「激闘ボーナス」は完全自力じゃなくてデキレがあるんじゃないの?高い機械割には本当に期待できるの?「パチスロ北斗の拳 天昇」で一番気になるところを開発者に聞いてみた。

「激闘ボーナス」はデキレ無しと開発者が明言!!完全自力抽選のドキドキ感に注目!

この記事が配信される頃は導入直前だと思うので、「初打ちの時に注目するポイント」を教えてください。

我々開発陣としては、是非「激闘ボーナス」に注目していただきたいと思っています。
「激闘ボーナス」はいわゆる「3回突破」と呼ばれるタイプのボーナスですが、このタイプに共通して言える課題点は「不信感」だと思うんです。

小役レベル2でもリプレイは30%あるので、リプレイさえ引けばなんとかなりそうですね。

核心をついてますね。

ユーザーは、「結局全部デキレじゃん」と感じてるところがあると思うんです。

このタイプの台を打って誰もが思う不満を「いかに全部なくすことができるか」というテーマが今回、形になっています。

なるほど。それが「激闘ボーナス」中の抽選内容を表記することに繋がっているんですね。

そうです。初打ちの際に「うわっ、これデキレじゃん」と思われたら、後にガチ抽選だと分かったとしてもその印象を拭うのは厳しいと考えました。

パチスロにおいては、初打ちの際の印象はとても大事になりますよね。

そこは絶対にハッキリさせようと思っていました。

ただ、「激闘ボーナス」の最低期待度は50%ですが、50%という確率はパチスロとしては破格の数値で、最初の一発抽選以外に毎G抽選してもお釣りがくるくらいのパワーを持っているんですね。

じゃあ、それを踏まえた上でデキレ感を無くすにはどういう形にすれば面白くなるのかを考え、まずは各種レベルを表記して「次のバトルはこの数値で抽選されます」と事前に把握できるようにしました。ただ、それだけだと結局何が契機で突破したのか分からないので、最後にプッシュボタンによる答え合わせを追加して現在の形になりました。

強チェリーは確定!他の小役でも、「ここで刺した」と予想しながら打つとさらに楽しくなりそうです。

先ほど試打させてもらった時にも、バトルレベルが高かったので、そっちで勝ったと思って答え合わせをすると、途中のハズレで勝って「危なかった」みたいなことがありました(笑)
あれ、いいですよね。

僕らも試打している時に「リプレイ引いた!これで勝ったね」とか言いつつ、ボタン押したら最後のハズレで勝ってましたというのが結構多くて。

そっちかい!みたいな(笑)

最初はバトル部分を2Gに凝縮していましたが、2Gだとあまりに呆気なさ過ぎてヤメましたね。

「何だかんだ言っても結局デキレでしょ?」と思っているユーザーさんもいると思いますが、間違いなく「完全自力のガチ抽選」なので安心して打っていただきたいですね。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

18

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列