クソつまらん6号機を打つよりも10スロで4号機を打てた方が全然楽しい!?『パチンコ滅亡論』大ヒット中の大崎一万発が掲げる業界改革案はホールの売上が半減してしまうけど大丈夫!?

大崎一万発

元パチンコ必勝ガイド編集長。2003年に同社を退社してフリーへ。 編集部在籍時から数多くのパチンコ・パチスロ番組に出演しており、現在に至るまで常に業界の最前線で活躍中。パチンコへの愛情から、ホール/メーカーへの歯に衣着せぬ発言でも有名。
Twitter
https://twitter.com/manpatsu
万発・ヤングのガバ・ガバ・ヘイ!
http://gabba2hey.com/
パチンコ滅亡論(amazon)
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E6%BB%85%E4%BA%A1%E8%AB%96-%E5%A4%A7%E5%B4%8E-%E4%B8%80%E4%B8%87%E7%99%BA/dp/4594083862/ref=zg_bs_500586_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=X0H5KYR14HGSZPA05TQ4

「エキスパート」大崎一万発編、2回目です。

今回は、パチンコ/スロットの話です。「P機・6号機と新基準の機械に未来はあるのか?」「この先も釘はいじられるのか?」「三店方式って大丈夫?」などタブーなしで全部聞いてきました!

今回も社会派「エキスパート」をお送りします

6号機は厳しいけど、パチンコは面白くなってきた!「P機6号機時代突入」を解説!

続いて、3大ニュースの2個目ですね。P機と6号機ですが、この移行って順調だと思いますか?

いや、順調じゃないですね。全く順調じゃないです。

ただ、パチンコに関しては今がすごく充実しているなと思ってて、やっぱり業界が順風満帆の時代って似たようなスペックの物しか出てこないんですよ。どれも「出玉的にはMAXでとにかく連チャンする」みたいな。

「見てくれが違うだけで中身が一緒」みたいな台ばっかりやったんですけど、今はそういうものがないもんだから、「とにかく色んな事をやって何かしら新しいマーケットを作らなきゃ!」みたいに頑張ってるわけじゃないですか。

だから、パチンコに関しては物凄くよく出来てるし面白い時代になってきたと僕は思ってる。

ただ、設定付きは全く流行ってないですよ。それはパチンコの釘、回転率っていう曖昧な物の上にさらに設定もってなったら「不安に不安を乗せたモノを打つかいな」っていうだけの話だから、流行らないのはわかるんですよ。

やはり設定付きは厳しそうですね。

ただ社会情勢的に、いわゆる一般庶民が貧民になっちゃったからね。だから、やっぱり4円パチンコが打てなくなってるわけで。そういう世の中的な問題があるにしても、ただ単純にパチンコ屋の中に並んでいる機種を見た時、今凄くいい時代だと僕は思ってますよ。

それでぼったくりの酷い店もやっぱり減ってきてるわけやから。そんなことやると晒されたり、やっぱり客は来なくなる。パチンコユーザーは期待値的な事に対して、みんな頭が良くなってきたからね。

だからパチンコはいい感じだと思ってるんですけど、スロットはちょっと厳しいですね…

パチンコは面白い台が増えてきたそうです

やっぱり6号機は…

厳しい…結果的に「鏡が一番出来がよかったやんけ!」って話になってるわけですから。

北斗天昇の導入が広まってはいますけど…

まあ、今年ベースを下げれるようになるんじゃないかとか、色々緩和の動きがある中で、今より悪くなることは僕はないと思ってるんですけど。

ただ、やっぱりパチスロっていうのはドカーンって一発事故起こして閉店まで出続けるみたいなものだと思ってるユーザーばっかりじゃないですか。特に5号機から打ち始めている子なんかはね。

だからその意識っていうものをまず変えていかないと何が出ても不満になっちゃうわけですよ。5号機と比べたら全部スペックダウンしてるわけだから。

ギャンブル性の面から見るとどうしても弱くなってますからね。

打ち手の意識が変わっていく事、5号機が全部なくなる事、そして射幸性だけで釣ってきた部分をそうではない他の面白さ、それが演出なのかもっと根本的な変化が必要なのかまだ見えないですけど、これまでにない価値観を加えた台が出てくるようになったら状況は変わっていくと思います。

ただ、今現在で言ったら状況は厳しい。メダルが出るとか面白いとか打つ側の感覚的な事だけじゃなくて、ホールが儲からなくなってることがね。ある店に聞いたら、「5号機と比べたら1,000円ぐらい違うよね」と。

それは1台あたりの粗利ですか?

そうそう。そうすると、単純計算だけど、パチスロを1,000台抱えるグループ店だったら、1,000円×1,000台で、1日100万円の減益なわけですよ。メチャクチャ大きいですよね。

もちろん現在の6号機の支持率と、5号機がなくなって以降を単純に比べるわけにはいかないけど、6号機時代になってパチスロの支持率がドーンと上がるみたいなことは考えづらいわけで、パチスロに頼った商売のやり方自体をガラッと変えなくてはいけなくなるかもしれない。

今まで通りの利益をパチスロで確保しようとするなら、そんな店では誰も打たなくなりますよね。

結局、締めていかないと仕方がないってことですよね?

そうそう。だからホール側が「ただパチンコ台を置いときゃ儲かる、置いときゃザクザクおいしい商売だ」みたいな考え方を捨てていかないと残っていけないと思っていますね。

ホール側も厳しい時代になってきているようです

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

245

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列