【パチスロ青鬼 試打レポート1/3】「満腹ポイント」獲得率に完走に関係する大きな挙動の違いを確認!!設定1は約75%に対して設定6は1.5%というAT突入時の完走率の秘密を考察!

こんにちは!ななプレス編集部のパン君です。

オリンピアさんの最新機種「パチスロ青鬼」の試打レポートをお届け!

 

すでに様々な情報が公開されている「パチスロ青鬼」ですが、最も注目すべき点といえばAT完走率ではないでしょうか。

 

ネットで調べてみると、なんと設定1でAT初当たりした際の2400枚獲得期待度は驚愕の75%との情報が…!反面、設定6での期待度は1.5%とのこと。このことから本機のAT性能には、6号機特有の強烈な設定差が設けられていることは明白。今回は試打を行った際の情報をもとに、本機のATを分析していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

「エンディング」(6セット目)突入→「ATTACK THE 2000」抽選→「エピローグ」(2400枚獲得)抽選といった流れで大量獲得を目指す本機のATシステムですが、「エンディング」突入後の抽選には設定差が存在しないことが判明しています。

 

となると、設定差があるのは…。今回の試打で、あるポイントに注目しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、AT中に獲得する「満腹ポイント」。本機のATは「超鬼ごっこ」「青鬼ビッグボーナス」の2部構成となっておりますが、いずれも毎ゲーム全役で「満腹ポイント」の獲得抽選が行われ、100ポイント到達ごとにセット数ストックを獲得するシステム。

 

つまり、このストックを獲得できなければ「エンディング」に到達できないのです!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列