変態じゃないんです!既成概念を打ち壊してるだけなんです!牙○より先に世界が変わるハズだったんです!【エキスパート 業界の流儀 すしざんまい#4】

バックナンバーはこちら

いい意味で色々吹っ切ってるメーカーこと豊丸産業の最新機「Pすしざんまい極上」のリリースに伴い、その吹っ切れ具合に迫っている今回の「エキスパート」

最終回は「”どうかしてる”でおなじみ」「変態メーカー」「名(迷)台製造機」と異名を挙げるとキリの無い超個性派メーカー豊丸産業、その変態メーカーの変態たる所以、その源流に迫る!!

変台メーカーの矜持はやっぱり「オンリーワン」

お話は引き続き若林さんと豊丸公式キャラクターのばらちゃんでお送りしています

では、ラストはのばらちゃんに「豊丸について」お伺いしていきます。

ハイ、よろしくお願いします!

ありがとうございます。では最初に「豊丸ならではのこだわり」について伺いますが、Wikipediaでは「変態メーカー」って書かれていたりしますが…(笑)

そうですね…( ̄▽ ̄;)

今回、過去のラインナップを改めて拝見しましたが、僕も大好きでよく打っていた機種がたくさんありました。その中で「豊丸らしさ」というか、こだわりというのは何かあるんですか?

弊社の企業理念の中に「アミューズメンツ イノベーション」というテーマがございます。

「楽しさ」を核とする、社会に有用な製品・サービスを提供していくというもので、それをもとに製品づくりをしているんです。

その「アミューズメンツ イノベーション」の課題の一つが「既成概念を打ち破る新しい製品を作り出す」という点で、そういったところが私たちのこだわりになりますね。

今までにない「オンリーワン」を目指すことをがんばっています!!だから、意外に真面目に取り組んでいるんですよ。若林さんみたいに「真面目に遊んでいる」みたいな感じですね(^^

大マジですよ(笑)

僕個人の印象としては、おバカなコンセプトでやっているやつほど、結構周りのディテールがしっかりしていますよね。

今回の取材にあたり、改めて「女子ザジャイアント」を打っていたら、飛行機のメカニックデザインやアニメーションが、普通に作りこみがすごいなって思いながら打っていました。大枠は大枠でまた別の凄さがあるじゃないですか(笑)

オリジナルストーリとしてもかなりこだわってつくりましたから…(^^;

それも「アミューズメンツ イノベーション」として、他にはないものを既成概念にとらわれずにやろうという感じなんです!

他とは違う角度で、すごいところに全力で挑んでいるという、その全力具合がすごいなと思いながら見ていました。

今回の「Pすしざんまい極上」もやっぱりその一つだと私は思います。機種名を聞いただけでもすごくインパクトがありますが、「どんな製品にするんだろう?」「豊丸にしかできないよね」というのが豊丸産業らしさですね!

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

24

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列