「全ては本能の命じるままに」釣り、サウナ、梅屋シンの熱すぎる愛を実感すべし!!【エキスパート 業界の流儀 梅屋シン編 #3】

バックナンバーはこちら

梅屋シン

パチスロ必勝本の看板ライター。立回り方、打ち方も踏まえた、勝利へのロジックを伝える事のできる第一人者。そして自身もストイックに勝ちへ突き進むイケメンスロッター。釣りとボスオレが大好き。
Twitter
https://twitter.com/shinumeya
ブログ
http://ameblo.jp/shinumeya/
Twitter(釣りアカ)
https://twitter.com/umeyafishing

パチスロ必勝本のガチスロッター梅屋シン、スロットに対して、そして勝利に対しての熱い想いを聞いてきた「エキスパート -業界の流儀-」

今回は梅屋が愛して止まない、アノ件とアノ件について聞いてみた。

結果、今回はスロットの話が一切出てこない事態に取材班は驚愕した。

釣りの「目覚め」「沈黙」そして「復活」

続いてですが、事前に書いていただいたアンケートの回答の20%が「釣り」という梅屋さんに釣りのことをお伺いしたいな、と。

なんでも聞いてください。

「釣り」の質問なら何でも返せる梅屋

まずは「釣り」との出会いからお伺いしたいのですが…

普通の釣りは幼稚園か小学校低学年辺りに父親とフナ釣りに行ったみたいな感じです。最初から好きでしたね

もう初釣りから楽しくて?

楽しかったと思いますよ。凄い田舎の生まれで自然と触れ合うのが大好きだったんで。

ご出身が奈良県でしたね。

そうです。虫取りとかも大好きで、その流れで釣りも好きで。そして、父親が割とアウトドアを子供にさせてくれる人だったんですよ。

それで、どこかのダムとかに、カヌーを乗りに行こう、ってなった時にブラックバス釣りしてる人がいて「めちゃめちゃカッコイイな」と思って、そこから始めました。

バス釣りを始めた頃はおいくつだったんですか?

それが多分小学校3年生とかぐらいですね。

もうじゃあ、そこから今まで全くブレずに?

いや、高校生の後半から大学ぐらいは、やっぱり若者が普通にしたいことがあるじゃないですか。恋愛だったり、あとは我々にとっては何もかも奪ったパチスロっていうものにハマってしまって(笑)
そこからは、あんまりやらなくなりましたね。

ずっと釣ってきた、ってイメージがあったので意外ですね。

大学出て、釣り雑誌に入ってからも逆に仕事なんであんまりやらなくて、また再燃したのは最近ですよ。大人になってパチスロライターやってホントに何年か経ってからです。

じゃあ、ライターになった頃も釣りはしてなかったんですね。

ホントに毎日パチスロ打たなきゃいけなかったんで、釣りに行く時間なかったです。ここ5年くらいじゃないですかね、また再燃したのは。

復活のきっかけはJANBARI!?

その釣り熱が再燃したきっかけとかはありますか?

きっかけはですね…多分みんなそうだと思うんですけど、今39歳なんですが、30後半になってくると、昔みたいにみんなと飲みに行けばストレス発散!とかでもなくなってくるんですよ。

大人になると色々ありますよね

あー、わかります。

すぐに人と仲良くなれるわけでもなくて、だから自分の時間を作りたいと思ったんですよ。趣味を持った方が精神衛生上もいいし、あと運動にもなるしっていうところで、久々にやったらめちゃめちゃ面白くてハマった感じですね。

その中でも凄いきっかけになったのがJANBARIさんのバトルオブドリームの優勝賞品でバス釣りロケに行ったのがデカイですよね。

そういえば、バス釣りだけの回がありましたね。

バトルオブドリーム(2016~2018):4人のライターが総当たりで対戦し、優勝者が叶えたい夢を負けた3人で予算を出しあって叶える番組。梅屋シンは優勝して「琵琶湖でバス釣りをする」を叶えた。梅屋のバックヌード(K2)が見られる、色んな意味で貴重な番組

琵琶湖にああやってガチで行ったことはなかったんで、琵琶湖をガチで釣りに行った時に「60(ロクマル)」が釣れるかもしれないって状況を経験したのがきっかけですね。

それからコジコジ(@Akhs_8008小島 明久:琵琶湖で梅屋のバス釣りをガイドしてくれたプロガイド)の船に5,6回乗ってますね。

今は釣りの種類はバス専門ですか?

ほぼ、ブラックバスオンリーです。ブラックバスとちょっとライギョをやるぐらいですね。

ななプレスの読者には全く釣りをしない人もいると思うんですが、パチスロしか知らない人に伝わる感じで釣りの面白いところを教えてほしいのですが。

それって凄い難しくて、釣りって誰しも1回ぐらいやったことあるじゃないですか。
親に連れられてだったり、親戚とキャンプでやるとかで。釣り好きになるヤツはそこで猛烈にハマるんですよ

「おもしれ~」ってなるんですよ。多分それってなんかあるんですよね。

本能的なものなんでしょうか?

そうです。その狩猟本能みたいなのが多分、釣り好きな人には備わってるんじゃないかと思います。

だからちょっと変わってるんですよ、釣り好きなやつ(笑)

僕自身も一度経験はあるんですけど、確かにそれっきりでしたね…

だからそこでハマる人とハマらない人はいるんですよね。

もう本能で合うか合わないか、みたいな?

そうですね。政府の機関とかが研究したら、脳のある物質が、釣り人と釣り人じゃない人とで違う、というのが多分あるんですよ(笑)

もう、DNAのレベルですね(笑)

だってめちゃくちゃ好きですよね、好きな人は。
自分でも、ちょっと理由はよく分からないですけど。

わからないですか(笑)

特にバス釣りなんて、ブラックバスっていう割と世間に批判されている魚釣って、食べもしないで逃して喜んでるだけですから(笑)

バス釣りをする時ですが、場所はいつも決まってるんですか?

湖とか川とかダムとかですね。

ああ、それで琵琶湖になるんですね。

琵琶湖が聖地です。今も年に2回は行ってますね。
泊まりがけで遠征します。琵琶湖は世界記録が釣れてるんですよ。そういった意味では琵琶湖は世界一ですね。

世界一でサイズってどれくらいなんですか?

10kgくらいです。

もう米袋の重さですね。

長さはそんなないんですよ。70cmオーバーだったか、と。
バスの世界的な基準は重さなんですよね。

ああ、大きさではないんですね。

そうです。僕は子供の頃からの流れで長さなんですけど、上手い人たちは重さで話します。

ちなみに今まで釣られた中で、一番大きなサイズは?

58cmです。重さは量ってないんですけど。

となるとやっぱりロクマルというのが目標になってるんですね。

そうです。僕の子供の時には60cmのバスって、日本じゃほぼ釣れないぐらいに言われてたんです。今は結構釣れるんですけどね。

なので、それなりに憧れがあって、死ぬまでに1回はロクマルを釣りたいなと思ってます。上手い人は普通に釣るんですけどね。

僕らにはなかなか釣れない(笑)

釣りには基本1人で行くんですか?

そうですね、1人で行きます。あと釣りオフ会ってのをやってて、そのメンツが誰か来てくれたりしますけどね。

釣りアカ(@umeyafishing)があるんですよね。

ツイートしたら来てくれたりしますね。1人で行きたい時は1人で行きます、何も言わずに。

梅屋式サウナ立ち回り術

続いての質問なんですが、「釣り」と同じくらいの頻度でTwitterのワードで「サウナ」が出てくるんですが。

あー、書いてますね。

シンプルに梅屋式サウナの立ち回り術をちょっと教えてほしいです。

サウナの話もしていいんですか?

はい、お願いします。

ガチスロッター兼ガチサウナーの梅屋さん

まずサウナのことをあんまり知らない人は「熱いだけじゃん」とか「水風呂冷たいじゃん」って言うんですけど、サウナの魅力ってサウナ入って水風呂入った後の休憩にあるんですよ

休憩までがサウナになるんですか?

そこが気持ちいいんですよ。

だからサウナは熱くて苦しくて、水風呂は冷たくて苦しくて当たり前なんですよ。そこでその2つをやることによって、交感神経が刺激されて気持ちよくなってくるんですよね。

熱くて苦しくなるまで入るっていう意味では、僕の基準は細かくなりますが、
① まずお風呂に入って
② 体を綺麗に洗って拭いて
③ サウナに10分から12分
④ 水風呂に2分
⑤ 休憩
⑥ 手順③から⑤を3回繰り返す

そうするといわゆるサウナ好き用語でいう「整う」って状態になるんですが、コレがめっちゃ気持ちいいんです。

その時間はキッチリ厳守って感じですか?

できれば厳守がいいんですが、でも熱いのは体調悪いと耐えられなかったり、サウナの温度にもよるんで、そこは無理はしない方がいいですね。

ただ、10分ぐらいは入った方がいいと思いますよ。

その梅屋式手順を終えて「整った」後の休憩時間が至福となる、ということですか?

そう、休憩して「至福~」って感覚が来るんですよ。
ちゃんと入ったことってありますか?

いやー、「熱さに耐える!」みたいな入り方しかしてこなかったですね。

あったら分かるんですよ、この感覚。そのサウナからの水風呂入って出た後の状態って、ちょっとしたトランス状態みたいになるんですよ。

それが気持ちいいんです。それが「整う」ってなるんです。そして、それを1回やって収まった後にまた入りたくなるんです。

普通の人はそれが3回ぐらいが限界なんですよ。

そうですね、僕は1回で終わっちゃいますね。その「入った」ことの頑張った感でもう満足してますね。

多分それだと水風呂もちゃんと入らないじゃないですか。

水風呂でめっちゃ体冷やさないとダメなんですよ。するとなんか、熱いと冷たいで気持ちよくなってくるんです。

僕がネタでよく言うんですが、「サウナがもっと認知されてれば、世の中のドラッグはなくなる」って(笑)

それくらいに気持ちよくなる、ってことですね。

合法ドラッグって言ってイイぐらいな気持ち良さはあります(笑)

お酒は飲めないけど気持ちよさを感じたい、って人がドラッグに手を出したりするケースもあるらしいんですが、そんなことでドラッグに手を出すくらいなら…

サウナにしたらいいのにって思いますね。

だからサウナのこの「ちゃんとした整い方」を世の中に認知させていきたいですね。サウナ好きからすると当たり前のことなんですけど(笑)

じゃあ、この記事を機会にサウナの本当の気持ちよさを知らない読者にも広めていきたいですね。

そうなんです。だから僕はTwitterに少しでもわかってもらおう、と思いながら書くようにしています。

わかりました!!サウナで整う人たちを増やしていけるように、ななプレスでもがっつりとまとめてさせてもらいます!!

いいんですか?こんなインタビューで(笑)

いや全然大丈夫です!!むしろ、こういうのが聞きたかったんです。


梅屋シンの釣りとサウナへの愛は、スロットと同等の熱気を感じることができた。

我々取材班は、この情熱を記事から伝えて、一人でも多くサウナーとアングラーが広がっていく一助になることを誓い、本章を終えることとする。

次回は「梅屋シンに聞きたい色々なこと」をお送りします。
梅屋シンの○○を写真に収めることに成功!?

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

157

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列