「LAXNY」に秘められた真の友情物語、そしてスロット専門店の真実とは!?【エキスパート 業界の流儀 ウシオ編 #3】

バックナンバーはこちら

パチスロライター・実業家:ウシオ

2002年にパチスロライターとしてデビュー。現在は「焼肉屋」「BAR」「アパレルブランド」といった幅広いビジネスを展開している「株式会社サムライグラフ」の社長という実業家としての一面もある。
ツイッター
https://twitter.com/usio777
アパレルブランド「LAXNY」
https://store.shopping.yahoo.co.jp/laxny/
焼肉「さぶらい」
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40032332/
SABURAI BAR
https://saburaibar.gorp.jp/

必勝本ライターウシオがフリーとして独立する。それは社長ウシオ誕生の瞬間でもあった。今回の「エキスパート」はライターウシオのもう一つの顔、社長ウシオの神髄に迫る。


失敗は伝説のアノ店!?

ここからは「経営者ウシオ」についてお伺いしていきたいのですが、今はどういった事業をされてるんでしょうか?

広告、制作、飲食、アパレル、会計事務所、ネイルサロン、あとはそれに付随するものですね。

こうやって並べると多いですね。
色々事業をされてきた中で「これは失敗したな」と言う物はありますか?

パチスロ専門店!(即答)

あっ!?グランコスタですね…

まあ、失敗というか。ウチの会社でやり始めて、人に譲渡するところまでやったんですが、まあ大きくスベリました(笑)

取材前調査時からスロット専門店「グランコスタ」を経営していた事を聞きたいが、この件は聞いていいのかどうか?どうやって聞き出すか?を悩みまくってた取材班にいきなりのチャンスボールがやってきた。QBK(急にボールが来た)にもひるまない取材班はボールを蹴りこむことにした。

現役ライターのホール運営は当時も今も前代未聞ですが、グランコスタの経緯をお伺いできますか?

知り合いのオーナーさんから、「お店をやらないか」というお話があったんですよ。予算的にも安かったので「一遍やってみようか」と。

運営にはどの辺りまで関わったんですか?

実際に経営をしていた感じですね。機械を揃えたりなど。

経営に携わっていた期間はどれくらいになりますか?

スタートから撤退までは半年ぐらいですね。

半年で撤退した理由としては、ビジネスとして美味しくないなと思ったからですか?

ゲロ吐きそうでした(笑)

それは出費的なダメージですか?

出費はまあパチンコ屋なんで、ランニングコストとして機械代、人件費、家賃とか色々出てきましたね。そこよりも出玉の部分で利益が取れない店でしたね。設定をやってた人がヘタだったのかな、と思うんですけども…

SABURAI BARの気になるアノ人

今Twitterではバーからのツイートが活発のようですが…

去年の9月にオープンしたんですけど。住んでる所から近く、行く頻度も高かったりするので。

Twitterで拝見していて気になったんですが、BARのスタッフのようで、ウシオさんとご一緒に動画にも出始めている「マキちゃん(@SABURAIBAR)」についてお伺いできますか?

マキちゃんはSABURAI BARの店長をしてもらってます。

実は元々SABURAI BARの店長をやってもらう予定の人がいて、その人をヘッドハンティングして店長をお願いする流れになってたんですけど、開店直前に諸事情で「一回無し」となったんです。もうオープンの2週間前とかで、もう求人を出してる時間もないし。

社内で「我々だけでやろうか」ってのも考えたんですけど、ウチに女性社員がいなかったんですよ。「店長は女性がいい」って思ってて、仕方が無いのでTwitterで募集したんですよ

じゃあ、バーの店長をTwitterで公募したんですか!?実際、応募は来たんですか?

ダメ元で募集だけしてみよう。集まらなかったら内側だけで、と思ってたら何人か応募がありまして。

その中でマキちゃんを選んだのは、調理師免許を持ってたんですよ。あと東海の大手パチンコ店さんで勤務経験があったりで、接客も覚えがあって。料理の専門学校を出てホテルのレストランで働いた経験もあったので非常にこちらのニーズに合うな、と採用させてもらいました。

その店長として雇ったハズのマキちゃんが動画でスロットを打つようになったのは、どういった経緯なんでしょうか?

マキちゃんがパチンコ、パチスロが凄い好きなんですよ。休みの日とか、出勤前でも打ちにいくくらいで。

で、バーって商品と同等かそれ以上に人にお客さんが付くんですよ。だからやっぱり、マキちゃんを知ってもらわないと。なかなか伝わらない部分ってあるじゃないですか。なので店長の露出をする場所が、多少なりともあった方がいいだろう、というのもありつつ。あと、ウチの店から一番近いパチンコ店の店長さんがよく店に来るんですけど。

あ、ななやさん(@nanaya_tentyou)ですね。

ハイ。よく飲みに来るんですよね。で、その辺の繋がりもあって、当の本人もヤル気があったんで、月一回はそんな感じでやってますね。(※1)

※1:YouTube ウシオTV「柳ケ瀬ラブストーリー」:SABURAI BARのご近所の「ななや」さんでウシオさんとマキちゃんが実戦する番組です。

SABURAI BARに行けば、ウシオオーナーだけじゃなくてマキちゃんにも会えるというワケですね。

「サムライ」のこだわり

社名が「サムライグラフ」、お店も「さぶらい」「SABURAI BAR」となっていますが、「サムライ」に対するこだわりってあるんですか?

当時、付けたかったんですよね。会社を設立させたくらいの時に。カッコイイとなぜか思ってたんですよね。で、「さぶらい」ってのが「サムライ」語源らしいんですけど、今だったら多分付けないですね(笑)

【さぶらう=偉い人にお仕えする】確かにウシオさんっぽくない意味ではありますね

でも、その流れがあったのでバーも「SABURAI BAR」になったんですね。

そうですね。2店舗目ということで紐づけたかったんで。

そうなってくるとアパレルのオンラインショップの「LAXNY」だけ毛色が違ってきますが、この名前は「サムライ」とファッションがコンセプトが合わないなどの理由でしょうか?

「LAXNY」は全然経緯が違ってるんです。ちょっとイイ話しましょうか?

はい。イイ話欲しいです!!

「LAXNY」のイイ話

ココからイイ話をします

大学のバレー部の先輩でキャプテンだった方が埼玉の川口で古着のセレクトショップを経営されてたんですが、ある時病気で歩けなくなってしまったんですよ。「LASO」っていうお店だったんですけど。もう車いす生活になったので、お店も当然たたまなければいけなくなったんですよ。

その先輩がノリさんっていうんですけど。何とかノリさんの仕事のお世話というか、年も若いですし、洋服に関する知識とかセンスがすごくいいんで。「何か僕らでサポートできることはないかなあ」って話をしてて、Webの通販だったら、デザインとか商品のセレクトとかという部分で仕事してもらえるんじゃないですか、っていう話で「じゃあ、それやろう」ってなったんです。

じゃあ、アパレルはウシオさんのブランドを、と言うよりは「ノリさんのために」から始まったんですね。

「家にいて障がい者年金をもらって暮らすより、絶対仕事をしてた方がいいから」といって、その先輩に働ける環境を作ろうと思うんですけど、一緒にやりませんか?っていう。ある意味で「人助け」がきっかけで。ちょうど同じタイミングでサカイという人間が美容関係のアイテムの営業をやってたんですけど、ウチの会社に入ってくれる、ってなって3人でスタートしてみようか、ってことになって。

本当は「LASO」と言う名前を付けたかったんですけど、商標登録しに行ったら既に登録済で使えなかったんですよ。2,3回蹴られて、しゃーなしで「LAXNY」になったんですよ(笑)

じゃあ、先輩の「LASO」を残そうとした中で色々変えた結果での「LAXNY」と…って、ムチャクチャイイ話じゃないですか!

そうですそうです。と、いうのがスタートの経緯なんですけど。後にサカイ君とノリさんが大ゲンカしましてノリさんがどっか行っちゃいまして…

100%イイ話で終わり切れない!コレ…ノリさんいなくなったところまで書かせてもらっても大丈夫ですか?

ああ、全然大丈夫ですよ。

じゃあ、いい感じのお話にまとめさせてもらいます!!
なので、「LAXNY」のスタートは人助けから、と言う事ですね。

ノリさんを僕らの力でなんとかもう一度社会復帰させたいというのがスタートの動機ですね。

社長ウシオの野望は「仲介屋」!?

ライターチップスのカードのプロフィール欄を拝見すると「夢は公共事業の受注」とあったんですが、どの公共事業を狙っているんでしょうか?

公共事業ならなんでもいいです(堂々)

なんでもやるそうです

なんて清々しい…

道路工事とかなんでもやりますから!だってやりたくないですか?

やれるモンならやりたいです!

長期間のヤツがいいですよねー。

そういったお仕事は大概ボロもうけのイメージがあるので、夢はありますよね。

そうなんですよ。知り合いに土建屋さんとかいっぱいいるんで、発注さえもらえれば…

ウチ会計事務所やってるじゃないですか、そこの顧問先に建築関係があるので、スキあらばと(笑)

じゃあ、今はよくネタでも「焼肉屋」と言われていますが、いずれは「土建屋」と呼ばれるかもしれない、って事ですね。

いや、自分自身で土建はやらないですね。公共事業を取って、土建屋に回して、その間をハネるだけです(笑)

じゃあ、「仲介屋」の方が正解ですね(笑)


社長ウシオとして、経営についての話を聞いた今回。思った以上にちゃんと事業をしていて、思った以上に野望が壮大だった。

サムライグラフは現在は社員募集はしていない、とのことだったが、新事業で人が足りない時にはまたTwitter公募があるかもしれない。ウシオ社長のTwitterを常に注目することを取材班はオススメしておく。

次回は「気になることを色々聞いてみた」。岐阜の豪邸の秘密、トトロの秘密など、取材班が気になっていたことを全部聞いていきます!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

313

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列