立った!立ったよ!って何が立った!?TOYOMARUが毎度おさわがせします!【エキスパート 業界の流儀 すしざんまい#2】

バックナンバーはこちら

現在も絶賛稼働中である「CR餃子の王将」の正統後継機「Pすしざんまい極上」開発へのこだわりに迫る今回の「エキスパート」

豊丸産業の開発責任者、若林さんと豊丸公式キャラクターのばらちゃんを迎え、ユーザーを激しく一喜一憂させる役モノギミックのこだわりに迫る。

一番のこだわりは「バランス感覚」

「Pすしざんまい極上」開発責任者の若林さん。今回、彼のこだわりが火を吹きます

「Pすしざんまい極上」の開発についてお伺いします。
スペック面で気をつけたことやこだわりはなんでしょう?

一番気を使ったのは、遊技感を重視したバランスの部分ですね。

ギミックがメインの機械って大量出玉のイメージがすごく強いじゃないですか。当然その大量出玉を狙いにいくんですが、出玉が多ければ多いほど確率が重くなるんですよね(笑)

確率を重くしすぎちゃうと、今度は「なかなかデジタル回らない割に全然当らないよね」ってなって、「じゃあこれどうやったら当るんだ」ってなるじゃないですか。

この手のタイプは、大量出玉の部分もあるんですけど、それを「おかわり」で引き戻すっていうのが一つの魅力だと思うんです。確率が遠くなると当然引き戻しも難しくなるので、そのバランスなんですよね。

確率を軽くするのは簡単なんですよ。ギミック辛くしちゃえばいいんで。
ですが、ギミック辛くしちゃうと結局は回らなくなるんで(笑)

1回デジタル回すだけで、大変になっちゃいますからね^^

1回転させるのにすごい時間かかると、「なんだこれ」ってなっちゃうんで。その辺りは今まで「CR餃子の王将」とかで今まで蓄積されてきた知識や経験が役に立ってますね。

遊技感やバランスを損なわないように作ってみた結果がこれっていう感じですね。

だから、今回の「Pすしざんまい極上5700」は、CR餃子の王将3のメガ盛7000の確率とほぼ同じぐらいに確率を合わせてるんですよ。ここまでだったらおかわりに期待して打ってくれるだろうと。結果を出せた機械なんで、そこに合わせにいく。当然、デジタルが回る時間的な感覚も合わせにいってます。

なので、ユーザー様が受ける遊技感の印象っていうのは、CR餃子の王将3のメガ盛7000とほぼ同じになるように機械を作ってます。

では、今まで「CR餃子の王将3」を打っていたユーザーの人はそれに近い感覚で「Pすしざんまい極上」も打てるだろうと。

そうですね。

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

109

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列