純増約6.3枚の高純増ATを押し順のみ消化可能な「北斗の拳 天昇」は、仕事帰りのサラリーマンスロッターに超おすすめ!開発者が仕事終わりに打ちたいスペックを実現していた!?

バックナンバーはこちら

新台開発の裏側を、開発陣に直接インタビュー!


今回取材に応じてくれたのは、

プライベートでもめちゃめちゃ打ちに行くパチンコ・パチスロが大好きな方でした。

押し順ベルで純増約6.3枚という驚異的なスペックでパチスロ業界を賑わせている「北斗の拳 天昇」の開発者の方々!

第1回目となる今回は、「北斗の拳 天昇」開発におけるコンセプトや本機ならではの魅力について伺います!


シリーズ伝統の「中段チェリー」を搭載するか悩むほど「王道北斗の脱却」がテーマとなった本機開発の裏側とは?!

「なくしすぎて『北斗の拳』の原型がなくなってるぞ」というような声も出た

筐体もパワーアップ。「PUSHボタンを押せ」はどんどん大きくなっていきますね。

よろしくお願いします!

まずは「パチスロ北斗の拳シリーズ」6号機第1弾としての意気込みをお聞かせください。

もともと本機は、2019年12月のいわゆる旧基準機が大きく撤去されるタイミングをターゲットにしてて、「現在メインで稼動している5号機の代わりになれるように」という意気込みがメインにありますね。

なるほど、大半の機種が撤去されるこの時期を見据えてたんですね。

あと、「北斗の拳シリーズ」は初代から続く伝統を大事にしているので。

例えば、中段チェリー後に32Gの前兆を経由して当たる流れだったり、天国や通常といった状態がありますが、今回は、「そういったシリーズ伝統の王道はやめよう」というのがありましたね。

今回はゲーム性が大きく変わっていますよね。

そうですね。

開発が始まった時は、「もう中段チェリーから当たるメインルートも変えちゃおう」と話していました。

それは驚きですね…

「転生」は特殊だとしても、「北斗の拳」といえば「中段チェリー」さえ引けば最低25%で当たる!っていうのがメインでしたから。

現在の形にたどり着くまでに色々と試行錯誤しているのですが、初期の頃だとやはり「脱・北斗」が大きかったですね。

それこそ「中段チェリーなくす?」というぐらい悩みました…。

フラグ自体を!?

結局「北斗の拳」で中段チェリーがあるとみんな中段チェリーに期待すると思うんです。

「北斗の拳」らしさをどこまで削るかは、かなり悩んだところですね。

最初は「もう全部なくす?」というぐらい削ることも考えたのですが、色々削った結果、「なくしすぎて『北斗の拳』の原型がなくなってるぞ」みたいな声があがってました(笑)

「中段チェリー」ファンの方、紆余曲折ありましたが「中段チェリー」は本機にも搭載されているので安心してください。

ちょっとやりすぎたんですね(笑)

いくら削るといっても、「やっぱり『北斗の拳』らしさはしっかり残そう」となった時に、音、図柄デザイン、出目が変わると、ほとんど別物に見えるんですよ。

いわゆる中押しができます、ベルが右上がりでテンパイします、リプレイの時は上段にリプレイが揃うから、中段にボーナス図柄が止まった時点でチェリーかリプレイかっていう遊びは、「やっぱり残したほうが結果としてプラスだよね」ということで、そこは残していますね。

この記事を共有

いいね!する

18

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列