【Pあぶない刑事】閉店間際の大爆発で3万発!激レアの7テンなど色々起きすぎた件 (1/3)

【Pあぶない刑事】閉店間際の大爆発で3万発!激レアの7テンなど色々起きすぎた件 eyecatch-image

バックナンバーはこちら

パン君 プロフィール
パン君

パチ&スロ動画配信サイト「JANBARI.TV」で活動する「JB メンバーズ」所属。パチ&スロの二刀流スタイルで日々戦う彼は「ジャンバリの大谷翔平」を自称している。

Twitter
https://twitter.com/janbari_pankun
blog・WEBサイト
http://pankun.janbari.tv/

皆さんこんにちは。パン君です!

 

パチンコのガチ実戦をお届けする「ガチパチ」、第20回です!

 

今回は夕方から「Pあぶない刑事」を実戦し閉店間際まで激闘を繰り広げてきました。夕方からの実戦ではありますが、今後の実戦に役立つ情報満載でお届けしますので是非最後までお読みください!

 

 

450回転ハマりの「Pあぶない刑事」を発見!

 

今回は用事を済ませた後の稼働ということでホールに到着したのは17時頃。このホールは前日も訪れており、甘~ミドルの「海物語」シリーズに打てる台がぼちぼちあるだろうといった状況です。

 

今回のように遅めの時間からだと現金投資のリスクが低い(=持ち玉比率が高い)甘やライトミドルを優先的に打つのが一昔前までのセオリーですが、今は「遊タイム」搭載機がたくさんありますからね!前日に状況の良かった「海物語」シリーズが据え置きであることを確認したあと、一旦ホール全体をチェックします。とはいえ、そう都合良くハマっている台がすぐ見つかるなんてことは…

 

 

Pあぶない刑事 液晶

 

あるんですねぇ(ニンマリ)。当日の大当たり終了後450回転=「遊タイム」まで残り450回転の「Pあぶない刑事」を発見!知らない方のためにご説明しますと、本機は低確率状態900回転で1200回転の時短に突入します。時短は電チュー(特図2)での消化となるので大当たり時は77%で確変(小当たりラッシュ)突入という性能になっています。一般的なミドルスペック機に比べ「遊タイム」までの必要回転数がやや浅めなのが特徴ですね!

 

とはいえ「遊タイム」狙いは回転率も気にする必要があるので盤面をチェックすると…まさかのめっちゃ回りそうな気配。というのも、このホールでは一度導入直後に25回転/kほどの本機を朝イチから終日実戦したのですが、見た目はその時とほぼ同じくらいです。ヘソ以外も悪くなっている箇所はなさそうだし、これなら「遊タイム」に関係なく打てる可能性も十分ありそうですね。

 

ということで、回転率に問題がなければこの台での終日実戦も視野に入れ実戦開始です!

 

 

実戦ホールの状況

 

Pあぶない刑事 スタートチャッカー

 

再プレイ1250発分を打ち切ったところで頭上のカウンター表示は596回転…ここまでの回転率は29.2回転/kという凄まじいブン回り状態です。

 

前回打った時も思いましたが、この台はステージ性能が良く回転率に大きく貢献してくれるので通常時のステージ止めは必須ですね。ここで注目したいのがステージの形状。多くの機種はステージ上に溝や穴があり、そこにハマるとスタートへ一直線に向かうのが一般的ですが、本機はスタートへ一直線に向かうルートが存在せず斜めの軌道で落下することが大半のため、ステージに乗り上げた玉のスタート入賞率はヘソのクセに大きく依存します。このタイプはヘソのクセが若干変わっただけで回転率が大きく変動する可能性があることを意識したいですね!

 

 

Pあぶない刑事 激熱 火傷しそうな保留

 

そのまま打ち続けること約20分後、先読みでの「火傷しそうな保留」から当該変動で「あぶないゾーン」突入→「激熱」の文字が出現!

 

 

Pあぶない刑事 SPリーチ 脱出

 

3大注目アクションは1つも出現せず発展したのは「SPリーチ(脱出)」と少し怪しい展開ですが、リーチ終盤で激熱のチャンスアップであるカットインが出現!これならイケるか…!?

 

 

Pあぶない刑事 大当たり 役物

 

ド派手なギミックがガシャ~ンと動き大当たり!打ち始めて231回転、頭上のカウンターは680回転でした。「遊タイム」まではまだ220回転あるので、ここで当たってくれるのは純粋にありがたいですね。ここまでの投資は2125発で、上皿分を考慮すると回転率は約27.5回転/kほど。多少落ちはしたものの、まだまだ十分な回転率をキープしています!

 

 

Pあぶない刑事 大当たり 6図柄揃い

 

Pあぶない刑事 あぶない刑事BONUS

 

ヘソ(特図1)からの大当たり時は50%で確変(小当たりラッシュ)に突入。「遊タイム」なしでもこの回転率なら十分戦えるので、ここで確変に突入し持ち玉を確保して夜までみっちり打ち込めるという展開が理想です。

 

 

Pあぶない刑事 YOKOHAMAモード突入 100回

 

しかし「あぶないボーナス」中の確変昇格告知はなく時短に突入。初当たり時の時短は100回転なので、引き戻し期待度は3割弱。電チューでの抽選なので引き戻し時は77%で確変突入となりますが…

 

 

Pあぶない刑事 YOKOHAMAモード終了

 

そう上手くはいかず時短が終了。「遊タイム」狙いとしての役目は終えてしまいましたが、初当たりまでの回転率は27回転以上という素晴らしい挙動。持ち玉はすぐにノマれてしまうと思いますが、現金投資になっても続行する価値は十分あるでしょう。

 

ということで時短抜けのこの台を続行していたわけですが、数分後に隣の「Pあぶない刑事」が空き台になり、回転数を確認すると前回の大当たり終了後467回転!盤面をチェックしても今打っている台と大差なく、おそらくボーダー以上は優に回ってくれるでしょう。ということで残り数十発の出玉を持って隣の台に移動。2台目の「Pあぶない刑事」で勝利を目指します!

この記事を共有

いいね!する

142

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る