全松本の頂点!!スロ動画のトップを極めた男が恐れおののいた鬼Dイッチーとのファーストコンタクトとは!?【エキスパート 業界の流儀 松本バッチ編 #2】

バックナンバーはこちら

松本バッチ

パチスロ攻略マガジンのトップライター。元薬剤師と言う異色の経歴を持ち、バラエティーにも対応できるキャラクターと豊富な機種知識を兼ね備えた、業界随一のコンプリートライター。
Twitter
https://twitter.com/matsumotobatch
ブログ
https://ameblo.jp/matsuichi777or-ber/
パチンコ攻略マガジン・パチスロ攻略マガジン公式サイト
https://www.pachimaga.com/

業界支持率No.1ライター松本バッチ、その人気の源流をたどる今回の「エキスパート」

今回は、ライター松本バッチの周囲を彩る交友関係と、「今一番売れている男」その原点に迫っていく。

今回も焼肉と共にお届けしております 期待値重視の焼肉インストラクター指導の下で肉を焼いております

スロマガ先輩後輩の話

「パチスロ攻略マガジン」に所属することになった後の話ですが、いわば同僚といえるライターさんには当時どんな方がいらっしゃったんでしょう?

オノルさんとかネギ坊さん、ホイミンさん、今は辞められた方も含めると色々。もちろん篠崎(しのけん)さんもいましたし、レビンさんやトニーさんもいましたね。

所属して何年ぐらいになりますか?

僕は11年ですかね。

所属した当初、良くしてくれた先輩などはいましたか?

最初はオノルさんが結構面倒見てくれましたね。ライターとしての良し悪しとか。

「攻略軍団」と「ライター」ってスロマガでは立場が違ってて、「攻略軍団」は編集部の中の人なんですけど、「ライター」は一応外部というか外注の部類で、僕が外注で入って1番近い先輩というかラフ書いたり原稿書いたり同じことやるようになったのがオノルさんだったんで。

それかごんたさんっていうプロの方とかが近しい感じでしたね。

直近の後輩というと例えばどんな方がいらっしゃいますか?

同じ媒体の後輩だとナビが1番近いですかね、三宅ナビ君っていうんですけど。あとは大分離れてますね。

1番可愛がってる後輩というと?

可愛がるって感覚はないんですけど、同じ媒体でよく一緒に仕事をするのはナビとガンちゃんって子ですかね。

今は媒体ミックスで仕事することが多いんで、世話になった先輩の名前を挙げてと言われたら他媒体の人がバンバン出てきますし…可愛がるってなると…どうなんでしょうね。

翔(ジャスティン翔)さんとかはどうですか?

翔はある程度面倒みようと思ってやってたけど…、まぁどうしても根はクズだったよね。みんなが動画で知ってるあのまんまだった(笑)

(笑)

色々言ってみたけど、「響かねぇ~」みたいな。

それはそれでブレないところだと思うけどね。でもこの前辞めちゃったからね…

鬼Dイッチーは今よりもっと○○だった!?

交友関係でいきますと、鬼Dイッチーさんとか。

市川さん、はい。

動画で一緒に出られることが多いと思うんですが、関係性というか最初の出会いはどんなものだったんでしょう?

市川さんは最初ユニバの解説動画だった気がするなぁ…。

その時のディレクターさんだったんですか?

「SLOT牙狼」だったかなぁ…。それの解説動画をやったのが1番最初だと思います…たぶん。

「SLOT牙狼」だと大分前ですよね。

そうですね、大分前ですね。

当時はまだDMMぱちタウンなかったんで。それはメーカーものというか、メーカーさんが媒体に投げて僕のところに出演のオファーが来た形だったんですけど。たしか6、7年前ですね。

当時の市川さん、今よりもっとヤカラみたいな格好してたから。
「お願いしま~す」って入ってきた時に「何だ!この現場」と思ったもんね。
ちょっと待って、どれがディレクター?と思って(笑)

第一印象が結構悪かった?

「チーマーやん!」と思って。「ヘイ!やろうよ」って「大体でいいっしょ」みたいな。

それはヤカラですね(笑)

「いけるっしょ!」みたいな。「うわぁ、怖~」と思って。それが最初ですかね。

その後スロマガにDVDが付くってなった時に、僕の番組をやるのが市川さんだったんですよね。それで一緒にやったら面白くて、ちょうど市川さんもこっちの業界で仕事をやり始める時期だったんで。っていうスタートです。

プライベートでも結構?

前は住んでる場所も近くて仕事帰りに飯食ったりしましたけど、今は2人とも結構忙しくなりましたからね。

何かにつけて飲み会とかはしますけど、今は家も遠いんでそこまで頻繁にはないです。

ただ、今日もこのあと三重に行くんですけど、「何時に来るの?」って多分酒飲みたくて待ってますね。

「勝ちキャラ」でも「バラエティー」でもない!?何キャラ?

ライターの話に戻らせていただくんですが、いわゆる「勝ちキャラ」「バラエティ」などのキャラクターがそれぞれライターにある中、バッチさんは自分を何キャラだと思っていますか?

僕は…どうなんでしょうね? 人からよく言われて「まぁそうだろうな、そうだとありがたいな」と思ってるのは「オールマイティー」ですかね。

嵐さんとかもそうだと思うんですけど。まあ嵐さんには勝てないですけど。

勝てる? 嵐さんに(笑)

(笑)

機種解説の仕事も頂くんですが、ジロウ君とかうちの篠崎(しのけん)さんみたいにカッチリやれるかっていうと、「ちょっと面白い台、これ好きだから打っちゃって良いかな?」って打っちゃうんで、ただ理論上分かってますけどね、っていうとこにはいると思うんで、まぁバランス型だと思います。ちょうど良い方。

ユーティリティー。

ユーティリティープレイヤー。

全松本の頂点へ!売れるきっかけは大先輩からの…!?

ライターとしてやっていて売れたと思った瞬間ってあったりしますか?

いやまだ売れてないっす! 全然! これからっす! 自分! まだ足りないっす!まだ、売れ切ってないっす!

まだ?

伸びしろ!伸びしろですね。

ここ1、2年の出演動画媒体数を見てみると、明らかにバッチさんが一位なんですよ。

ほう!

かつYouTubeで「松本」って検索すると、サジェスト(候補)で「松本人志」よりも先に、一番最初に「松本バッチ」が出るんですよ。

もう「全松本の頂点」だな、と。

あら! 売れたな!!

売れた、完全に。

YouTube検索で「松本」と入れると「松本バッチ、松本人志、松本まりか、松本潤」の順番で出てきます。売れましたね。

いや~、でもまだ…。

僕、親の反対を押し切ってこの業界にきて、薬剤師の頃より稼ぎが下回ってるのを「いつまでやるんだ」って言われてたときは、「ごもっとも」と思ってたんですよ。

それで、なんとか飯食えるようになって、稼ぎも今の方が上回るようになりましたけど、下積み時代の分もあるんで。それも取り返してるかもって思ったときに、まぁようやくちゃんと形になったかなとは思いましたね。

「あ~何年か前、誰にも見向きもされずにいた時代もあったな」って思いますけど、「売れてるわ~!」って感覚はまだ味わったことないですね。

薬剤師の頃の稼ぎを上回ったのはいつぐらいですか?

何年前だろ…?4、5年前とかじゃないですかね。

その4、5年前は何がきっかけですか?

いや、その頃はまだ無料動画にはそんなに出てないから、多分パチテレの木村(魚拓)さんの番組だったと思う。

その時木村さんと初めて会ったんだけど、その前にもリスキー長谷川さんとか射駒タケシさんとか(ルーキー)酒井さんとかにはお会いしてて、そこで「がんばれよ!」とか「マガジン苦しいんだから辞めんなよ!」みたいなこと言われて、「がんばります!」みたいな話をして、ちょいちょい番組とかで出番もらってたんですよ。

でもそんなに手応えはなくて。ただ、木村さんの番組に呼んでもらって、それを2本立てにしてもらったときに凄い反響が大きくて、「ああ、この番組いっぱい見られてんだ」と思って。最初は生意気だって声も多かったですけど、「あれ良かったよ」って言ってくれる人も多くて、じゃあこっちも出てくださいみたいな。

あれが上手くいったそうなんでこっちもお願いします、みたいなのを1個1個こなしていったみたいな感じですね。

木村魚拓さんの番組は何という番組でした?

「窓際の向こうに」です。

そこの手ごたえが今に繋がってるんですね。

その時は緊張しましたけどね、やっぱり。


規制の影響などで、ライター出演動画の本数が減っていく中、逆行するかのように上り調子の松本バッチ。それでも本人はまだ伸びしろを感じていた。

売れている男は突然売れたのではなく、1本1本の仕事の積み重ねで大きくなったことを本人が一番理解しているようであった。そしてこれからも更にその歩みを進めていくのだろう、と取材班も感じたのであった。

次回は、オールマイティースロッター松本バッチが選ぶ「AT/ART、Aタイプ」の話、そして「6号機」の話に迫っていく。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

1140

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列