今度はすしざんまい!!あのTOYOMARUがまた色々な意味でスゴイことを始めたらしいので話を聞いてきた【エキスパート 業界の流儀 すしざんまい#1】

バックナンバーはこちら

これから陽の光を浴びる新台、今も記憶に残る名機、業界を震撼させるプロジェクト。それらに焦点を当て、作り手の想い、成功に隠された知られざるドラマの神髄に迫る「エキスパート~業界の流儀~」

今回は最新機種「Pすしざんまい極上」のリリースに当たり、その開発に注いだ情熱を聞き出すべく、エッジの効いた機種でお馴染みのメーカー・豊丸産業へ訪れたななプレス取材班。

名機かつ迷機の聖地、豊丸本社。不穏な天気はこれから始まる激しい取材の前触れだったのか…

取材班を待ち受けていたのは、本機の制作プロデューサー若林さんとまさかの「のばらちゃん」だった。

本機の開発責任者若林さん

なぜ「すしざんまい」なのか?

今回「Pすしざんまい極上」のリリースに当たって、なぜ「すしざんまい」なのか?という点についてお伺いしてもよろしいでしょうか?

これについては、会社から「CR餃子の王将」の後継機を作りなさいというお題のようなものが与えられました。なので、「同じ飲食業界のコラボができたらいいな」と色々検討している最中に、たまたまそういうお話をいただきまして。すぐに検討を進めました。

すしざんまいさんは沢山の方がご存知ですからね!

知名度もそうですし、やっぱり木村社長の存在感というか、キャラクターが際立っていたところがあるので、「これは作りやすいな」と。それで、「もうこれはいくしかねぇだろ」という形で選ばせていただいたというか、モチーフにさせていただいたという感じですね。

こういう異業種のコラボレーションは、今回の場合ですと豊丸さんからすしざんまいさんのほうにオファーをかけたんですか?

王将さんの時には弊社のほうからオファーをかけさせていただきました。今回のすしざんまいさんの場合は、弊社の協力会社さんから「こういう話があるんですけど、どうですか?」というお話をいただきまして。それで「いいですね!」って流れですね。

元々、台の液晶など表示の部分をやっている会社さんからのお話だったので、当然ですけど色々な管理の部分だったり版元さんの監修だったりとか、そういった部分ですごくやりやすいなっていうところもあったので、今回はそういう経緯でやらせていただきました。

では、今回はその液晶の協力会社さんの仲介でこのプロジェクトがスタートしたわけですね。

表示部分を作っている会社さんからも色々提案をしていただけるんですが、その提案の中の1つに本件があった、っていう感じですかね。

ちなみに「CR餃子の王将」はドットだったけど、今回はドット風液晶なんですよ☆

今回のドット部分はドット風液晶だったんですね!

そうです。今回は液晶なんです。

ドットのようでドットでない、ドット風液晶

今回、かなりドットの解像度が上がったなと思ってましたが、液晶だったとは予想外でした。

液晶なんですが、ドット風に見せてあえてそういう雰囲気を出してみました。

なので、今までの「CR餃子の王将」を作っていたスタッフさんを、そのまま「すしざんまい」にスライドさせられると。企画、制作に至るまで全て同じスタッフでやらせてもらったという感じです。

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

113

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列