【髭原人vsヤルヲ勃発】朝食ナシ!出張手当、稼働手当ナシ!休みナシ!北海道を一人で営業した「課長 髭原人」がこの場を借りて「でちゃう!」編集部員へ伝えたい「永遠に働け!」とは!?

髭原人

「でちゃう!」の看板編集部員。豊富な機種の知識を活かした実戦だけでなく、バラエティーでの身体を張った企画の先駆者。ヒゲとふんどしがトレードマーク。決めセリフは「セイラライ!」
Twitter
https://twitter.com/higenjin
でちゃう!
http://www.dechau.com/
でちゃう!WEBちゃんねる(YouTube)
https://www.youtube.com/user/dechauWEBTV

「エキスパート」髭原人編、2回目です。

2回目は髭原人課長のお仕事に迫ります!

朝ご飯の苦悩、部下への謝罪、「のりピー」への想い…からなぜか「髭原人vsヤルヲ」が勃発!?

あんなに朋友だった二人、一体何が!?

休みナシ、手当ナシ、朝食ナシでも頑張る髭原人が「でちゃう!」編集部員に言いたいこと!?

ここからは、お仕事についてお伺いしていきますが、まず「オフの過ごし方:ほぼ無い」ということなんですが。

いやー、なんですかね…ホントに休みが無いんですよ!

もう、労基とかに訴えればいいと思うんですよ(笑)

「やり過ぎだ」と(笑)

やった分だけギャラがもらえるならいいと思うんですけど、ホントに調べてもらってもいいくらいで、一度生放送で給料明細も出したことがあるんですけど、固定給のサラリーマンなんですね。

稼働手当もないし、出張手当もないんですよ。

えっ、出張手当もないんですか?

ないんですよ。ホテルで朝ごはん付けたら総務から電話掛かってきました。

逆に課長職だと手当が増える会社もありますが。

1円もないんですよ。それで朝飯付けたら怒られました。

僕、自分でホテル取ってるんですけど、前もって予約すると安いじゃないですか。

そうですね。

ホールの側の安いところで朝ご飯もビュッフェとかじゃなくて、600円くらいの定食みたいな感じなんですよ。

じゃあ、古いタイプの旅館みたいなところで、領収書にご飯の料金表示が別で書いてあったんですよ。

「なんで会社が朝飯代を出さなきゃいけないんだ」って、言われてそのまま朝食代を返した、っていう(笑)

それって最近の話なんですか?

最近っちゃー最近ですよ。

だから「なんでこんなに働くの?」って言われるんですよ。

これだけ忙しいとそう思いますよね。

僕、物欲がないんですよ。

だから、下の子にはこの場を借りて謝りたいです。

謝りたいことがあるそうです

この場を借りて。

給料ストッパーになってると思うんです。

あ~、なるほど!

会社に「金をくれ」って言ったことがないんで。

僕が貰ってなければ、下の子が「金くれ」って言えるワケがない。っていうのが申し訳ないですね。

僕が編集部の給料が上がらないちょうどいいフタになってるんでしょうね。

「髭さんはこれだけしか貰ってないのに、あんなに仕事してるんだぞ」と。

そのかわりですね…オイオイオイ!下の子たちはよく聞けよ!

だからこそ、会社の体力があるから!こういう時代でも潰れませんから!だからお前らもメシ食えるんだからな!

一時の感情で「自分も頑張ってる」って金もらおうとするとな、会社もそれを避けられないから、母体の体力が無くなっていくんや!

俺がずーっとフタになってるから、この会社は体力があるんや!

一生潰れないから、永遠に働け!(笑)

おお、役職者がいる(笑)

この流れで「でちゃう!」の話も伺いたかったんですよ。いわゆる、来店実戦系Web動画のパイオニアじゃないですか。

そして、「攻略誌ではないメディア」の先駆けでもあると思うんですよ。

そうですね。「ホール情報誌」としてですよね。

会社のサイトを拝見したところ、全国に支店も多いですよね。規模で言えば業界で一番大きいんじゃないか、と思いますが。

いや~、どう考えても会社で一番大きいのはDMMさんじゃないですか。次にJANBARI.TVさんだと思うんですけど(笑)

みんながわかってることを聞くんじゃないよ、そんなの!(笑)

でも、拠点数でいえばぱちタウンさんよりも多いと思うんですよ。

それはホール情報誌だったんで、地域に根ざしたものでないと、っていうのがあるんですよ。

ヤルヲちんも全国周るようになってわかったと思うんですけど、ホールって全国それぞれのエリアで特性があって、お店の傾向も違うし、ユーザーさんの考えも違うし、だから全国に支店がないと、ホール情報誌ってうまくいかないんじゃないかな、って思うんですよ。

まあ、北海道はなくなったんですけどね。

そうなんですね。

そういや、北海道一番最初に行ったのも俺だよ。

ホール情報誌のいろんな媒体が北海道で出たんですけど、全部コケたんですよ。

それはいわゆる広告規制とかですか?

いや、そのころはまだイベントはバリバリできたんでそれではなくて、北海道はあまりにもデカイんですよ。

ああ、なるほど!営業地域として。

それを札幌の拠点だけでやらないといけないんですけど、そこから北海道の他のチェーン店まで行かないといけなくなるわけです。

その時、北海道を僕一人で全部やってたんですけど、函館に取材をして、次の日が釧路だったんです。

カーナビで函館から上野の会社までの距離と函館から釧路のお店までの距離を比べてみたら釧路の方が遠いんですよ。

広すぎ!(笑)

「これは商売になんねえな!」って思いましたね(笑)

この頃はまだLINEとかも無くて、ユーザーに情報を配信するのはまだメールだったんですよ。

ウチも「でちゃモバ」っていうモバイルの発信をやってて、ずっとやってたんで名古屋が一番多かったんですよ。続いて東京が多かったんですけど、その他いくつか地域があったんですけど、一番掲載店舗数が少ない北海道が3位だったんです。

函館-釧路間、ざっくりとした距離でも540kmくらい離れてるみたいです

それはスゴイですね。

それを担当したのは僕です(笑)

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

184
  • 1:2020-02-28 13:24:36ヤルヲうざい
  • 2:2020-05-23 03:51:28↑お前がうざい、消えろボケ

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列