×

『ニューゲッターマウス』開発チームに低設定と高設定の出玉コンセプトやマニアックな要素について聞いてみた!

『ニューゲッターマウス』開発チームに低設定と高設定の出玉コンセプトやマニアックな要素について聞いてみた! eyecatch-image

ちわっすあしのです!

 

こちら話題の機種についてみんなが気になる事を直接メーカーさんに質問し、戻ってきた回答を公開する企画。今回はユニバさんの『ニューゲッターマウス』、全3回中の2回目です。今回は気になる新演出や前作からの変更点などを中心にピックアップしてお届けします! どうぞ!

 


>>第1回目はこちら

 

 

Q6.新演出の注目ポイントをお教えください。

 

ニューゲッターマウス 公開質問状 回答

 

新機能の「スベリコマ数表示」は演出発生時限定でその時のスベリコマ数が確認できるぜ、というもの。これにより、目をつぶって適当に押した場合でも第1停止のスベリコマ数を確認できるので、普段お目にかかれないスベリ限定のリーチ目なんかを判別できるようになっています。

 

 

ニューゲッターマウス

 

だいぶマニアックな遊び方になるので、これは前作からコッテリとやり込んでるユーザーさん向けの追加ポイントかも? 次ッ!

 

 

Q7.おなじみの「ゲッチュー演出」の注目ポイントは? 変更点などありますか?

 

ニューゲッターマウス 公開質問状 回答

 

というお答え。A  PROJECTのファンの方はめちゃくちゃマニアックな遊び方をする方も多いので制御でアツくなるパターンは嬉しい要素ですね。とはいえこの辺はあくまでも上級者向けの遊び方ゆえ、初心者の方は難しい事を考えず、普通に楽しんじゃってください。敷居を下げつつ、深く楽しみたい場合はめっちゃ深く……というのはA PROJECT機種の大きな特徴のひとつなり。そうして初心者の方がそれなりの遊び方をしていきつつ各種法則を覚えていって、いずれは「これ3コマ滑ってるんで2確目だ!」とか言い始めるわけです。グローアップ! 次!

 

 

Q8.低設定と高設定の出玉コンセプト

 

ニューゲッターマウス 公開質問状 回答

 

最も軽いボーナス確率(設定1=1/123)と最高峰の機械割!(設定6=111.1%)! ちなみに設定1の機械割は100.2%でございます。もちろんこれらはいずれもしっかりと技術介入を行った場合の数値なのであしからず……! えー、でも技術介入って難しいんでしょう? いえいえそんなことはございません。次の質問の回答を見て元気だしてください。ザン!

 

 

Q9.技術介入要素が簡単になっていますが、その経緯などは?

 

ニューゲッターマウス 公開質問状 回答

 

はいこれですね。あくまで今作のコンセプトは【ゲッターマウスの面白さをもっと知ってもらおう】というものなので、遊んだことがないかたに忌避されるような要素は極力排除されています。一応ビタ要素はあるのですが失敗してもノーリスク。かつ複数回チャレンジできるので、むしろ目押しの練習にもなっちゃう、まであります。あと個人的にはREG中のメイン小役がフリー打ちになったのが有り難い~!(老眼) さらにボーナス中についてはこんな回答も!

 

 

Q10.ボーナス中の注目ポイントはどこでしょう?

 

ニューゲッターマウス 公開質問状 回答

 

初心者の方はもはやどれがイチローでどれがジローで……というのが分からないのと思うのですが、右リールの配列表にいる3匹のネズミちゃんの、上から順番に「イチロー・ジロー・サブロー」となります。リーチ目に絡まない事が多いジローは駄目な子扱いされちゃう場合があるんですが、だからこそジロー絡みのリーチ目だとついガッツポーズしちゃったり。RB中は兄弟それぞれにオマケ要素があるのでそこで打ち分け方を覚えつつ、通常時の出目の法則を覚えるのにも役立てたいですな。

 

 

ニューゲッターマウス

 

というわけでメーカーさんしか知らない『ニューゲッターマウス』のこと。第2回目はここまで。ラストは7/3(日)配信予定。お楽しみに!

 

 

シリーズ 画像8打ち続けると推しネズミができるらしいです

この記事を共有

いいね!する

94

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る