助六が力を持て余す実力派ライターたちに薦める今後の活路とは? (3/3)

助六が力を持て余す実力派ライターたちに薦める今後の活路とは? eyecatch-image

転換期を迎えた業界

助六 写真大事な話をしていきますよ 人に薦めたいこと 雑誌、有料チャンネル以外に活路を…主に無料媒体

助六 画像3人に薦めたいことは「雑誌、有料チャンネル以外に活路を…主に無料媒体」と。

助六 画像4先ほどもお話した通り、雑誌含む有料媒体の場だけでライターとしてやっていくには限界がきてるのかなと思っています…。業界関係なく、雑誌自体がオワコンと言われちゃう時代ですからね。今はメディアそのものの大転換点なんじゃないでしょうか。

媒体自体、その辺の危機感は充分感じていると思います。パチマガスロマガが雑誌休刊後に新規で無料サイト(パチマガスロマガFREE)を立ち上げたのも、そういった現状がきっかけになっているんだろうと。

助六 画像5実際、色んな雑誌やメディアも含めてスタートラインに立つ方が増え過ぎましたよね。

助六 画像6そうですね。実力があっても限られた媒体にしか出てない人はスタートラインに立てないみたいなことが増えてきた気がして。実力を知ってもらえなくてもったいないなと思うことも多いです。

これも繰り返しになりますが、だからその活路を見出すためにも自分で動かなきゃいけないなと思いフリーになりました。無料でやっていかないとそこをメインに出ている人達には差を付けられる一方だと思ったので。

助六 画像7ちなみに助六さんから見て、マガジンでまだ光は当たってないけど、この子が当たればすごいという方はいますか?

助六 画像8ガンちゃんですかね。うちのチャンネルにはある程度出てますけど、外部にはそんなに出てないんじゃないかな?

パチマガスロマガは今まで雑誌にプライド持ってやってきただけに、そこに全力投球だったので仕方ないとはいえ、その分、これまでYouTube含めた無料媒体に力を注ぎきれなかったので、更新数はもちろん、再生数も伸び悩んでいると思っています。

他にもパチプロ系の方とか、もったいないなって感じちゃう人はいくらでもいますね。もちろん雑誌時代からの読者には認知されていますけど、どうしてもお金を払って見ないっていう層も多い中で、それだけだと残念だなって。

助六 画像9時代の流れに柔軟に合わせていくのも大事ですね。

助六 画像10有料媒体は有料なぶんだけ、紙であるとか、CS放送であるとか、攻略ツールが使えるとか、独自データが載っているなどのそれぞれ強い付加価値と有料である理由があるわけですから、何でもかんでもタダではできないという理由もわかるんです。そこがジレンマですけど、ことライターに関してだけでいうと、無料媒体メインで出ている人との差がついていくのは避けられないのかなと。

最近はホールやメーカーの案件もそっちに力が入っている雰囲気も感じます。だからこそ、やはりライターとしては無料コンテンツにバンバン出て、より認知度を上げていくべきだろうと思っています。

そういう意味でも、マガジンが無料で始めた新サイト「パチマガスロマガFREE」や、これからの「パチマガスロマガちゃんねる(YouTube)」には期待しています。

助六 写真未来を見据えています

助六 画像12ちなみに以前リスキー長谷川さんの「ドキDoki!してる?」に出演された時に、助六さんが今後のマガジンについての質問を投げたら、答えが聞けないまま終わりましたよね。

助六 画像13あ~!ありましたね。

助六 画像14現場であの答えはもらえたんですか?

助六 画像15あそこで終わっちゃってます。他にもいくつか聞いたんですけど、口ごもったというかあんまりツッコんではいけないというか。もしかしたら控えてくれたのかもしれません。

助六 画像16一応他社のことですからね。

助六 画像17こういう風に全体的に厳しい状況になってきてるので、ちょっと答えにくいことを聞いちゃったなというのはありました。

助六 画像18VTuberがパチスロ実戦をしてるのも予想外でしたよね。

助六 画像19そうですね。随分前にCS番組でシーサ。さんと共演した時も、当時はYouTubeで生計を立ててるなんて信じられなかったんですけど、その時に普通に仕事として成り立っているのを見て、「これが当たり前になったら怖いな」と思ったんです。

今はそれが現実になっちゃってますよね。

助六 画像20この10年足らずで大きく変わりましたね今後の目標/こうなりたい! 動画編集をもっと学んで仕事にしたい

助六 画像22今後の目標では、動画編集を学んで仕事にしたいと書かれてましたね。

助六 画像23フリーになった一番の理由がここですからね。もうさすがに今から他の仕事はできないので、なくなるまでこの業界でやるしかないと思ってます。

助六 画像24もう一度布団の仕事に戻ることはできない?

助六 画像25もう布団はいいですね(笑)。当時も「綿より羽毛布団を使うよな?」という疑問を持ったことで自信を持ってやれなくなって、売れなくなったんですよ。

YouTubeもそういうのが伝わりますし、一応パチンコが好きでやってきてるので、そこを活かすしかないなと思ってます。

動画編集を学んで自分の動画はもちろんですけど、他の仕事ももらえているので、しっかりやっていきたいですね。

助六 画像26では最後になりますが読者の皆さんに今後の助六のここに注目してほしいという締めのメッセージをお願いします。

助六 画像27パチマガスロマガという雑誌が休刊したことをきっかけにフリーになったんですが、これからは、従来通りマガジンやCS番組の仕事もしつつ、YouTubeや無料系も含めた幅広い媒体で活路を見出していきたいと思います。

自身のYouTubeちゃんねるでは、新台解説や動画制作も頑張っていますので、見ていただけたら嬉しいです。あ、業界関係者の方、お仕事もお待ちしています(笑)

サインボードを持つ助六楽しみにしてます!ありがとうございました

インタビュー最終回でした。

全体を通して動画への思いや、ライターの新しい活躍の場など助六さんの考えが伺えたインタビューになりました。皆さんが色んな活動をされることで、業界が盛り上がってくれることを期待しています!

以上、「エキスパート」助六編でした!

この記事を共有

いいね!する

355

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る