【新生アイムジャグラーEX インタビュー 後半】旧アイムからの変更点を北電子川﨑さんに直接聞いてみた (1/3)

【新生アイムジャグラーEX インタビュー 後半】旧アイムからの変更点を北電子川﨑さんに直接聞いてみた eyecatch-image

バックナンバーはこちら

12月14日より全国のホールで満を持して導入がスタートした「アイムジャグラーEX」。

導入にあたり、新生アイムジャグラーEXの気になるところを余すことなく北電子さんに直接聞いてみるインタビュー企画、2日連続配信の後半です!

>>前半はこちら

アイムジャグラーEX 画像1引き続きリモートで「ジャグラーのレジェンド」川﨑さんにお伺いしていきます

お答えいただくのは前半から引き続きのご登場となりますジャグラーに最も近い人として知られる顧客需要調査室室長の川﨑俊也さんです。

後半では、「6号機でどうやってこのスペックを実現できたのか!?」と業界の内外を問わず驚きの声が上がったほどのこだわりの開発ポイントや、これまでと変わらないままより遊びやすさを追求したリール配列や打感についてお伺いしました!

開発のポイントは「全て」

アイムジャグラーEX 画像2新しいアイムジャグラーEX開発のポイントは?

アイムジャグラーEX 画像3では次に6号機でジャグラーを開発する難しさについてお聞きしていきたいと思います。アイムジャグラーを6号機で開発するうえで一番難しかったポイントはどこになりますか?

アイムジャグラーEX 画像4一番?いや、全てですね。

アイムジャグラーEX 画像5全て(笑)

アイムジャグラーEX 画像6逆に唯一簡単だった部分を挙げるなら、4号機から5号機に向かってのアイムジャグラーと違い、5号機から6号機に向かってのアイムジャグラーはリール配列や制御をある程度そのまま使えたところですね。

4号機から5号機に変わった時はリール配列は全て作り直しだったんですよ。

アイムジャグラーEX 画像7たしかに今回は中リール以外は全く同じ配列になっていますよね。

アイムジャグラーEX 画像8今回のアイムジャグラーはこれまでのアイムジャグラーで使っているリール配列をそのまま使用できたので、そこに関しては比較的スムーズに開発できたかなと思います。

アイムジャグラーEX 画像9内部的な面ではどうでしょう?
前半でも出ましたが、6号機の出玉試験ではボーナスが連チャンしてしまうと400Gや1600Gの上限差枚を簡単に超えてしまうからノーマルタイプはどうしてもマイルドになってしまうという話もありますよね。

アイムジャグラーEX 画像10あまり詳しくは言えないですが、多分他のメーカー様はマネするのも難しいかと思います。

アイムジャグラーEX 画像11北電子さんだからこそ実現できたスペックなわけですね(笑)

やっぱりアイムジャグラーのスペックが発表された時は「よくこのスペック出せたね」みたいな声で溢れていたと思うんですが、そういったユーザーの反応に対しての手ごたえは感じていらっしゃるんでしょうか?

アイムジャグラーEX 画像12ジャグラーとして出す以上は他メーカーの方が見てもホール関係者の方が見てもご遊技いただくユーザー様から見ても「よく頑張ったな」と言っていただけるスペックを実現できたつもりなので、こちらの思惑がそのままダイレクトにユーザー様の声に表れているのかなと思います。

アイムジャグラーEX 画像13こういった反応になるようなスペックじゃないとそもそも出していないということですね。

アイムジャグラーEX 画像14でも正直めちゃくちゃ大変ですよ(笑)

アイムジャグラーEX 画像15やっぱり我々ユーザーには想像できないレベルで大変ですよね(笑)

アイムジャグラーEX 画像16大変ではあるんですが、私が北電子に入社してからの33年間で純Aタイプに準ずる機械が市場から0になった事は1回もないですし、どんな状況でも純Aタイプを好まれる方が必ずいました。

純Aタイプの機械を出せばご遊技いただけるんですよ。だから北電子は純Aにこだわるんです。

アイムジャグラーEX 画像17だからどれだけ大変でも6号機で純Aを作り上げたんですね。

アイムジャグラーEX 画像18そうですね。これ以上のスペックを求められても正直現状では無理です(笑)

余談ですが、仮に旧アイムジャグラーシリーズと今回のアイムジャグラーが同居しているホールに私が遊びに行ったと仮定した場合、間違いなく新しい方を打ちます。何故なら面白いから。

アイムジャグラーEX 画像195号機ジャグラー全般と比べても面白いですか?

アイムジャグラーEX 画像20自信を持って面白いと言えますね。

新曲や新規プレミアムもたくさんありますし、例え出玉が伴わなかったとしても明日もまた打ちたいなって思っていただけるように仕上げたつもりです。

筐体に余計な物は必要なし

アイムジャグラーEX 画像21ではこの流れで新規要素について伺っていきたいと思います。まず最初に思いつくのが新筐体ですが、新筐体にするというのが開発時の前提としてあったんでしょうか?

アイムジャグラーEX 画像22はい。ずっと使っていたアイムジャグラーの筐体がかなり年数も経ってましたので、まあ車でいうところのフルモデルチェンジをそろそろ考えていたタイミングではあったんですよ。

アイムジャグラーEX 画像23あ~ちょうどタイミングもよかったんですね。では、新筐体はどういったコンセプトで開発されたのでしょうか?

アイムジャグラーEX 画像24やはり旧アイムジャグラーと比べて全く違和感なく打てるような筐体にする、というところでしょうか。

筐体開発時に一番気を付けたのは新筐体にするからといって余計な役物を付けたり、液晶付けたり、ガチャガチャ動くものを付けたりせず、「どこが変わったの?」って言われるようにしたことです。

アイムジャグラーEX 画像25それは間違いないですね。ジャグラーだけはクラシックな筐体を貫き続けて欲しいとパチスロ打つ人の大半が思っていると思います。

アイムジャグラーEX 画像26そうですよね。
ホールに残っているアイムジャグラーEX-AEと告知なしで入れ替えたら気付かないかもしれないですよ。

アイムジャグラーEX 画像27下パネルでは判別できないですもんね。

アイムジャグラーEX 画像28これは旧アイムor新アイムどっち?

アイムジャグラーEX 画像29はい。ジャグラーに洒落たカッコいい筐体なんていらないんですね。四角張っててこれぞ回胴式遊技機という筐体がこれまでのアイムジャグラーだと思うので、新筐体ですけどあえてその無骨さを残した筐体に仕上げました。

アイムジャグラーEX 画像30ジャグラーはジャグラーを貫き通すということですね。

アイムジャグラーEX 画像31そうですね。ジャグラーに余計なものは必要ありませんから。

この記事を共有

いいね!する

10

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る