嵐が必勝本ライターになるきっかけは「射駒タケシ」 最強マルチライターの真の姿に迫る! (1/4)

嵐が必勝本ライターになるきっかけは「射駒タケシ」 最強マルチライターの真の姿に迫る! eyecatch-image

バックナンバーはこちら

嵐プロフィールパチスロ必勝本の人気ライター。ガチガチな機種解説から、変則的なバラエティーまでこなすマルチライター。スロットに対する愛情が伝わる解説と、スロットにその愛情が届かないヒキを持つ。
Twitter
https://twitter.com/anotherarashi

人気ライターに業界での成功の秘訣や隠れた一面に迫る「エキスパート」。今回は

嵐ライター・タレント図鑑

パチスロ必勝本の人気ライター嵐さんです。

いかつい外見と繊細な身体を持ち、原稿から機種解説動画、バラエティー企画、罰ゲームまでこなす最強マルチライターの真の姿に迫ります!

いくぜプレス!(@あしの

25歳ギリギリの挑戦、きっかけは射駒タケシ

嵐 画像3年齢39歳ということですが今年…。

嵐 画像4今年40歳ですね。

嵐 画像5不惑を迎えるんですね。

嵐 画像6そう、不惑なんですけど、もう惑いまくりです。

今日もだいぶホールで惑ってきましたから(笑)

嵐 画像7今日はどうだったんですか?

嵐 画像8今日、番長3を(設定)5って言い張って打ってきました。

 

嵐写真「絶対5だったハズなんですよ」と疑わないその目。いつも動画で見ていた嵐さんは本当に実在していました

嵐 画像10やっぱりイメージどおりの嵐さんの打ち方ですね(笑)

ちなみに、ライターとしてのキャリアは何年ぐらいになるんですか?

嵐 画像11曖昧なんですけど、25歳の時に始めてるはずなんで、多分15年目とかになるはずです。

嵐 画像12ライターになった経緯ときっかけをお伺いしても良いですか?

嵐 画像13元々、初めてパチスロ雑誌を買ったのが「パチスロ7」っていう漫画誌でした。

そこに射駒タケシさんの「やんちゃブギ」っていう漫画の第1回がちょうど始まった時の号を買って「ああ、こんな職業があるんだ」と「パチスロライターっていう人がいるんだ」っていうのは凄い強烈に印象が残ってたんですね。

それからずっと「パチスロライターになりたいな」っていうおぼろげな願望はずっとあったんですけど、フリーターに毛が生えたようなことから先輩の手伝いで入った清掃会社で会社員になったんです。

それでなかなかライターに挑戦する機会は無かったんですけど、ちょうどパチスロ7を買い続けてて、ライター募集の広告がパッて出たタイミングがあって、そのとき25歳までっていう年齢制限があったんですよ。で、これやばいと。

嵐 画像14年齢がギリギリ。

嵐 画像15もう今挑戦しないと、絶対に後悔するなと思って。

ちょうどそのタイミングで会社も辞めようと思ってたんで、会社を辞めて履歴書送ったら、面接してもらえて受かったっていう流れですね。

嵐 画像16じゃあ、なろうと思って1発で。

嵐 画像171発で運良く受かりました。

嵐 画像18そのときは履歴書と何か作文的なものとかってあったんですか?

嵐 画像19ありましたね。それが今でも色んなところでネタにされてるんですけど、当時履歴書とバストアップまでの写真と顔写真と作文っていうのが条件であって。

作文は「私の武器」っていうタイトルだったんですよ。

でまあ、武器って考えると例えば目押しが上手いとか、パチスロでいくら勝ってるとか、そういう話は多分色んな人が書いてくるだろうなと思ったんで。

僕の武器は「ひのきのぼうとぬののふく」です、と。基本的に何もありません。ただやる気だけはあります、みたいなのを作文として書いたら、そういうことを書いてくる人が今までいなかったらしくて。

それで興味を持ってもらえたのと、あと写真も多分普通の写真を送ったら目立たないだろうなと思って、ホストの方とかVシネマの俳優さんとかが撮ってもらう写真館に予約して、超デカいバストアップの写真を撮ってもらったんですよ。

そしたらそれも「何か変なヤツが来たぞ」みたいなので目に留まって採用してもらえましたね。

嵐 画像20じゃあ、そのときからもうライターとして。

嵐 画像21そうですね。今は辞めちゃってるんですが、当時の編集長が適当な方で。

まず、面接のときも夕方5時ぐらいだったと思うんですけど「5時に編集部に来て」って言われて行ったらいなかったんですよ。それで15分ぐらい待ったらベロベロで来て「いや~ちょっと送別会やっててさ~」みたいな感じで来たんですね。

「連絡するね」って言われてから1ヶ月連絡がなくて、どうなったんだろなと思って電話したら「ごめんごめん、忘れてた」って言われて、その日行ってライターとして始めたんですよ。

その編集長が「俺はお前をライターに育てるのが最後の仕事だ」ぐらいのことを言ったと思ったら、今日は「お前はライターに向いてないから編集をやれ」とか毎日ころころ変わってて、僕のライターの立場も結構ころころ変わりそうだったんですけどね。

まあ一応「ライターとしてずっとやりたいんで」って言ったんで、ず~っと一応ライターではいるとは思います。

 

この記事を共有

いいね!する

831

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

関連記事

ランキング

  • 24時間

  • 週間

  • 月間

TOPに戻る