バトルスクリーン阿修羅は〇〇からの熱い想いで実現した!?開発秘話に迫る!【エキスパート 業界の流儀 パチスロ鉄拳4編 #2】

バックナンバーはこちら

山佐6号機の液晶機第一弾「パチスロ鉄拳4」。その開発の裏側に迫るインタビュー企画。
今回は、絶大な存在感を放つ超美麗液晶「バトルスクリーン阿修羅」やゲームシステムなど、6号機開発の裏側に迫る。

バトルスクリーン阿修羅誕生秘話

とてもインパクトがある筐体ですが、こちらを開発するに至った理由はあるのでしょうか。

これはね、嬉しかったことがあったんですけど。

それはいったい…?

当初は新筐体での開発を考えていなかったんですが、「鉄拳は今まで、初代から全部新筐体で作っているのに、なぜ4だけ新筐体じゃないんだ!」ということを、筐体側を作る部署から初めて言われて。

開発側以外からそんな熱い想いを聞かせてもらえることって中々ないよなあって、嬉しかったですね。

新筐体でいつかはやりたいね、という構想はあったのですが、絶対パチスロ鉄拳4に合わせましょう!と、会社全体で決まりました。

鉄拳は山佐の中で1番の大黒柱なんで、しっかり新筐体で行きましょう、と。

鉄拳が山佐さんの1番大きなコンテンツというのを如実に表していますね。やはり気合の入り方が違う。

バトルスクリーン阿修羅に決まる前は別の候補との2択までいきまして。結局並んだ時のインパクトを取って3面液晶にしました。

やはり新筐体というのはそう簡単に決められないんですね。いちスロットファンとしては、ボツになった筐体も見てみたいものです(笑)

 

この記事を共有

いいね!する

259

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列