BASHtvよっしーが「本気で辞めたい」と思った出来事とは?デビュー当時の話を聞いてみた (1/3)

BASHtvよっしーが「本気で辞めたい」と思った出来事とは?デビュー当時の話を聞いてみた eyecatch-image

バックナンバーはこちら

よっしー

よっしー プロフィール画像BASHtv専属動画演者。BASHtvの立ち上げから中心メンバーとして活躍。好きな台を楽しむための豊富な知識と過剰な投資もいとわない深すぎる愛情を持った打ち方で人気を集める。音楽とファッションが好き。
Twitter
https://twitter.com/yossi_rock
BASHtv
https://www.bash-tv.com/wp/

今回のエキスパートはBASHtvの看板演者、よっしーさんです!

よっしー 画像2

パチンコ・パチスロに多大な愛情を示すよっしーさんが演者になるまでの経緯をお聞きしました!

好きなことで生きていく

よっしー 画像3ついにBASHの大看板にお越しいただきました よっしー 画像4

よっしー 画像5まずは、経歴からお伺いしていきますが、この「24年目」というのはパチンコ・パチスロに触れてから、ということですね。

よっしー 画像6そうですね。結構先立って打っている人も多いと思うんですけど、僕はちゃんと法的に打てるタイミングから打ってます。

よっしー 画像7よっしーさんの年代(1979年生まれ)だと中学、高校からデビューという方が多いですもんね。

よっしー 画像8そうなんですよ(笑)

僕らの世代は子どもでも結構入れたりしたじゃないですか。

よっしー 画像9

よっしー 画像10昔は色々緩かったりしましたからね。

ちなみにキャリアに関してですが、まずは雑誌編集に至るまでの過程を教えていただけますか。

よっしー 画像11幼少期はわりかし勉強ができていた子どもで、大学も頑張ればいいところにいけたんですけど頑張りたくなくて、普通の大学にいくことになりました。

そこから、卒業を控えて「就職活動をしなければ」となったときに「お金じゃなくて、自分の興味のあること・好きなことを仕事にしたい」って思ったんです。

よっしー 画像12お金よりもやりがいを求める感じですね。

よっしー 画像13「生きてる時間の大半が仕事やから好きなことをやりたいな」みたいな感じで、最初に飲食業界に入ったのも食べるのが好きだったからです(笑)

肉屋とか色々受けたんですけど結局居酒屋のチェーン店に就職しました。居酒屋のチェーン店はどことは言わないですけど、やっぱり超ブラックなんですよ。

よっしー 画像14キツイという話はよく聞きますね。

よっしー 画像15僕が働いていたところは今も業績が良いところなんですけど、過労が原因で亡くなる方もいたぐらいでしたね。

よっしー 画像16それほどに過酷な環境であったと。

よっしー 画像17労働時間も1日20時間勤務とかが普通で、休みも丸1日は取れなかったりという生活を1年半くらいやった頃に「限界やな」と思って辞めました。

そこからドコモショップにいくんですけど、それも「携帯が好きやから」ですね。

よっしー 画像18「好きなこと」基準は変わらずなんですね。

よっしー 画像19もうめちゃくちゃ携帯マニアで、2ヵ月に1回くらい機種変するレベルで好きなんですよ。

色んなメーカーに手を出す感じですね。モトローラとか海外製のやつも好きで、当時やったらノキアとかですね。

よっしー 画像20あの頃のノキアはカッコイイですよね!

よっしー 画像21そんな感じで携帯が好きだったから、しばらくそこで働くことになりましたね。その頃にもパチンコ・パチスロはずっと打っていたんです。

そして、また転職を考えるようになった頃に「パチンコ・パチスロの仕事で何かないかな?」って探してみたんですけど、そもそもこの業界にどんな仕事があるのか全然知らなかったんですよ。

よっしー 画像22たしかに、何も知らないとホールかメーカーくらいしか思いつかないですね。

よっしー 画像23雑誌社も色々あって、マガジンやガイドや必勝本でも募集をしていたんですけど「そういうところはちょっと無理ちゃうかな~」と思っていて。そんなときネットで地元の編集プロダクションを見つけたんですよ。

そこに「未経験でもOK」と書いてあったので、ダメ元で応募してみたら採用されたんです。

「一番好きなパチンコ・パチスロを仕事にできるなんて!」みたいな感じでしたね。特に雑誌とかは自分と無縁の世界だと思っていたので。

よっしー 画像24あの頃の雑誌は「見てる側」で別世界のイメージがありましたよね。

よっしー 画像25そうそう。「見てる側」なんですよね。

めちゃめちゃ雑誌っ子だったので、好きでよく見てたんです。なので、老舗の雑誌媒体は恐れ多いという気持ちもありましたね(笑)

よっしー 画像26わかります!

よっしー 画像27でも、そうやって編プロとして入ってからは、JANBARIさんの下請けとかをやらせてもらっていましたね(笑)

よっしー 画像28JANBARI.TVが雑誌を出していた頃ですね。

この編プロがこのままBASHtvになったということなんですか?

よっしー 画像29そうですね。元は雑誌から始まったんですけど、YouTubeにようやくパチ系の動画が上がり始めた頃で、そこに目をつけて「動画を始めようか」ってなりましたね。それもあって、当時上がっていた動画をめっちゃ見てましたね。

それこそJANBARIさんの動画も好きで、シャークさんの動画は特によく見てました。

よっしー 画像30「デッド オア アライブ」ですね。

※デッド オア アライブ:自称カリスマディレクター・シャークが自ら実戦するJANBARI.TV草創期の人気番組。

よっしー 画像31他にもその頃のYouTubeだとシーサ。さんと閉店くんさんくらいでしたよね。だから、ウチの編プロともう1社で合同でやろうぜみたいな話になったんです。

そこでウチが編集と出役を請け負って、もう1社が営業とホームページなどシステム部分をやっていこうって始めたのが、いわゆる前の媒体ですね(笑)

よっしー 画像32色々あったところですね。

よっしー 画像33そうですね。色々あって離れた後に、BASHtvを立ち上げたという流れです。

よっしー 画像34つまり、初めて業界に関わった編プロ所属のまま動画に出ているということですね。そう考えるとBASHの中でもかなりの古株になりますか?

よっしー 画像35もう長いですね。生え抜きみたいな感じです。

ただ、僕はフリーのライターさんと違って会社員なので、演者というのは業務の中の1つという捉え方ですね。

パチンコ・パチスロが好きなので仕事にやりがいは感じていますけど、歳も歳なんで色々考えるようにはなってきてます。

よっしー 画像36プロデューサー的なポジションに回る感じですか?

よっしー 画像37そうですね。プロデューサー的な役割が最適かどうかは分からないんですけど、それでも会社を大きくしたり少しでも潤わすようにはしたいですね。

社員の子たちがすごく頑張ってくれているので、その子たちに還元して生活を守らなければいけないという目線は常に持っています。だからもう、自分1人がどうのこうのという段階ではないですね。

よっしー 画像38やっぱり長く在籍していると見ていくべきところが増えてくるんですね。

よっしー 画像39そうですね。なので会社全体も見ていますし、もちろん一演者としても全力でやっているつもりです。

ただ、これもどっちにウェイトを置けばいいのか、悩んだ時期もありましたね。ちょうど、チェリ男が抜けた時期だったので「このことが原因でそうなったんですか?」ってよく聞かれるんですけど、たまたま同じ時期だっただけなんですよ。

色々な人に相談もしたんですけど、そのうち「それって言い訳にしてる気がするな」って気がついて。結局、今の自分がシンプルに会社に一番貢献できることをやればいいだろうと思って「じゃあ、演者を全力で頑張るべきだ」となりましたね。

よっしー 画像40その頃はより演者としての活躍を求められていたでしょうしね。

よっしー 画像41媒体では当時2番手の立ち位置だったんですけど、それを「本当はやりたくないし」みたいに言うのってちょっとズルいじゃないですか。

だんだん「それは違うな」と思うようになって、そこで踏ん切りがつけられましたね。

よっしー 画像42もう1回腹をくくったという感じですね。

よっしー 画像43そうですね。嫌々やるのは他の演者の方たちにも失礼ですしね。

それに、ありがたいことにある程度自分を知ってくれてるファンの方たちもいるわけじゃないですか。その方たちのことも考えて踏ん切りをつけた感じです。

よっしー 画像44たしかに、BASHのファンの方は箱推しのイメージが強くて、ファンの方も含めてのファミリー感がありますよね。

よっしー 画像45そうですね。BASHのファンの方は箱推しが多いと思います。でも、割と年齢層が高めなんですよ。僕と同じ世代だったり、ちょっと上の方たちがBASHtvを応援してくれてる層では多いですね。

とても嬉しいんですけど、媒体の若返りもやっぱり必要だと思うんですよ。そのためにも、いつまでも自分が中心にならずに若い子が前に出れる環境を作っていきたいです。

もちろん、自分自身もやれる限りは頑張ろうと思っていますけどね。

よっしー 画像46BASHの若手の皆さん「大きくなって、俺を越えていけ」ということのようです よっしー 画像47

よっしー 画像48これまでの経歴を伺うと、ターニングポイントの「ドコモショップで働いている最中に今の会社の求人を見つけた」というのは本当に大きな分岐点でしたね。

よっしー 画像49そうですね。これは人生の最大の転機だと思います。そうじゃなかったらこの業界に身を置いてませんから。今頃は何をやってたんでしょうねって思います(笑)

僕、音楽も好きだったから、CD屋にもなりたかったんですよね。

よっしー 画像50別チャンネルのCD査定の動画も拝見しました。

よっしー 画像51わざわざあんな趣味動画まで(笑)

本当に音楽も好きなんですよ。一時ヒップホップにもハマって、ものすごくディグるというか、曲を漁るのが好きでしたね。

よっしー 画像52動画では「大量のCDを査定に出したら?」という企画で、大量のCDが積まれていましたが、ジャケットを見るだけで二ヤっとできるラインナップでしたね。

よっしー 画像53あ~、わかりますか(笑)

ああいうのを見るだけでその人がどういう道を通ってきたのかがわかりますよね。音楽って文化はその人の人生に大きく影響していると思っていて、ファッションに表れたり、マインドの部分でも思想や文化が継承される感じが好きなんですよね。

よっしー 画像54思い出のCD555枚を売りに出した気になる金額は…こちらで公開中です!

この記事を共有

いいね!する

354
  • 1:2021-10-09 07:11:16よっしーさんの貴重なお話しありがとうございました。

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る