Aタイプ、AT/ART、そして肉!?どんなジャンルも全方位対応!売れっ子オールマイティーの神髄を見よ!!【エキスパート 業界の流儀 松本バッチ編 #3】

バックナンバーはこちら

「今、業界イチ忙しい男」こと松本バッチ。そんなバッチイズムを紐解く今回の「エキスパート」

今回は、スロットライター松本バッチの「至高の5号機とは何か?」を中心にスロットの話をお送りする。

肉に選ばれた男と 肉を選ぶ男の二名と共にお送りしております

肉を挟んだインタビューも中盤を越えて後半へ。

テーマはいよいよ、「スロット」の話題へ。
早速、本題へ舵を切ろうとした時、「肉の申し子」からまさかの質問が!?

肉トーーク

実家で畜産をされてたってことなんですが、実家のお肉の方が美味しいとかあるんですか?

いや、家で実際に食べるやつでも普通に美味いのは少ないね。

まあ、安く手に入ったり新鮮なのが手に入るから、「うめぇ」ってなるけど結局その…例えば松阪牛とかあるでしょ?

はい。

あれって最後、出荷前の何ヶ月間だけ松阪にいれば松阪牛になるんよ。

え!?そうなんですか?

だから、福島とかの田舎の小ちゃい畜産の人達とかは、一生懸命育てるの。
それを向こうのブランド牛の人達がでっけ~トラックで来て、育ちの良いやつを見繕って買って帰るのよ。

良いやつだと1頭100万円とかで卸して帰ってくるんですよ。

スロットだけじゃなく、肉にも守備範囲を広げるスター。ドヤァ、これがコンプリートライターや!

子牛のうちにですか?

まあ、そうですね。

子牛からギリギリだと3、4歳で、あとはちょっと仕上げて捌くだけみたいな状態で買ってって、それを向こうでA5ランクとかで出すわけ。

だからその目利きっていうか、それがあっちの人達はしっかりしてるからそれを信用して、味は確かだよ、っていうブランドが出来上がってるんだけど、ほとんどの松阪牛とかが他の地域のやつだったりするの。

松阪で育ってるやつは少ないってことですか?

少ないはずですね。松阪の人たちがそのブランドで目利きした牛たちっていう。

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

883

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列