常勝は最初から常勝だった!?イトシンさんを尊敬はしないけど好きになったイイ話をワサビさんが教えてくれました【エキスパート 業界の流儀 ワサビ編 #1】

バックナンバーはこちら

ワサビ

常勝理論でおなじみの理論派スロッター。正統派のガチキャラながらも、楽しむための打ち方から勝つための立回り方まで硬軟を問わず、その面白さを伝えることのできるAタイプの伝道師。

エキスパート、それは専門家、それは達人、それは道を究めた神々の視界。パチ/スロ業界に関わるエキスパートのエキスパートたる所以は何か、その神髄に迫るインタビュー企画。

今回は

ガチスロッター、Aタイプ職人、高学歴、プロ雀士、様々な顔を持つ常勝スロッターワサビ。その肩書きはキリがなく、なのに経歴やプロフィールは謎が多い。わかっているようでわからなかったワサビの謎とその常勝のロジックの神髄に迫る。

デビューから常勝!最初は「見」

まず経歴の部分からお伺いしたいのですが。YouTubeの視聴者世代ってワサビさんがどういった経緯でライターになったのかがわからない世代も増えてきたと思うんですが…

わかってない(笑)そういわれるとそうですね。

今回の取材にあたって調べさせてもらったんですが「P-mart」の辺りからやっぱりフワっとしてしまったので(笑)

まずはスロットとの出会いからお伺いしていきたいのですが、ネットのウワサを調べさせてもらうと、高校生説と22歳説があったんですが。

その真ん中ぐらいですね。21ぐらいですね。

最初のきっかけって何だったんですか?

高校卒業してから4年か5年ぐらい浪人したんですけど、周りを取り巻く環境っていうか友達になった人達が、どうやらスロットで食ってるって聞いたんです。
それでスロットを教えてもらうようになってから実際に打つまでの半年から1年くらいはただ見てただけでした。

ホールに行って全く打ってなかったんですか?

打たずにです。

じゃあ見(ケン)の状態ですか?

見というか、「どうやって勝ってんのかな」と。その頃だったら「リプレイはずし」「目押し」とかどうやって上手くなってるのかと、全部まずは目で盗もうかな、って思ったんですね。自分のお金使ってたら意味ないんで。

それで見てるだけの状態があってから、いざデビューを迎えるんですね。

ネットで見た情報になっちゃうんですけど、友達から6枚だけもらった分で…。

あ~、そうでしたね、それもありました。

1回いつも通りそうやって見てたんですよ。山佐の「ビッグウェーブ」って台だったんですけど、その台で友達が打っていて6枚だけ貰ったんですよ。それでペッてやったら当たっちゃってビッグになっちゃったんですけど、それが2連チャンしたんですよ。それで7,000円だか8,000円だかになって、じゃあこのお金だけはいつかスロットに使おうと思って。でまたそこからしばらく見だったんですけど。

それと山佐の「シーマスター」っていう台があったんですけど、それの新装初日に打ちに行ったんです。当時の新装は今と違って、お祭りが基本だったんで、絶対入ってたんですよ。そして打ったら設定6で。まぁ、初めて打ったんですけどリプレイはずしも結構難しいんですけど「シーマスター」は、なんか見よう見まねで出来たんですよ、その辺で学んできたから。

見の成果だったんですね。

で、いきなり閉店まで打って5,000枚ぐらい出て…、それがスタートでした。

そこから実際負けなしというか、マイナス域には…。

マイナス域にはならない感じになっちゃいますね。そしてそのまま…

今に至ると…。

まぁ、そうだと思いますね。

 

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

114

関連記事

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列