今回の鉄拳チャンスは本当にチャンスなのか!?メーカー開発者に禁断の質問をしてみた!【エキスパート 業界の流儀 パチスロ鉄拳4編 #3】

バックナンバーはこちら

山佐6号機の液晶機第一弾「パチスロ鉄拳4」その開発の裏側に迫るインタビュー企画。

最終回は、山佐開発陣に禁断の質問を投げかけるところからスタート。これからの6号機、さらにはAタイプの未来についてなど、最後まで熱く語ってくれた。

今回の鉄拳チャンスは本当にチャンスなのか!?

ずばり…今回の鉄拳チャンスは、本当にチャンスなのか!?

言っちゃって!(開発者Aさんを見ながら)

本当にチャンスです!!!

ありがとうございます!(笑)

ボーナスの期待度も63%ありますし、もし外しても鉄拳チャンス自体がループするので、今までよりも熱いと思います。

鉄拳チャンス自体がループする

ユーザーの期待を裏切らない熱さになっている?

しっかり熱い鉄拳チャンスになってるかなと思います。

ちょっと言いづらいのですが、鉄拳2ndは鉄拳チャンスがそんなに熱くなかったと思うんですけど…

一同:(笑)

鉄拳2ndの鉄拳チャンスは最低50%継続するので期待度はしっかり担保していましたが、あの当時は、煽りの時代でした。

ケロット柄は何%だったのでしょうか?

2ndの時のケロット柄は40%ですね。当時のパチンコの激アツ演出が大体40%だったので、ベースは40%で作ろうと試行錯誤しました。

鉄拳2ndを作っている当時、煽って外すっていうのがパチンコですごい流行ってたんですよ。
その時決めてたことがありまして。打つお金って大体の人が2万円3万円だからその中で必ずお土産を作ろうと。同じ負けでも「ただ負けた」「つまんない」ではなく「どう負けた」「こんな風になったのに」っていうお土産を持たせたかったんです。

帰った時に「鉄拳ゾーン入ってケロット柄も出て当たらないって、これもうなにで当たるんだよ!」っていう話を、パチスロでさせたかった。
本当に打たない台ってなんにも起きなくて「なにこれ」「つまんない」ってなると思うんです。
だから、同じ負けるんだったら、盛り上げて外してあげようっていう時代でしたね。

その後煽り系の台が多くなり、遊技者が疲れてきたのを感じていましたので、現在は熱い演出はかなりの期待度を担保しています。

では、パチスロ鉄拳4では諸々熱い演出は…

簡単には出ないですね。残念ですけど。

パチスロ鉄拳4のケロット柄は、本当に熱い?

本当に熱いです。中々見れないですよ(笑)

中々見れなくなったケロット柄演出

この記事を共有

いいね!する

460

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列