HYO.がライターになったきっかけはコラム企画!デビューを勝ち取るも上京拒否? (1/3)

HYO.がライターになったきっかけはコラム企画!デビューを勝ち取るも上京拒否? eyecatch-image

HYO.

HYO.プロフール宮城県出身のパチスロライター。警備会社を経てパチスロ必勝本ライターとしてデビュー。制御や出目に対する知識と深い愛情を持ち、対人戦のスペシャリストとして心理戦にも長けたトリックスターとして人気を集める。現在はYouTuberとしても活動中。
Twitter
https://twitter.com/o_hyou_san
HYO.LIVEチャンネル
https://www.youtube.com/user/TheChuukenn
Mildomゲーム配信
https://www.mildom.com/11322578
LAST ORANGE 公式ファンクラブ「ORANGe+」
https://fanclove.jp/club/orange-plus

パチンコ・パチスロ業界のスペシャリストに迫るインタビュー企画「エキスパート」

今回のスペシャリストは

HYO.ライター・タレント図鑑

パチスロ必勝本のライターにして、HYO.LIVEチャンネルで実戦動画生配信も行っているHYO.さんです。

第1回はHYO.さんのライターになったきっかけや印象に残った仕事、HYO.LIVEチャンネルのことなどを聞いていきます。

HYO. 画像3ライターになるまでの色々あった話からスタートです!

きっかけはコラム企画!

パチ/スロ業界のキャリア(何回目) 丸15年 これまでの経歴(職歴) 警備員→ライター

HYO. 画像6ではまず経歴から伺っていきます。業界歴が丸15年で警備員からライターになったそうですが、きっかけとその流れを教えてください。

HYO. 画像7当時、警備員の仕事をしながらパチスロでも稼いでいたんですけど、まだネットにある情報がタダで手に入る時代じゃなくて、攻略誌の携帯サイトを有料登録して情報を得てました。

HYO. 画像8やっぱり必勝本のサイトに登録してたんですか?

HYO. 画像9そうですね。必勝本の情報は特に早かったので、登録してコラムとか読んでました。

そしたらそこでライターの募集をしてたんです。コラムを送った中から選ばれた数名が毎週1本ずつコラムを上げて、読者投票で1位を一定回数取ったらライターになれるっていう企画があったので、書いてみようかなって思いました。

正直、当時掲載されてた人たちのコラムを読んで、素人ながらに「これだったら勝てるんじゃないかな」って思っちゃったんですよ(笑)

HYO. 画像10いけるなと(笑)。それは知識とか内容、文章も込みで?

HYO. 画像11文章的に自分の方が面白いことを書けるんじゃないかと思ってコラムを送ったら、「ライター登竜門」っていうオーディションに出るように言われて、そこで優勝したんです。それで上京することになりました。

人生のターニングポイント 警備員やりながら必勝本のケータイサイトにコラムを送ったこと

HYO. 画像13これがターニングポイントにもなってますね。

HYO. 画像14そうですね。

HYO. 画像15応募した時はどのようなことを書かれたんですか?

HYO. 画像16どうだったかな。結構下ネタゴリゴリのやつで、言葉遊びを多用してたと思うんですよね。

HYO. 画像17HYO.さんらしいですね(笑)。それまでも文章を書かれていたんですか?

HYO. 画像18一切書いてないんですよ。

HYO. 画像19では文字通りデビュー作だったんですね。

HYO. 画像20そうですね。警備員の仕事ってめちゃめちゃ暇で、一日中受付みたいなとこに座ってるんですけど、窓の外からは手元が見えない作りになってたんです。

携帯を触ってる人もいるんですけど、僕はハリー・ポッターとかファンタジー小説にハマって毎日読んでたので、それで自ずと文章力が付いたのかもしれないですね。

HYO. 画像21時間の有効活用ですね

HYO. 画像22動画で拝見しましたが、一度ライターの話を断ったそうですね。

HYO. 画像23「東京に出てきなさい」って言われたんですけど「嫌です」って言いました(笑)

HYO. 画像24上京したくなかったんですか?

HYO. 画像25最初はフリーのライターとして来いって話だったんですよ。当時仙台で暮らしてたんですけど、その時のスロットの状況だと自分がジグマしてる店に行けば食えたんです。それを捨てて上京して、しかも仕事があるかどうかわからないなんてそりゃ行かないですよ。

でもすぐまた連絡がきて「それなら固定給20万払う」って言われたんですけど、安いからって断ったら激怒されました(笑)。これは関係悪くなったかなって思ってたんですけど、また電話がきて「30万ならどうだ?」ってことだったので上京を決めました(笑)

HYO. 画像26編集長も嬉しかったでしょうね(笑)。他にライターさんで固定給の方はいらっしゃったんですか?

HYO. 画像27いなかったですね。ただめちゃめちゃ雑誌が売れてて、パチスロ部門が好きに金を使えたんです。

ちょうど文章の校正をする人がいなくてそこに時間がかかっていたので、できるやつを雇おうと僕が呼ばれました。

HYO. 画像28待望の人材だったんですね。

HYO. 画像29でもすぐに会社に行かなくなりましたね。誰も気づいてなかったので家で寝てたり、パチスロ打ったり遊び惚けてました(笑)

HYO. 画像30動画でも「出勤しなくても怒られなかった」と仰ってましたね(笑)

HYO. 画像31そうなんですよ。雑誌って何班かに分かれてやってるから、僕がいなくても「あいつ今日もいないけど、きっとあそこの仕事やってるんだな」って思うんです。でもよくよく聞くとどこにもいない(笑)

HYO. 画像32実際どれくらいの期間気づかれなかったんですか?

HYO. 画像33最初の2ヶ月は真面目に行ってたんですけど、月末の忙しい数日間以外はそんなに仕事が来ないんです。しかもその時期になると、僕も編集部のみんなと他の仕事に駆り出されて、校正の仕事はしないからいいやって思っちゃいました。

その状態を半年くらい続けたら「1人でデカいライティングの仕事をやれ」って言われて、仕返しというか固定給以上の仕事をやることになったんですけど、その後さらに月給を上げてもらったので、1年半くらいは固定給をもらってその生活をしてましたね。

HYO.写真意外と長く続けてました

HYO. 画像35その時からライターネームは飄だったんですか?

HYO. 画像36最初からですね。

HYO. 画像37その由来は何だったんでしょう?

HYO. 画像38「これだ!」って最初から決めていたわけじゃなくて、ペンネームを決める時に、どんな風にやっていきたいのか聞かれたので「飄々とやっていきたいな」というところからこれにしました。

表記もひらがなか漢字か考えてた時に「うしおととら」の「鏢」というキャラクターから、漢字にしようって決めました。でも「鏢」はパソコンで出づらいから風が入ってる「飄」にしたんですけど、それでも出づらかったですね。

※うしおととら: 週刊少年サンデーで連載された人気漫画。主人公の少年、潮(通称:うしお)が妖怪のとらと共に、「獣の槍」を武器に最強最悪の大妖怪「白面の者」と戦う物語。鏢は符の力を用い妖怪を退治する符咒士。

HYO. 画像39「ひょうひょう」と打たないと出ないですよね。そこから現在の「HYO.」に改名されたのは何がきっかけだったんですか?

HYO. 画像40読めないって言われたり、ひょうたんの「瓢」と間違えられたり、ややこしいので変えたかったんですよ。

それで姓名判断をやってみたら、「HYO」にもう1画足すとバッチリだって出たんです。そこで「あ、ドットつければいいんだ!有利区間をつけよう」って思ってそれにしました。

HYO. 画像41漢字でも点をつけたりして画数を調整することがあるみたいですね。

HYO. 画像42ありますよね。うちの親父と息子もそうしてます。

HYO. 画像43ちなみにライターでやっていけるなと思ったのはいつ頃でしたか?

HYO. 画像44ないです(笑)。警備員は給料も安かったし、将来性もないし、ずっとやっていくことを考えたらまだこっちの方がいいやっていう感じだったんですよ。だから今でもなんとなく続けているところがちょっとあります。

4号機の落ち目から入ったんで、5号機になってとんでもない真冬になったり、少し盛り上がってライターバブルがあったりしましたけど、それも一過性のものだろうなって思ってました。

やっぱり6号機でまた落ちてきてて、そりゃそうだよなっていうのもあるんで、ライターの仕事はいつなくなってもおかしくないなって常に思ってますね。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

71

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

TOPに戻る