【L ベルセルク無双】レア小役に頼らないヤレる感の強いゲーム性!EXCITEのスマスロ第1弾「ベルセルク無双」をレビュー!

【L ベルセルク無双】レア小役に頼らないヤレる感の強いゲーム性!EXCITEのスマスロ第1弾「ベルセルク無双」をレビュー! eyecatch-image

こんにちは! ななプレス編集部のパン君です。

 

今回お届けするのは「L ベルセルク無双」の新台レビュー!パチンコでのヒットも記憶に新しい「ベルセルク無双」がEXCITEさん初のスマスロとして登場。今回はショールームで試打を行わせていただきましたので、通常時~AT中までの所感を筆者の独断と偏見に基づいて各項目5段階評価でレビューしていきたいと思います。

 

なお、導入前ということで細かい数値などについてはわからないところも多く予想も多分に含んだレビューとなっておりますので、本機を実戦される際には是非「なな徹」にて解析情報をチェックしていただければと思います!

 

「L ベルセルク無双」の解析情報はこちら

 

 

レア小役が引けずとも様々なチャンスを感じることのできる抽選システム!

 

Lベルセルク無双 スペック・ゲーム性☆4

 

Lベルセルク無双 鉄塊激闘BATTLE

 

まずは全体的なスペックやゲーム性について。この後の項目にて通常時・AT中をより詳しくレビューしますので、ここではひとまず全体的なレビューを行っていきたいと思います。通常時はまず2種類のCZ当選、そしてCZからのAT当選を目指すゲーム性。これだけならまぁAT機ではオーソドックスなゲーム性ですが、本機の場合はレア小役以外を含む全役で「ステージ(状態)移行抽選」「CZ抽選」「AT抽選」が行われていること、そして規定ゲーム数消化でもCZ当選期待度の高い(超)高確率状態への移行抽選が行われることで、レア小役に頼らずとも初当たりの期待を持つことができるゲーム性となっているのが好印象でした。

 

 

Lベルセルク 無双狂RUSH 狂鳴

 

続いてATのゲーム性。本機のメインAT「無双狂RUSH」は純増約2.5枚/Gのゲーム数上乗せタイプのAT。AT中はゲーム数の直乗せや様々な上乗せ特化ゾーンが用意されているのですが、レア小役成立時はもちろん、ベルが成立するほど(連続成立がアツい!)上乗せのチャンスが訪れるゲーム性となっているのが最大の特徴です。

 

 

Lベルセルク無双 通常時 パックとガッツ

 

Lベルセルク無双 液晶左下ベヘリットアイコン発光

 

そして通常時・AT中共に存在する注目システムが「ベヘリットチャンス」。本機では「ベヘリット目(ベル・ベル・リプレイ)」という小役が存在し、入賞ごとにポイントを獲得。規定ポイントに到達するとランプ(「ベル」「リプレイ」「ベヘリット目」の3種類)が点灯し、ランプが点灯している間にその対応役を引くことができれば次ゲーム(疑似遊技)でレア小役が停止するというシステムです。肝心の「ベヘリット目」成立確率は不明ですが、比較的成立頻度は高く(おそらく1/10以下?)感じたのでレア小役のフラグ自体を引けなくともこの「ベヘリットチャンス」によってレア小役を引ける機会はかなり多かったです。

 

レア小役が引けなくとも期待を持てる通常時&AT中、そしてレア小役を呼び寄せる「ベヘリットチャンス」など常に「何か起きるかも…!」という期待を持って楽しめるよう非常に工夫されている感じ。今回触れたのは試打機だったので実際にホールで打った際には「思ったよりキツイな…」と感じてしまう部分がある可能性もありますが、少なくとも今回試打した限りではユーザー目線に経って開発されたと感じられるゲーム性は非常に好印象でした。

 

一方、スペック(数値面)では少々気になるところが存在。具体的な数値を挙げると、AT初当たり確率が約1/390.3(設定1)~約1/238.4(設定6)、出玉率が設定1で97.6%、設定6で110.4%となっております。ホール側の方からするとまた違った見方になるかもしれませんが、個人的にはもう少し設定6の出玉率が高いと嬉しかったですね。ここは☆4つで!

 

 

CZの抽選システムは一長一短!?

 

Lベルセルク無双 通常時☆4

 

Lベルセルク無双 断罪の塔ステージ

 

こちらでは通常時のゲーム性についてより詳しくレビューしていきたいと思います。まず通常時は、CZ&AT当選率に関わる状態(ステージ)の概念が存在。状態移行のメイン契機はレア小役(CZ抽選&AT抽選とのトリプル抽選)となっていますが、規定ゲーム数消化による移行抽選も行われているというのが個人的な注目ポイント。そしてこの規定ゲーム数契機での移行抽選当選時はどうやら超高確率への移行期待度がかなり高い(濃厚かも?)んです!

 

「通常時の抽選システム」の詳細はこちら

 

 

Lベルセルク無双 クリフォトステージ

 

Lベルセルク無双 鉄塊激闘バトル 液晶右上ベルセルクアイコン発光

 

超高確率状態では全役でCZ&AT直撃抽選が行われているようで、今回の試打でも超高確率滞在を示唆する「幽界ステージ(全4種類)」滞在中はレア小役非成立でのCZ突入を何度も確認。薄い確率で抽選しているわけではなく、かなり現実的な抽選が行われていることを確認できたのは嬉しいポイント。規定ゲーム数消化→超高確率移行→ハズレ目やベルなどでCZ当選…のような感じで、最初から最後まで一切レア小役を引かずCZに突入することも珍しくないハズ。

 

この規定ゲーム数による状態移行抽選は200G毎に行われているということで、もう少し間隔が短ければいつでもCZ突入の可能性を感じながら楽しめたな…と一瞬思ったのですが、間隔が短すぎると逆にヤメ時が全く見つからなくなってしまいそうですよね(笑)。そう考えるとこの200G周期という間隔もしっかりとユーザー心理を考えて設計されたもののように感じました。

 

 

Lベルセルク無双 鉄塊激闘バトル

 

稀にAT直撃も存在するようですが、基本的にはCZからのAT当選を目指すゲーム性。CZには「鉄塊激闘」「ノスフェラトゥバトル」の2種類が存在します。まずはメインCZ「鉄塊激闘」ですが、こちらは「対峙パート(滞在ゲーム数16G)」と「攻撃パート(STゲーム数3Gor5G)」を行き来して勝利を目指すゲーム性。「鉄塊激闘」の抽選システムを文字だけで説明しようとするととんでもないボリュームになってしまいますので、是非「なな徹」をご確認していただければと思います。

 

 

Lベルセルク無双 鉄塊連撃スタート

 

ゲーム性は少々複雑に思える「鉄塊激闘」ですが、実際に打ってみると2つのパートでそれぞれ異なるドキドキ感があり退屈しないこと、そして「攻撃パート」への移行&攻撃抽選は敵キャラクターによって異なる対応役(「ベル」「リプレイ」「ベヘリット目」)が中心となっており、やはりここでもレア小役が引けずともAT当選を目指せるゲーム性が好印象でした。

 

CZ「鉄塊激闘」の詳細はこちら

 

一方気になったのは、展開によって「鉄塊激闘」の消化にかなりのゲーム数と時間を要すること。ここはAT状態ではないので、「攻撃パート」にめちゃくちゃ移行したのに全く攻撃はできず最終的に敗北(AT非当選)…みたいな展開だとかなりメダルが削られてしまうんですよね。その分緊張感を味わえる瞬間も多いので「鉄塊激闘」の魅力と捉えることもできるのですが、もう少しだけ決着が早いゲーム性の方がより多くのユーザーに受け入れられるのかなと感じました。

 

 

Lベルセルク無双 ノスフェラトゥバトル

 

Lベルセルク無双 ゾッドを撃破せよ

 

もう1つのCZ「ノスフェラトゥバトル」。こちらは上位CZという位置付けで、AT当選期待度は約80%とかなり高め。毎ゲームの成立役に応じて攻撃抽選→規定ゲーム数以内に「ゾッド」撃破でAT当選…という比較的シンプルなゲーム性です。こちらもベルが中心でレア小役に頼らずともAT当選に期待できることに加え、そのベルの押し順ナビが発生することもあるのが嬉しいポイント。本機のベルは1枚 or 3枚 or 10枚なのでAT中と同じ状態かは不明ですが、少なくとも「鉄塊激闘」のようにメダルが減っていくことはなかったので、ストレスの感じづらい良心的な設計だと感じました。

 

CZ「ノスフェラトゥバトル」の詳細はこちら

 

本機全体の特徴でもあるレア小役が引けなくともチャンスを感じることのできる設計。通常時ではレア小役無しで状態移行→CZ当選→AT当選というパターンも経験しこれ以上ないヤレる感を堪能できました。ただ1点、「鉄塊激闘」の消化ゲーム数は少々気になるポイント。こっちが上位CZであればさほど気にならなかったかもしれませんが、メインCZということを考えると軽視はできないかなと。本当は☆5つにしたかったところですが…ここは☆4つで!

 

 

上位AT「ベルセルクエクストラ」のヒヤヒヤ感は人を選びそう

 

Lベルセルク無双 AT中☆4

 

Lベルセルク無双 無双狂RUSH中 戦魔ステージ

 

お次はATのゲーム性に関して。本機はメインAT「無双狂RUSH」と上位AT「ベルセルクエクストラ」が搭載されておりますが、まずは「無双狂RUSH」からレビューしていきたいと思います。「無双狂RUSH」は純増枚数約2.5枚/Gのゲーム数上乗せタイプのAT。まず1つ目の注目ポイントは、主にレア小役契機によるゲーム数直乗せ&ボーナス抽選の他、CZ「エクストラチャンス」からのゲーム数上乗せ&ボーナス当選も目指すことのできる独自の抽選システムです。

 

AT「無双狂RUSH」の詳細はこちら

 

 

Lベルセルク無双 無双狂RUSH中 1000斬突破 エクストラチャンス スタンバイ状態

 

「無双狂RUSH」は液晶上に「○○○斬」という数字が表示されているのですが、これはいわば「エクストラチャンス」突入までの規定ポイント。この数字はベルが成立するごとに減算されていくということで…ここでもやはりレア小役に頼らずともゲーム数上乗せやボーナス当選といった出玉契機を目指すことができるようになっています。また、AT中のベルは10枚 or 3枚となっているのですが、払い出し枚数の同じベルが連続で成立するごとに1回あたりの減算数が徐々に増加。一定数同じベルが続くと100や200は当たり前に減算されるので、「エクストラチャンス」突入までのハードルはかなり低い印象でした。

 

もちろんその間はレア小役による上乗せ抽選や「ベヘリットシステム」の抽選も平行して行われているので、毎ゲーム退屈せず何かに期待しながら楽しむことができましたね。

 

 

Lベルセルク無双 無双狂鳴

 

Lベルセルク無双 無双狂鳴 ガッツ

 

もう1つの注目ポイントは「無双狂RUSH」終了時はAT引き戻しゾーン「無双狂鳴」に突入する可能性があるということ。AT中に条件を満たす必要があるとのことで100%ではないものの、今回の試打では全て(初当たり5回)突入したのでかなりの高確率で突入に期待できそう。レア小役を必要としない「無双狂RUSH」、そしてこの「無双狂鳴」が用意されていることで、1度ATに当選すれば「何事もなくスンッと終わることはほぼ無いだろう」というイメージで遊技できました。

 

AT引き戻しゾーン「無双狂鳴」の詳細はこちら

 

 

Lベルセルク無双 無双狂鳴 ゾッド

 

Lベルセルク無双 無双狂鳴 グリフィス

 

「無双狂RUSH」は「ガッツ」<「ゾッド」<「グリフィス」(右のキャラクターほど強力)によって上乗せ性能や期待獲得出玉が異なるのですが、この「無双狂鳴」で引き戻しに当選した際は上位キャラクターのAT突入チャンス。AT初当たり時に「ガッツ」だった場合でも「今回はあまり期待できないな…」という感情にはならないで済むのが良いですね。

 

ちなみに「無双狂鳴」中は「青BAR(ベヘリット)図柄揃い」で引き戻し成功となりますが、1回→「ガッツ」、2回→「ゾッド」、3回→「グリフィス」といった感じで図柄揃い回数に応じて上位キャラクターに期待できる模様。1度揃ったら「ハイ、終わり」ではなく、さらなる報酬を目指して最後の1Gまでドキドキできる素晴らしい引き戻しゾーンだと思いました!

 

 

Lベルセルク無双 超転生ボーナス

 

Lベルセルク無双 ベルセルクエクストラ

 

続いて上位ATについて。上位ATの主な突入条件は「エンディング到達時の抽選」や「運命ノ刻成功時」となっており、条件を満たした際はまず「超転生ボーナス」に突入。消化中は「超転生ボーナス」の1G連を抽選→1G連ストックが無かった場合は「ベルセルクエクストラ」に突入。ここでは「超転生ボーナス」と状態転落を同時抽選しており、転落抽選に先に当選してしまった場合のみAT終了のピンチ(必ず「運命ノ刻」へ突入)といった感じです。

 

 

Lベルセルク無双 ベルセルクエクストラ終了画面 左リールチェリー・BAR・ベル

 

Lベルセルク無双 ベルセルクエクストラ 継続

 

「超転生ボーナス」&「ベルセルクエクストラ」中はメインATとは異なり純増枚数約5.0枚/Gへとアップしていることもあり、文字通りエクストラ感は抜群。ただ、「ベルセルクエクストラ」中はパチンコでいうところの小当りラッシュ的な感じで状態転落を煽る演出がそれなりに発生するので、僕のようにプレッシャーに弱いタイプの方は苦手に感じてしまうかもしれません(汗)。

 

上位ATの出玉性能が現時点では不明なので完走濃厚レベルで強ければさほど気にならないかもしれませんが、僕の性格上転落煽り発生時の緊張感がちょっと苦手に感じてしまいました。いや、ホント全体的に良く出来たシステムだと思うのですが…☆は4つで!

 

 

設定判別要素は優秀だが、立ち回り要素は控えめかも?

 

Lベルセルク無双 攻略面☆3

 

Lベルセルク無双 無双狂ラッシュ

 

お次は攻略面。まず注目したいのは基本スペックで、AT初当たり確率が約1/390.3(設定1)~約1/238.4(設定6)とかなりの設定差が存在。半日程度打てばここだけでも高低の見極めはできるかもしれません。現時点では詳細が判明しておりませんがこれだけ初当たり確率に差があるなら、AT直撃確率や各契機でのCZ当選率&(超)高確移行率などで全体的に設定差が存在するか、逆にそうでない場合はピンポイントで決定的な差が設けられているハズ。トータルでのAT初当たり確率だけでなく各要素を細分化して監視すればより判別精度&スピードを挙げることができるでしょう。

 

 

Lベルセルク無双 無双狂RUSH終了画面 もがく者 777枚獲得

 

Lベルセルク無双 無双狂RUSH終了画面 もがく者 キャラ5人 777枚獲得

 

AT終了画面も多彩なパターンを搭載。現時点で「モード」の概念があるか分かりませんが、こちらは設定示唆演出になっている可能性がかなり高いのかなと。AT初当たり関係も含め、設定判別難易度は比較的容易な部類という印象を受けましたね!

 

「AT終了画面/称号の示唆内容」の詳細はこちら

 

 

Lベルセルク無双 断罪の塔ステージ

 

お次は立ち回り要素。現状狙えそうなポイントがゲーム数天井(最大999G消化でAT当選)、次点で規定ゲーム数による超高確移行抽選ですが、こちらは到達=移行確定とはならないのが懸念材料。今回試打した印象として超高確率滞在中の強さ(CZ・AT当選率)はヒシヒシと感じたので、今後の解析情報で特に移行率の高いゲーム数などが判明すればピンポイントで狙うことができるかもしれませんね。

 

通常時の立ち回り要素がAT機にしては少々乏しいかなと感じました。逆に言えばこれは本記事で何度もお伝えしてきた「いつどんな状況でもチャンスの可能性を感じて楽しめる」ということでもあるのですが、この項目においてはネックとなってしまいますね。ここは☆3つで!

 

 

ライトユーザーも安心して楽しめる良台

 

Lベルセルク無双 オススメ度☆4

 

最後にオススメ具合について。何度も繰り返しで申し訳ないのですが、本機最大の魅力は通常時~AT中までレア小役を引かずとも様々な可能性を感じることのできるゲーム性。これはもう間違いなく本機の開発コンセプトになっていると思います! それ故に「攻略面」は狙い目に乏しいというレビューもしましたが、ここ最近のAT機は少々複雑化し過ぎているようにも感じていたのでね…。

 

パチスロユーザー皆が皆各機種の1から10まで調べ尽くすワケではないと思うので、本機のようなAT機は今のパチスロシーンに必要な機種だと感じました。☆は4つで!

 

 

今回のレビュー結果

 

Lベルセルク無双 レビュー総合評価☆3.8

 

「L ベルセルク無双」の解析情報はこちら

 

 

パン君 アイコン安心して楽しめるAT機がどんどん増えて欲しい!

この記事を共有

いいね!する

1

この記事にコメントする

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

新台導入日

  • 導入予定
  • 導入済み

アクセスランキング

  • 1【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】284

    【保存版】ジャグ神ガリぞう調べによる6号機ジャグラー内部数値を大公開!【収支日記#107:2022年3月15日(火)~3月21日(月)】

  • 2ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】415

    ガリぞうが独自調査値による6号機ジャグラーのデータベースを公開!【収支日記#134:2022年9月20日(火)~9月26日(月)】

  • 3ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】44

    ガリぞうが現時点で判明しているゴーゴージャグラー3の各種数値を解説!【収支日記#194:2023年11月14日(火)~11月20日(月)】

  • 4ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】111

    ガリぞうが現在判明している「ジャグラーガールズSS」の攻略情報を解説!【収支日記#205:2024年1月30日(火)~2024年2月5日(月)】

  • 5ガリぞうがハマっている高設定を捨てずに済んだケースを理由とともに解説!【収支日記#212:2024年3月19日(火)~2024年3月25日(月)】0

    ガリぞうがハマっている高設定を捨てずに済んだケースを理由とともに解説!【収支日記#212:2024年3月19日(火)~2024年3月25日(月)】

  • 6【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【Lパチスロ 炎炎ノ消防隊】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 7【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!0

    【L ToLOVEるダークネス】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 8【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!1

    【スマスロ痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定挙動を紹介!

  • 9【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?6

    【押忍!番長4】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • 10【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?1

    【L聖闘士星矢 海皇覚醒 CUSTOM EDITION】設定6の約3000G実戦データを公開!初当たり確率やスランプグラフなど高設定の挙動はどんな感じ?

  • もっと見る