【ヤッターマン絶対正義】ファイナルジャッジ勝利で400枚上乗せ!初打ちの感想は「当たりやすいライトな聖闘士星矢」

タク プロフィール

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で結成された凄腕スロッター軍団「黒バラ」のメンバー。「黒バラ」の中でも随一のプラス差枚を叩き出している勝負師。元飲食店店長。

Twitter
https://twitter.com/kurobara_taku

皆様どうも!タクです!

新台をなるべく早く打つ「なるはや」。

今回はSヤッターマン絶対正義です!

 

 

 

導入自体は5月7日でしたが、なんやかんやでようやく今回打てました。

中々大量導入しているホールさんも少ないと思いますが、バラエティーが強いホールさんだったり狙えるタイミングの時に役立てて頂ければと思います。

 

今回も、感染対策を十分にした上で実戦させて頂いております。

 

 

おしながき

 

・設定判別について

・実戦データ

・あとがき

 

 

設定判別について

 

ヤッターマン絶対正義の詳しい解析情報をチェック!

 

解析はまだまだ出きってないですが、高設定狙いのポイントをザックリ説明します。

 

 

初当たり確率

 

 

基本的にヤッターチャンス、ヤッターバトルRUSH共に高設定優遇ですが、特に設定6は別格となっています。

 

これは、通常時のスイカ・弱チェリーからのヤッターチャンス直撃が設定6濃厚。つまり設定1~5は弱小役から直撃しません(または限りなく低い確率)。これによって設定6のみ初当たり確率が抜きん出ています。

 

>>初当たり出現率

 

 

BZ(ボカンゾーン)モード移行率

 

詳しい数値は出ていませんが、ヤッターカウンター(画面右下)からのBZ当選に関するモードは有利区間開始時にモードA~Cの中で振り分けられ、設定1~4は設定5〜6に比べてモードBCの振り分けが優遇されています。

 

逆にBZ失敗時のモード移行は設定56が優遇されています。

 

ようは、

設定56は初期のモードはAが選択されやすいが、以降のモード移行は優遇されている。ということになります。

 

>>BZ(ボカンゾーン)モード移行率

 

 

ライブステージ突入率

 

ドロンカウンター(液晶左下)からのライブステージ突入にモードの概念はありませんが、設定56は天井(64pt)までに当選しやすくなります。

 

通常時メインになるであろう判別要素はこんなもの。あとは、AT終了画面にも設定示唆があります。

 

それではいざ実戦!

 

>>現在判明している設定推測要素まとめ

 

 

実践データ

 

まず、有利区間開始時はポイント高確状態からスタートします。

 

 

 

とにかくレア役で左のドロンカウンター、それ以外で右のヤッターポイントを貯めるべし!

 

 

 

スタートからしばらくして、ドロンポイント天井からのライブステージへ。

 

 

 

当選確率約50%のCZで、突入時点で当否が決まっています。(非当選からの書き換えもありそうですが現在不明)

 

ちょっとうまく撮れてなかったのですが、画面上部のイコライザーの色で当選期待度を表しています。

 

今回は失敗。

 

さらにもう一度ライブステージをスルーして、今度はヤッターポイント天井にてボカンゾーンへ。

 

 

 

10G間全役でヤッターチャンスを抽選していますが、基本的にレア役を引けないと厳しいCZ。当選期待度は約25%となっていて、両サイドのテロップの色にて期待度の示唆をしています。

 

なんて言いつつ、何も引かずに赤へ。

 

 

 

レア小役を引かずにヤッターチャンス当選です!

 

 

 

ヤッターチャンスは30Gの疑似ボーナスで基本的にはレア役や7揃いでRUSH当選なのですが、それ以外にワンポイント(聖矢でいう不屈ポイント)や、ヤッターチャンス当選時のBZモードといった要素があります。

 

なんやかんやで当選率は約34%。

 

当選告知は3種類ありますが、とりあえずバトル告知(後告知)を選択。

 

 

 

すると…

 

 

 

あっさりと勝ちました!

 

ということで、本日初のYCからヤッターバトルRUSH当選!

この記事を共有

いいね!する

39

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列