「ディスクアップって勝てますか?」梅屋アニキにまたまた単刀直入に聞いてみた【エキスパート 業界の流儀 梅屋シン編 #2】

バックナンバーはこちら

梅屋シン

パチスロ必勝本の看板ライター。立回り方、打ち方も踏まえた、勝利へのロジックを伝えることができる第一人者。そして自身もストイックに勝ちへ突き進むイケメンスロッター。釣りとボスオレが大好き。
Twitter
https://twitter.com/shinumeya
ブログ
http://ameblo.jp/shinumeya/
Twitter(釣りアカ)
https://twitter.com/umeyafishing

パチスロ必勝本が誇るイケメンストイックスロッター梅屋シンの勝利の神髄に迫る「エキスパート~業界の流儀~」

前回、ななプレス取材班はライターになるまでの経緯、そして勝利を求める熱い意志を聞き出すことができた。細い身体にそぐわない程の燃え滾る情熱と、体育会系の男気に取材班一同は思わず「兄貴…」と呟いた。

今回は、「梅屋シンの5号機ベスト3」から台選びの基準、更なる勝利への熱いロジックに迫っていく。


勝ちたいからこその「まど2」!?

ここからは、スロットのお話をお伺いしたいんですけども。
5号機のベスト3をAタイプとAT/ART上げていただいたんですが、まずAT/ART機の3つ「新鬼武者」「まど2」と「モンハン月下」これらを選んだ基準というのは?

どっちも選ぶのが難しくて無理矢理選んでるのもあるんですよ。なので印象に残ってるって意味で選びました。

新鬼は、正直それまで「あの台打ちてー」ってレベルで5号機と向き合ってる人ってあんまりいなかったと思うんですよ。しょうがなく打ってたというか。新鬼に関しては「新鬼おもしれー」って人が、僕も含めてたくさんいたと思うんで。まあ、5号機の印象を変えた台だと思います。

まど2は
1.適度な判別要素
2.適度な人気
3.適度な変判の難易度
の3点から、結果勝てるからやってたんですけど。僕はボーナスが付いてる台がやっぱり好きなんで、ボーナス+ARTってところが。新鬼もそうなんですけど。後は演出のバランスも凄いイイと思うんで、普通に完成度が高くて、イイ台だと思います。

まど2がそういうガチ台というイメージが無いんですが、一時期ずーっと打っていましたよね。その辺りはどうなんでしょうか?

例えばホールで一番人気って絆とか、地域性もあるけどマイジャグとかになるので、まど2って手薄になるんですよ。でも設定がそこそこ入っている。しかも、朝イチの変更判別で高設定なら何%が高確ってところも中途半端なんで、皆すぐに狙わないんですよ。だからカニ歩いてヒントを見つけやすい、というところが理にもかなっていると思います。

超合理的過ぎる梅屋メソッド。単なるまどマギ大好きおじさんではありませんでした

確かにまど2はどこのホールでも大体ちょっとはシマになってますね。

そうそうそう

では、そういう面もあるので梅屋さんの中では「勝てる機種」ということですね。

そうですね。勝てる機種です。

5号機で一番万枚を出した「月下雷鳴」

ちなみにモンハン月下の1位はどういった理由ですか?

月下も普通にゲーム性が凄い良かったので、導入直後からメチャクチャ打ってたんですよ。まあ、状況も良かったですし、看破もそんなに難しくないし。

僕はあんまりこういうこと気にしないんですけど、一個一個の初当りが夢があるじゃないですか。夢がある系の台で、かつ同時に勝ちを狙うことのできる台があんまり無かったんですよ。一撃万枚も割と出ますし。

そうですね。まあ一回当たればどうにかなるところはありますよね。

一個一個のストックが初当りってのが凄いことだと思うんで。

初当り=万枚チャンスみたいな。

そうです。初当りでストックが5個くらいあれば万枚行くかもしれない、って思える。5号機では一番万枚を出してるかもしれないですね。

「ディスクアップ」はとにかく打つべし!!

続いてAタイプの方をお伺いしたいのですが、アンケートではディスクアップ・B-MAX・バーサスとなっています。最近Twitterを拝見していると、その中でもかなりの頻度でディスクアップが登場しますが。

ディスクアップは甘いっていうところと、4号機のディスクアップがメチャクチャ好きだったんで、それも影響していますね。

現状では、バーサスはアクロス系の完成形かな、って思ってます。ゲーム性的に、いろんなバランスとか考えると。それがそのまま人気につながるとは限らないんですけど、完成形なんじゃないかと思うくらいよくできてると思います。

ちなみにディスクアップですが、実際にいわゆる103%というのは狙えるものですか?

また難しい話になっちゃいますが、皆「負けたから103%じゃない」とか言うんですけど、103%は103%なんですよ。大体負けた話聞くと、「同色が引けなくて」って、その時点でもうそんなワケないんですよ。全て設定1の確率で引いたら103%あるっていうので充分なんですよね。変な話、期待値が取れるんだったら結果なんてどうでもいいんで。

だから103%は103%だと思います。実際、ホールのデータを見ると本当に甘いんで。

では、狙いに行っても全然イケるんでしょうか?

狙いに行ってもいいですけど、勝つためだったら103%は足りないですよ。遊ぶための103%です。遊ぶためと保険のための103%です。103%では暮らせないんで。

ディスクアップを打っている人を「ディスクアッパー」「意識高い」と言われて、いわゆる初心者がアソコに近づきにくい風潮もありますが、どう思いますか?

それはしょーもないこと言ってんな、って思ってますよ。

今、SNSの時代になって、「ディスクアッパー」「上手いヤツ」とか何あったら叩いて「ヘタクソ」とか言う時代ですけど、実際ホール行って、100%できるヤツってほぼいないっすよ。みんなミスってます!だからその程度だし、みんなミスっても「ドンマイ!」って空気出すだけなんで。ちょっと怖いと思ってる人は一回行ってみるとわかりますよ。ヘタでも全然大丈夫です。

実際、ビタ押し成功率53%あったら100%は超えるんで、半分くらいできれば問題ないです!

じゃあ、その辺は怖がらずに「来い」と。

そうです。そんなヘタだからってバカにするヤツは多分リアルにはいないですよ。ネットとかでイキって書いてるヤツも、隣のヤツがそうだからってそんなこと言わないと思いますよ。

「ディスクアップに皆来いよ」兄貴はそう呼びかけた

確かに、いきなり隣の台のことを言ってくる人なんて…

見たことないですよ。

初心者でも飛び込んで来いと。

全然ですよ。全然OK。
何だったら隣の上手そうな人に聞いたら喜んで教えてくれると思います。むしろみんな教えたがりなんで。

ちなみにB-MAXやバーサス。特にバーサスはその完成形と伺ったんですが、いわゆるアクロスAタイプ全体含めて、面白いところや魅力を教えてください。

面白いところと言うと、リーチ目だったり演出とのちょっとしたカラミだったりするんですけど。ちょっと矛盾するかもしれないんですけど、総じてシンプルだから面白いんですね。変な演出があるワケでもなく、変なレア役や、めんどくさい同時当選などもなくて、純粋に昔のノーマルタイプと同じ感覚で打てると思います。

一般の人に言いたいのは、雑誌とかTwitterとか見てると、一枚役がどうだとか、この特リプがどうだとかあるんですけど、そんなのは気にしなくて、ただのリーチ目台で打っても全然打てます。

最近のノーマルタイプは全部そうですけど、ライターとかコアな人たちって一枚役がどうだとかこの形がどうだとか言うんですけど、一枚役ってリーチ目っぽく見せる為の役なんで、それを取る必要なんて大してないです。なので、普通にリーチ目として楽しんでもらえればいいと思います。

「6号機」ってヤレますか?

6号機がどんどん増えて来てるんですが、6号機全体の状況の印象ってどうですか?やれるorやれない?も含めて教えてください。

うーーーーーん、僕は5号機に変わった時も思ったんですが、パチスロは最高設定の機械割が101%にならない限り、機械的には全然食えるんですよ。

今だってもちろん110%超えるものもあるし。なので、食えるんですけど、問題なのは状況ですね。ホールの扱いと状況によりますが、それはしばらく経過しないと整わないし。でも、どうせ何とかなるとは思っています。

だから、みんなが「ホント、6号機ってつまんねーし打たねー」ってなったら、当然誰も打たなくなってホールが設定を入れなくなって、食えなくなるかもしれないですけど。どうせそんなことにはならないんで。

一時的にベニヤ板みたいになった5号機の時の様にキツイことはあっても、メーカーはやっぱり凄いんで面白い台を出してくると思うんで大丈夫だと思います。

それほど悲観はしていない、と。

はい。ただ、今はリゼロとちょっと前の鏡以外は旧基準機に負けてるんで。誰も座らないとホールも設定を入れる理由がなくなるんですが、あんまり人がいないけど6号機に力を入れてるって店を見つければ美味しいですけどね。

今はまだみなさんにはあんまりおススメはできないです。状況的に。無理して打つものではないと思う。

6号機のAタイプがこれから種類が出てくると思うんですが、6号機のAタイプに期待することってありますか?

BIGの枚数はしょうがないですね。

なので言えることは、アクロス系とかディスクアップみたいに面白い台を作ってくれれば。できれば甘い方がいいですけど、あんまり甘いのばっかりよりかは…理想は甘くなくてもみんなが打ちたくなる面白い台。

やっぱり僕は偽善者は嫌なんで、ホールは利益取れないとダメだと思うんですよ、いずれは。昔のノーマルタイプってそういうことなんですよね。ちゃんと1が100%を切るもので、でもみんなが打っちゃうぐらい面白いもの、っていうのを出していかないと未来はちょっと暗いんじゃないかな。甘いから打つばっかりでは良くないと思います。

勝ち負けがあって、かつ面白い台を待っている、とのことです

パチンコ、打ちますか?

機種系最後の質問ですが、パチンコって打ちますか?

スロットと同じ建物にあるんですけど、全く別の機械じゃないですか。もう、何もかも違うじゃないですか。勝ち方も違うし、打ち方も技術介入も違うのに、同じ建物にあるからって、僕はパチスロはそれなりの専門家と言う自負はあるんですけど、全く関係ないのに打つのは嫌なんですよ。ただのギャンブルになるんで。

なので、やりたくないのでやらないです。


勝つためには「勝とうとする意識」が必要。梅屋シンはそう言った。そしてその意識は台選びにも反映されていた。ただ好きな台を打つのではなく、勝つ為の台選択、その根拠が必要だと。そして勝つことを考えた上で楽しむゲーム性も忘れてはならない、と。

次回、スロットと同等の情熱を傾ける○○について、スロットと同じ熱量で梅屋シンが吼える!

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

207

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列