×

『パチスロペルソナ5』開発チームにメーカーさんしか知らない開発の裏側を聞いてみた!「JOKERモード」に関する気になる情報も!

『パチスロペルソナ5』開発チームにメーカーさんしか知らない開発の裏側を聞いてみた!「JOKERモード」に関する気になる情報も! eyecatch-image

ちわっすあしのです!

 

筆者イチオシの超オシャレゲーム「ペルソナ5」のパチスロ化。サミーさんの最新機種『パチスロペルソナ5』の質問企画ラストです。今回システムやデザイン以外の、メーカーさんしか知らない事を中心に聞いていきましょう。さあどの質問をピックしようかな? それではどうぞお楽しみください。

 

>>第1回目はこちら

>>第2回目はこちら

 

 

Q11.開発スタート時期/開発期間について教えてください!

 

メーカーアイコン■開発スタート時期:2018年11月~
※開発期間としては約4年です。

 

オウ! これはもうサミーさんおなじみの答え。2018年11月はいわずもがな、6号機が登場した翌月ですね。そこからスタートして紆余曲折を経たのち、6.5号機のこの世にドーンと大登場さすと。折しも今はパチスロ復権の兆しが見えつつある時代。のちの世のパチスロ愛好家からパチスロルネサンス期と呼ばれる(かもしれない)大事な時です。

 

そこにこのスタイリッシュかつキャッチーな素敵コンテンツをチョイスするとはさすがサミーさんは策士と言わざるをえない。もはや筆者もひとりのパチスロファンとして大崎方面(サミーさん本社)に足向けて寝られません。気をつけます! 次!

 

 

Q12.開発する段階で想定していたライバル機種はどれでしょう?

 

メーカーアイコン開発初期:5号機A+ART機
開発後期:パチスロ頭文字D、パチスロコードギアス反逆のルルーシュ3

 

なんと自社製品をライバルに挙げるとは! というか最近はもう6号機のリアルボーナスの使い方といえばサミーさんを見よと言わんばかりの状況ですし、それは間違いなく「パチスロ頭文字D」から来とるものです。確かにライバルといえばライバル。納得。……というか初期段階はA+ARTを仮想ライバルに据えてたんですね。恐らく今とは全く違うものだったと推察されますが、そっちのバージョンはそっちのバージョンでどんな感じだったのか見てみたいかも。

 

はい次ィ! 6.5号機ならではの部分についても触れときましょう!

 

 

Q13.「JOKERモード」は6.5号機ならではの性能ですが、こちらは現実的に体験できますか?

 

メーカーアイコン正直に言うと体験する頻度は少ないです。 理由としては「JOKERモードに入らなくても完走することを目指せる形にしたかった」為です。そのためJOKERモードに入ったら完走は当たり前ですが、入らなくても引きと展開で完走できるような設計になっています。

ただ、フリーズ以外で「JOKERモード」に突入した際、「JOKERモード」であることを意図的に告知していません。ATに入る度にJOKERモードの可能性があるので、実は内部的にJOKERモードだった⇒結果的に出玉が伸びていたなんてこともあります。

 

「JOKERモード」というのはいわゆる完走大チャンスのプレミアムモードですな。そういうスペシャルな状態に入ったら「今それです!」と告知したくなるのが人情ですが、何とこの機種は「フリーズ以外で突入したJOKERモードは告知なし」という恐るべきびっくり構造になっておるそうです。とういうかこれステージ(パレス)とかでも見抜けないのかな……。ちょっとこの辺まだ詳しい情報待ちなのですが、AT入るたびに内部状態を妄想しながらワクワクできるかも。なんてこったもうホールいって打ちたい!

 

実際この「JOKERモード」はあくまでプレミアム状態である模様。これに入らないと爆発しない! みたいな設計ではなくどこからでも完走を目指せるそうで。その辺は次の質問に対する回答でも触れておられます!

 

 

Q14.ホールで打つユーザーさんに向けてひとことをお願いします

 

メーカーアイコン本機は『遊びやすいのに出るときは出る』台です。ボーナスを要所で絡めることで全く違う出玉の伸び方をしてくれます。

色々な展開を楽しみつつ、演出の法則や出玉の内部的な状態などを見つけていただきたいので、 初打ちで負けてしまったという方も、ぜひ3回はご遊技いただいて、本機でしか味わえない面白さを味わっていただきたいです!!

 

実際いたる所に出玉トリガーが仕込まれているそうで、その多くに「ボーナスinボーナス」の要素を始めとしたリアルボーナスの仕組みが利用されているようです。とりあえずいいタイミングでボーナスにブチ込めばなんとかなる! みたいな。

 

しかも上記のように「かくれJOKERモード」の存在もあるゆえ、みなさんぜひ負けても3回は遊技しましょう。

 

 

Q15.「ペルソナ5」ゲームファンに向けて、注目してほしいポイントはありますか?

 

メーカーアイコンパチスロオリジナルの表現をさせていただいている箇所が多数ありますので、ペルソナ5の今までなかった表現を見ていただくことができるかなと思います。 また、ゲーム同様の表現をさせていただいているところも多数ありますので、そちらを見つけてニヤッとしていただきたいです。

それに加え、通常時の新規作画や本機専用のBGMのアレンジといった「ペルソナ5」ゲームファンが初めて見るものも多数収録させていただいておりますので、楽しんでいただきたいです。

 

シリーズ 画像6

 

いやーこれは原作ファンには嬉しい言葉。ペルソナ5はキャラがホントに魅力的。そしてそれと同じくらいBGMも良い。ただでさえ良いものが専用のアレンジでもはやノリノリで打つ意外にない。筆者も試打室でノリノリでした。あーこの曲アレンジされとるじゃん! とか、おぉ、ちゃんとここでこの曲が使われておる! などなど。原作ファンでこれをスルーするのはありえないので、3回は遊技しましょう。

 

というところで、メーカーさんしか知らない「パチスロペルソナ5」。以上になります。ご回答くださった開発チームのみなさま、ありがとうございました!

 

 

シリーズ 画像7最低3回は遊技しましょう(念押し)

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る