撤去期限を迎える凱旋への弔辞。フリーズや天井単発、万枚の思い出を語り尽くす!

撤去期限を迎える凱旋への弔辞。フリーズや天井単発、万枚の思い出を語り尽くす! eyecatch-image
ウエノミツアキ プロフィール
ウエノミツアキ

快楽探求&人間観察を主とするジャンル不問のフリーダムなフリーランスライター。四半世紀に渡ってパチンコ&パチスロ攻略誌に原稿を寄せている。CS番組、動画配信コンテンツなどにも出演中。

凱旋様への弔辞

 

凱旋様の御霊前に謹んでお別れの言葉を捧げます。

 

11月になり、あなたの、いや、約6万5,000ほど在るあなた方、神々の訃報に接することとなりました。6年間という長いようで短い鎮座生活を、わずかでありますがコロナ禍で延命されたのに、本当に残念です。我々の世代はミリオンゴッドシリーズという神々に啓示を受けた第一世代と言っていいでしょう。あなた方、神々は私たち世代に強烈に受け入れられました。

 

2002年の中頃から、我々のスロ生活はほぼミリオンゴッド一色でした。何年か過ぎ、「もうひとつの神」という名でハーデスとかいう輩が2014年に冥界からやって来て、「+50G」という地獄の炎をペットの犬に吐き散らかせまくっていた2015年、あなたは突然、私の眼前に現れました。その時のことは、今でもはっきり覚えています。「“セット乗せ”が来た!これぞミリオンゴッドだ!!」。この突然の“凱旋”に、私は我を忘れてレバー叩きまくりました。

 

どうにかこうにか当たって私の目の前に現れたゼウスは「“凱旋”は面白い。打ちまくれ。1480Gに天井があるから、そこまで打て。それまでにカネがなくなったら、ATMに走れ」と、こう言った気がしました。人の懐や預金残高に大きな影響を及ぼすような思し召しを、この神はこの場で恐らくしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが始まりました。

 

しばらくは毎日、地元のマイホへ馳せ参じては、何度も天井まで全ツッパし、何度もATMに走り、いろんなガセに翻弄されながら、あなたの修行を受けました。いろんな仕打ちを与えてくれました。朝イチ奇数テンパイはほぼぬか喜びなこと、510Gの天井はほぼ幻なこと、朝イチ1000G越えたらほぼ据え置きなこと、前日最終ゲーム数との合算天井手前でほぼストッパーがかかること。ほかの仕打ちもいろいろとあなたから受けました。あなたが私にした仕打ちは、未だに私のトラウマとして心の中に残っています。そして、スロ生活に生かしております。たぶん。

 

凱旋様は、本当は優しい方です。シャイな方です。通常時、あまりにも何もないと打ち手が機嫌を悪くするのを恐れて、たまに丘へ連れて行ってくれました。しかしたまにしか丘へ行かない台が丘で当たったところをほぼ見たことがありません。たまに矢でリプレイを外すこともありました。それにだまされたことは何度もあります。金銭的にも大きな打撃を受けたことが何度もあります。しかしあなたは、たまに、稀に、極稀に、何千枚、何万枚、いや、何万枚は言い過ぎか、万枚くらい、ほぼ万枚というメダルを年イチレベルで施し、癒やしを与えてくれたのです。

 

あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な天井単発は、遥か年下の弟のようでもありました。あなたは展開すべてが神でした。天井間際、太陽の戦車がバーンと登場して、数字は一切出ずにストップボタンを押したら中段黄7。「この野郎!またストッパーか!!」とレバーを殴打していると前兆抜けて天井へ。ホッと胸をなで下ろした結果、Vの気もなく単発、終了、撤収。あなたの手のひらで私は弄ばれ続けました。

 

それでもあなたは、すべての展開、ガセをあるがままに 前向きに肯定し、受け入れることを求めました。それによって打ち手は重苦しくて何もない通常時から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられる一瞬をあなたは与えてくれたのです。

 

それすなわち、フリーズ。

 

今、いろんなフリーズが思い出されています。天井単発で出た分を呑ませて帰ろうと思った刹那のフリーズ。「隣はフリーズかぁ……いいなぁ……」とよそ見してたら己もフリーズ。「今、遅れたよね? レバーオン!……ダメかぁ……え? 第一停止で1って何事?」からのフリーズ。どれもが「こんな気持ちいい演出があっていいのか!」と思うばかりの素晴らしいフリーズでした。最後になったのは「あれ?なんか次、フリーズしそう」っていう予知フリーズでした。ブラックアウトした画面に映っている自分にあなたが乗り移り、「今までよくがんばったな。おつかれさま♪」と言われたような気がして、一生忘れることができません。

 

あなたはこれからもパチ屋やスロ専のどこか片隅に、ちょっと高いところの椅子に鎮座して、右手に杖を持ち、左手をかざしながら眺めているのでしょう。そして私に「千円で50Gも回る台の千G天井なんかを恐れるな。打ちまくれ。天井まで打て。それまでにカネがなくなったら、ATMに走れ」と言っているに違いありません。あなたはカネに翻弄されるなと、カネがないからとフリーズするような人生は歩むなということを伝えてくれたのでしょう。

 

私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、ペルセポネを通じて知りました。しかし、今お礼を言わせていただきます。凱旋様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私はあなたが生み出した博徒の一人です。合掌。

 

令和2年11月 ウエノミツアキ

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

80
  • 1:2020-11-13 18:21:55感動で泣きそうになりました。 合掌。
  • 2:2020-11-13 19:01:42流石はウエノミツアキ先生。とても愛と感謝に溢れる弔辞?でした。スロ好きの同志として私も家で合掌です。

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る