×

『パチスロ鉄拳5』の開発チームに「今作の鉄拳チャンスは本当にチャンスなのか?」を確認してみた!

『パチスロ鉄拳5』の開発チームに「今作の鉄拳チャンスは本当にチャンスなのか?」を確認してみた! eyecatch-image

チワッスあしのです!

 

メーカーさんしか知らない『パチスロ鉄拳5』の話の最終回です。前回・前々回に引き続き回答をまとめてみましょう。今回は開発にまつわる周辺情報なんかをピック! これでみんな『パチスロ鉄拳5』がもっと好きになるかも!? どうぞ。

 

>>第1回目はこちら

 

>>第2回目はこちら

 

 

Q11.開発スタート時期・開発期間について教えてください!

 

2019年1月からスタートしました。 開発期間3年となります。

 

あら~結構長い。筆者開発に関しては無知も無知なんですが、パチスロって開発期間そんな長いんですね。とはいえ激動の時代というか、内部規則もコロコロ変わってる時期なので、タイミングを見計らって一番良い形で出したんだろうなぁと推測。むしろ待ってて良かった! 続いてはこの回答が関係するライバル機について。

 

 

Q12.開発する段階で想定していたライバル機種

 

開発初期 鬼武者、まどか☆マギカ、エウレカセブン 開発後期 頭文字D・コードギアス3

 

おーーなるほど。初期の頃は恐らく5号機の名機たちというか、『パチスロ鉄拳2nd』の再現、というのから逆算して出したライバルですねこれ。後期はより時代に即したリアボ搭載機にシフトしてるのが見て取れます。てかすげー、メーカーさんってこんなしっかり答えてくれるんや……。他のメーカーさんも大概優しいんですけども、まさか初期と後期で分けて答えてくださるとは。偉大だなぁ山佐さん(ただの山佐好き)。次ィ!

 

 

Q13.スペック的に最もこだわったポイントは?

 

●多様な出玉トリガー 本機ではユーザーが遊技するたびに違った体験をしていただくために、多くの激アツ契機を搭載しております。 どの契機についてもプレミア級で引けない!というものではなく、現実的に体感できるものとなっております。

 

出玉トリガーの多様さ! というのは正しく『パチスロ鉄拳2nd』の後継機を標榜する上では必須条件ですね。ここはすげー分かる。んで次の「どの契機についてもプレミア級で引けない!というものではない」というもの。これは要するに「デビルラッシュ」もちょっと身近になってるということなのか? と思ったり。というか「パチスロ鉄拳2nd」の「デビルラッシュ」って、1回入ったらどこまで伸びるかわからん系のプレミア状態でして、何なら筆者も1日に2回引いて楽勝で万枚達成してますからね。

 

 

パチスロ鉄拳5 デビルラッシュ

 

だからこそのプレミアだったのですが、今回は差枚管理になったとはいえ6号機。上限が決まってる以上、ちょっと身近になってる可能性はゼロじゃないと思います。この辺まだ情報が出てないんであれなんですけど、新たな情報が判明し次第「なな徹」でもご紹介いたします。「デビルラッシュ」だったらえぇなぁ……。

 

 

Q14.演出やサウンド面でこだわったポイントは?

 

■サウンド 全体的に、パチスロ鉄拳2nd+α(最新のトレンド)というのを意識しました。 楽曲、効果音ともに、一部は2ndのものをアレンジして使用していたりと、要所で懐かしさを感じてもらえるようにしています。 また、本機種では開発環境が新しくなったので、サウンド面もパワーアップしており、これまで以上にメリハリを感じてもらえると思います。 一番こだわったポイントとしては、AT突入時のインパクトですね。AT突入の高揚感を感じ取っていただければ嬉しいです ■演出 鉄拳の醍醐味である爽快感と迫力のある映像をいかし、ユーザーにわかりやすく気持ちよい展開になるのを意識し制作しました。

 

そうそうそう! 試打で思ったのですが、AT突入時は3画面をフルに使った液晶演出とド派手なサウンドがズゥゥンッと来るのでかなりインパクトありました。個人的には今までリリースされた「バトルスクリーン阿修羅」筐体の機種のなかでは一番いいと思ってます。当然ですけど、開発を重ねるとこなれて来るんだなぁと。

 

 

パチスロ鉄拳5 平八ロボ

 

全体的な演出に関しては「バトル」というのがひとつのテーマになっており、色んなのを破壊したりやっつけたりボコボコにしたりする系が多かったッス。まあ毎回なんですけども、さすが3画面あるだけあってなかなかにスカっとするものでした。日頃のストレスを平八ロボとかを破壊して発散したい人は是非どうぞ。さあ最後の質問はなんだろう……? 次!

 

 

Q15.鉄拳チャンスは本当にチャンスですか?

 

本当にチャンスです! 本作では鉄拳チャンスを早めにクリアすると残りゲーム数が次回鉄拳チャンスへと加算されるので鉄拳シリーズの中でもかなりの期待感をもっている鉄拳チャンスが完成しております。

 

ねぇこの質問大丈夫なの(笑) えー、本当にチャンスだそうです。てか初代からずっとチャンスなんですけどね。

 

 

パチスロ鉄拳5 鉄拳チャンス

 

知らん人の為に説明すると、これ「鉄拳チャンスは本当にチャンスなんだから!」っていうセリフが『パチスロ鉄拳2nd』の演出に収録されてまして、本当にチャンスだったとはいえケロット柄とかが普通にハズレたりする時代だったので、打ってる人が誰しも「ほんとにチャンスなのかよ」と思っちゃったと。それで「○○は本当に○○なんだから」という構文が一時期流行ったんですね。繰り返します。本当にチャンスなんだから! と、流石にこの質問で終わるのもどうかと思うので泣きの一問! お願いします!

 

 

Q16.本機を打つユーザーにメッセージをお願いします。

 

開発メンバー全員がホールで打ちたいと思えるパチスロらしいパチスロを開発しました。 ぜひユーザーの皆様とこの思いを共有できたらと思います。

 

はいありがとうございます! みなさんもホールで『パチスロ鉄拳5』を打ったら確認してみてください。もしかしたら隣で開発者さんが泣きながら打ってるかもしれません。というわけでおあとが宜しいようで。メーカーさんしか知らない『パチスロ鉄拳5』はここまで! ご協力いただいた開発のみなさま、ありがとうございました。以上!

 

 

シリーズ 画像10とにかく前作の曲が流れるタイミングは鳥肌なので是非体験してください

この記事を共有

いいね!する

30

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る