を賭けてYouTuberに!ライターデビューから岡野陽一との番組裏話まで聞いてみた eyecatch-image

バックナンバーはこちら

ヒロシ・ヤング

ヒロシ・ヤング 画像1有限会社ゼイドンノウ代表取締役や演者だけでなく、番組企画制作まで幅広い肩書きを持ち、CS番組からWEB媒体などマルチに活躍するベテランライター。2021年5月より社運をかけたYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る?」を開設。ケバブが好き。
『ヤングちゃん、寝る?』YouTubeチャンネル公式アカウント
https://twitter.com/youngchannelTDK
万発・ヤングのガバ・ガバ・ヘイ!
https://twitter.com/gabba2hey777
YouTube「ヤングちゃん、寝る?」
https://www.youtube.com/channel/UCMgF0QKQljMk1_i_GT44ksQ
パチンコ滅亡論(新装版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594088295

今回のエキスパートは「高田馬場からやって参りました」ヒロシ・ヤングさんです!

ヒロシ・ヤング ライター・タレント図鑑

業界の大ベテランにデビューからの経歴や会社設立のきっかけをお聞きします!さらに、新人YouTuberになった裏側にも迫ります!

ヒロシ・ヤング 画像ヤングさんの番組ではおなじみ過ぎる、高田馬場のゼイドンノウ事務所にお邪魔しました

きっかけは「大崎一万発に誘われた開店プロ」

パチ・スロ業界のキャリア

ヒロシ・ヤング 画像5まずは経歴からお伺いしていきます。業界キャリアが「ラージな声じゃ言えないけど業界歴40年くらい」ということですが、これはパチンコに初めて触れてから40年経ったということですね。

ヒロシ・ヤング 画像6そう。最初は中2でしたね。

友達同士でパチンコ屋に入ってから、今は54歳なんで40年くらいかな。

これまでの経歴 人生のターニングポイント

ヒロシ・ヤング 画像9経歴の最初はパチプロからということですね。

事前に動画などを拝見して調べさせてもらったのですが、これは早稲田大学に在学していた頃ですか?

ヒロシ・ヤング 画像10その頃は普通に羽根物の開放台っていうのがあって、打ち止めになってる台を時間が経ったり希望したりしたら開放してもらえるんで、それを打ったりしてましたね。

トータルだとちょびっとは勝ってたかもしれないけど、全然プロとかそういうことでもなかったね。

ヒロシ・ヤング 画像11では、パチプロデビューは早稲田を6年かけて卒業されてからなんですね。

ヒロシ・ヤング 画像12そうだね。学校を出た後か6年生くらいの時に、さかえ通りにビッグプレイってスロット専門店があったんですよ。

その店はガイドの人たちからはアニマル屋って言われてた店で、1階が全台アニマルで上が普通のスロットがある店で、そこのモーニングを取りにいってたんだよね。

モーニングの入ってる台の2台に1台くらいは高設定だったから、それを打ち続けて出すみたいな生活だったね。

ヒロシ・ヤング 画像13その時はパチスロだけで生活できていたんですか?

ヒロシ・ヤング 画像14レンタルビデオ屋のバイトもちょびっとしてたんですけど、開店プロに入るまではそういうセコいモーニングプロみたいな感じ。

髙田馬場(以下、馬場)にしかいないし、モーニングしか打たないし。

ヒロシ・ヤング 画像15そこから開店プロのグループに入るんですね。

ヒロシ・ヤング 画像16馬場の界隈でモーニング取ったり、アニマル屋に行ったりを続けていた頃にね。

USAって、今はセブンイレブンになってるパチンコ屋で良さそうな台を探しては打ったりしていたら、そこで久々に大崎さんに再会したの。

ヒロシ・ヤング 画像17大崎さんとは早稲田でご一緒だったそうですが、この時は大学以来に会ったんですか?

ヒロシ・ヤング 画像18そうそう。大学出て以来じゃないかな。あの人は4年でちゃんと出て、僕は6年かかって出たんで久々に会ったんだよね。その頃の大崎さんはもうガイドに入ってたの。

「何やってんの?」って聞かれて「馬場で地味にパチプロやってる」って言ったら「ガイドでパチプロにインタビューする企画があるけど、パチプロがいないから出てくれないか」って言われたんだよ。

その頃、俺はインディーのバンドをやっていて、ちょうど7インチレコードを出したばっかりだったので「レコードの宣伝を載せてくれるなら出る出る」って言ったら、そのインタビュー後に大崎さんが「馬場でモーニングのプロをやってるんだったら、開店プロ入ればいいじゃん。俺が紹介してあげるよ」って大崎さんの手引きで開店プロになったの。

ヒロシ・ヤング 画像19開店プロというのは、いわゆる軍団とかグループ的なものですか?

ヒロシ・ヤング 画像20完全にそうだね。著書の「パチンコ滅亡論」や「パチンコで生きていく技術」の中でも書きましたけど、いわゆる開店プロというのは世間的にはどうしようもない人たちが150人くらい集まって、新装開店で甘い台を独占するようなインターネットなき時代ならではの集団。

ヒロシ・ヤング 画像21開店プロに関しては#3で詳しくお聞きします!

ヒロシ・ヤング 画像22現在では絶滅危惧種と言われている人たちですね。

そこから編集にはどういう経緯でなるんですか?

ヒロシ・ヤング 画像23それもガイドがらみなんですよ。パチプロを3年くらいやっていて、バンドも辞めていた頃に「パチプロも飽きてきたな~」みたいな感じになってて。

そうしたら、大崎さんの先輩格にあたる人で、開店プロでも絡みがあったガイドの最古参のライターさんから「ある雑誌社から新しくパチンコ雑誌を出す仕事を引っ張ってきたから手伝ってくれないか?」って言われたの。

ちょうどパチプロにも飽きてきた頃だったから「面白そう、やるやる!」っていうのが編集者の始まり。

ヒロシ・ヤング 画像24ちょうどいいタイミングだったんですね(笑)

そこからいわゆる編プロに入るんですか?

※編プロ:「編集プロダクション」の略称。出版社から依頼を受けて雑誌編集などを委託で請け負う会社

ヒロシ・ヤング 画像25編プロに「入る」のではなくこれから編プロを「作る」っていう感じだったね。

既にあるものじゃなくて、自分たちで編プロを組織してやっていこうという感じになって、それを作ったところに合流した感じかな。

ヒロシ・ヤング 画像26そこから色んな雑誌に関わっていくんですね。

ヒロシ・ヤング 画像27そうなんだけど、俺が関わったのはいわゆるワンショットマガジンと呼ばれるものばかりだったね。

続くハズの雑誌も1冊出した後に社長が亡くなって終わったものもあったんですよ。

ヒロシ・ヤング 画像28ええっ!?どういうことですか?

ヒロシ・ヤング 画像29「CARトップ」って雑誌を出している会社が新規でパチンコ雑誌を出すということで「パチンコトップ」という名前のパチンコ雑誌を創刊したんですよ。

ただ、1発目の校了が終わってすぐに当時の社長が亡くなって、会社は息子が継いだんだけど、その際に「パチンコからは撤退します」って言われて1冊で終わっちゃったの。

ヒロシ・ヤング 画像30それはかなり特殊な事情ですね。

ヒロシ・ヤング 画像31そこから、しばらくはパチプロに戻っていくんだけど、色んな編プロに出入りしていた知り合いのイラストレーターさんから「パチンコ雑誌の編プロが人を探している」と聞いて、その人に繋いでもらって別の編プロに入ることになりました。

ヒロシ・ヤング 画像32そこから「関わった雑誌が全て休刊していく」ということが起きるんですか?

ヒロシ・ヤング 画像33そうそうそうそう!多分3~4冊は潰したんじゃないかな(笑)

ヒロシ・ヤング 画像34それは先ほどのような特殊な事情も含めてということですね。

ヒロシ・ヤング 画像35例えばガイドやマガジンよりも古い「パチンコマル秘情報」っていう雑誌があって、それがもういよいよ売上が悪くなって、取次ぎに通してもらえなくなる感じで終わる予定だった頃に合流したの。

※取次ぎ:出版社と書店をつなぐ流通業者

ヒロシ・ヤング 画像36つまり、入る前にもう終了が決まっていたと。

ヒロシ・ヤング 画像37だから、マル秘情報は予定通りというか、3~4号作って終わって、そこから同じ版元で同じスタッフなんだけど、誌名を変えて始まることになったんですよ。

誌名を変えると「新雑誌扱いになって、コンビニにも取り扱ってもらえるから」って理由で新雑誌を立ち上げるんですけど、それも1年持たなかったな。

そして、またもう1冊を別の版元から立ち上げるんですよ。それが「パチンコ必勝Web」っていうネット時代を先取りした雑誌なんだけど、先取りしすぎて誰もついてこれなくて1年も持たなかったけどね(笑)

必勝パチンコWeb事務所に創刊号がありました

ヒロシ・ヤング 画像39みんな振り切っちゃった(笑)

ちなみにタイトルが「必勝Web」ですが、実際にWEBと関わりはあったんですか?

ヒロシ・ヤング 画像自由奔放さは昔から変わっていないようです

ヒロシ・ヤング 画像41それがもうずさんな話で、ホームページにアクセスするためのパスワードをスクラッチ削って見ることができたんですけど、そんなもん人に教えれば誰も買わないよね(笑)

だから結局ホームページの更新も止まって、売り上げもたいしたことなかったんで、まあコンセプト倒れですぐつぶれちゃった。

ヒロシ・ヤング 画像42高田馬場近くの公園に来日していたパチンコ・ヘンドリックス。PUSHボタンを押す時は歯でいきそうな気がします ヒロシ・ヤング 過去記事画像お問い合わせはキョードー・ピョンヤンまで

ヒロシ・ヤング 画像44あははは(笑)

ヒロシ・ヤング 画像45でも、これがこの先に繋がっていくことになるんです。

最初のマル秘情報やその次の雑誌では結構なお金をもらっていたんですよ。「俺、パチプロだから月40万はもらえないとやらないよ」って言って本当に40万くらいもらってたの。

でも、そこから必勝Webになった時に「申し訳ないんですけど、思い通りのお金が払えないんです。その代わりと言ってはなんですけど、スカパーに専門チャンネルができたんですが、それに出る人がいないからそこに出てくれませんか?」って、そのギャラと込み込みで新雑誌も手伝いながらスカパーにも出始めたんですよ。

ヒロシ・ヤング 画像46これがビッグチャンネル(現:パチテレ!)ですね。

ヒロシ・ヤング 画像47そう、ビッグチャンネル。まだ2000年に開局して2~3ヵ月くらいの時で、ビッグチャンネルも全然出る人がいなくて、落語家の人とかタレントさんとかパチンコもよくわからないって人が出てたので、人を探していたんでしょうね。

ヒロシ・ヤング 画像48その頃はCS番組に出るライターさんは少なかったんですか?

ヒロシ・ヤング 画像49全然いなかったよ。そもそもパチンコの映像メディアってジャンルもなかった頃なので。

パチンコの映像元年はハッキリ覚えていますが2000年なんですよ。スカパーの専門チャンネルができた年。

それまではガイドのVHSくらいで、DVDもまだなかったしね。

ヒロシ・ヤング 画像50映像よりも雑誌ライターの方がお金になっていた頃ですね。

ヒロシ・ヤング 画像51もちろんです。まだ全然雑誌が上の頃でしたね。

ヒロシ・ヤング 画像52この頃の名前はもう「ヒロシ・ヤング」だったんですか?

ヒロシ・ヤング 画像53ヒロシ・ヤングはそのちょっと前くらいから名乗り始めましたね。

ヒロシ・ヤング 画像54由来がこの事務所にレコードもあるニール・ヤングから取られていると聞きました。

ヒロシ・ヤング 画像55そうです、そうです。

ヒロシ・ヤング 画像56その前にはボ・地鶏と名乗っていた頃もあったということですが。

ヒロシ・ヤング 画像57名前もその頃は適当で、付き合ってる女の子の名前とか、ボ・地鶏もボ・ディドリーっていうロックンロールの神様というか元祖みたいな人をもじって名乗ってましたね(笑)

でも、これは2~3回使ったくらいかな。

ヒロシ・ヤング 画像58色々ある中でもヒロシ・ヤングで固定していこうかな、となった感じですか?

ヒロシ・ヤング 画像59ヒロシ・ヤングの名前が一番広まったからかもしれないね。よくわかんないけど(笑)

まあ、すわりも良かったしヒロシ・ヤングになりました(笑)

ヒロシ・ヤング 画像60すると、彼女の名前で広まっていたら彼女の名前になっていたかもしれなかったんですか?

ヒロシ・ヤング 画像61大関プロとか大関ひろしみたいな名前でやってたんだけど、その彼女ともその後すぐ別れることになりました(笑)

ヒロシ・ヤング 画像62彼女の名字が大関さんだったんですね。

ヒロシ・ヤング 画像63そうなの。「ええ名前やな」って思ってたんで、「俺、婿入りしたらダメかな?」って親に言ったら死ぬほど怒られた(笑)

ヒロシ・ヤング 画像64あははは(笑)

ヒロシ・ヤング 画像65本家の一人息子の長男なんで。

ヒロシ・ヤング 画像66今も住田家を支えているそうです

この記事を共有

いいね!する

778

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る