【遠山の金さん2】遊タイム付きの新台が予想以上に良クセだった! (1/2)

【遠山の金さん2】遊タイム付きの新台が予想以上に良クセだった! eyecatch-image
あしの プロフィール
あしの

「浅草に住むサブカル・ギャンブル系フリーライター。ペンネームの由来は4号機『バクチョウ(メーシー)』の主人公あしの君から。いろんな所でちょいちょい書かせて頂いております。Twitterアカウントはこちら!(https://twitter.com/Slot_Ashino)」

貯玉20万発 企画説明

 

 

チャス! あしのです!

 

こちら「普段はパチスロしか打たないオッサン」がパチンコで貯玉20万発を目指すぜ! みたいな企画です。一時は4万発くらい貯まってたのですがその後順調に減り続けて現在のプラス貯玉は8,867発になってしまいました。主な敗因は「(ミドルの)仕置人」と「シンフォギア2」です。面白いからちょいちょい狙っちゃうんですが、いやァキツイ……!

 

んで前回は話題の新作『仕置人TURBO』でハイエナ戦法を活用しようと思ったんですが、当然のように入替え初日から張り付きの人が出てたんで当面そちらの検証は封印。増産されて今の倍くらい設置があれば何とかなりそうな気もしますが、今の実戦店舗の状況だとまず着座から無理っぽいっす。というわけで今週は別の台を狙いたい所なんですが、実は『仕置人TURBO』と同日に、とある台も1シマ単位で導入されておりました。今回はそちらをチェック。

 

というわけで今週も元気よく、いざ実戦開始ィ! シュシュシュ!(シャドーボクシング)

 

 

1K22回転の「遠山の金さん2」で実戦

 

はい本日の狙いはJFJ(藤商事)からリリースされたばかり(※執筆時)の『P 遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵』ッス。大当たり確率1/256の確変機で、突入および継続率は55%。この時期に出るP機という事で『遊タイム』も搭載してますが、こちらは通常時760回消化で971回の時短が発動する感じ。一種二種混合タイプじゃないので遊タイム自体の恩恵は抑え気味なんですが、971回時短が付いてくるだけでもだいぶお得なんでハマリ台は積極的に狙っていきましょう、みたいな感じの機種ですな。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

お。これモード選べるみたいですね! なになに。松方弘樹さんと杉良太郎さんモード。あとは一発告知の密偵モードだそうで。

 

遠山の金さん。子供の頃よく観てました。自分が観てた時代に金さん役をやってたのはまさしく松方弘樹さんでしたねぇ。その前の高橋英樹さんバージョンも何となく記憶にはありますが、流石に杉様は見たこと無し。三つ子の魂百まで。そんなわけでやっぱ松ニィが金さんっぽい感じがします。ちなみに現在の金さんと言えばTOKIOの松岡さんらしいです。これ松岡さんモードがあったらすげえ話題になったろうなと思いつつ、最初は松方弘樹さんモードを選択。遊技場で松ニィの勇姿を拝むのは「梅松ダイナマイトウェーブ」以来10数年ぶりです。ちょっとした感慨を覚えましたが、一発告知という単語に惹かれて100回転ほどで「密偵モード」に変更しました。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

密偵モード中のSPリーチは杉様も松ニィも両方出てくるみたいですな。でもそれより大事なのは画面両端に毒々しく咲き誇るハイビスカス。これがブリチカすれば大当たり濃厚との事。ちなみに密偵モードも細かく2モードに別れてて、ボタン連打でチカらせるか一撃でチカらせるかの違いみたいです。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

コレっすね。80って書いてあるのが連打回数。80回も連打せよとは金さんも鬼みたいな事をおっしゃいます。ボタン長押しでオート連打になるんですが、おそらくメインの客層である爺ちゃん婆ちゃんはホントにベシベシ叩くんで、チャンスボタンの寿命は短いとみた……! ちなみにここの初期回数によりチャンスアップがあります。77回スタートだと……!

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

事前に勉強して臨んだんで何となく分かりましたが、この「すきま風リーチ」は信頼度高めのアツいやつみたいです。杉様の歌に併せて絵柄が変動していく系の歌モノリーチなんですが、サクっとハズしました。んでこれハイビスカス光ってないんですよね。実は今回の実戦では密偵モード選択中にビスカス不発での大当りは一度も確認できなかったので、もしかしたらビスカス不発はその時点で激アツ殺しなのかもしれません。いくらなんでもノーチャンは無いと思うんですけども……。

 

はい、ちなみに今回の実戦では交換率を鑑みてボーダーを19回に設定。んでこの時点で500ハマってます。こうなるともはや「遊タイム」が頭にチラつく頃なんですけど、オイラはこの時点でも普通に台を楽しんで打ってました。なぜならむちゃくちゃ良クセだったから。なんと1Kあたり22回ほど回ってます。回りムラがあるとは言え、流石にここまで回して22回は流石に「超えとるやろ」感がありました。こんだけあからさまな良クセは連載11回めにして初! しかも遊タイム付きなんで、安心感がすごかったです。流石にコレは勝てそう。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

ホイキタ! 538回転目でハイビスカスがブリチカしました。てか左下には「これにて一件落着!?」って言ってるヤツがいますが、実は10回転毎に「この回転でSPリーチに行ったら激熱」みたいな(あくまで演出上の)周期がありまして、この写真はちょうど0の所でSPに発展してますね(今気づいた)。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 大当り

 

ホイ当たりィ! 惜しくも通常絵柄でしたけども良い良い。ぐるぐる回るし出玉もちゃんとあるし、なにより時短も100回付いてくる! ちなみにこちら、新内規で認められた「複数回数の時短」を搭載してまして、通常大当たり後の時短は100回、200回、300回と幅があります。ほとんど100回なんですけども、もし300回だったらかなり美味しいですね。なんせその分遊タイムも近づくんで。

 

 

P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵 画面

 

おおっとマジかー! 100回のチャンスタイム(時短)中に確変絵柄ゲット! これは有難い!

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

153

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る