「ぼくらの」「ひぐらしのなく頃に」「GS美神」バッドエンドと内臓大好きヒラヤマンが考える「死」の定義とは!?「蒙古タンメン中本 北極」もハバネロも余裕!?ラストまでHOTな激辛トーク!

ヒラヤマン

パチンコ必勝本CLIMAXからライターデビュー、瞬く間に人気女性ライターとなる。2019年11月からフリーライターとして再出発。パチンコへの情熱溢れる解析と打ち方には定評があり、スロットにも幅広く対応できる。博多弁がトレードマーク。
Twitter
https://twitter.com/hirayaman2
ブログ
https://p-town.dmm.com/writers/hirayaman
ひらやまんCH
https://www.youtube.com/channel/UCK5l0WsarLE0UcXQRvba1lQ

「エキスパート」ヒラヤマン編、4回目です。

ついにラスト回となった今回は、「エキスパート」史上初のテーマ「死」について伺いました!

内臓大好きライター、ヤマンさんの考える「死」とは一体!?最後まで「激辛」でお送りします!

オフの過ごし方、身に着けたいことが「死について」!?一体どういうこと?

今回はちょっと変わったお話です

続いて、「マイブーム」「オフの過ごし方」「身に着けたいこと」の全てで「死」についてということなんですが。

もう、すごく死について考えますね。

これはどういったことを考えるんですか?

昔からなんですけど、死んだらどこに行くのかって永遠にわからないじゃないですか。

死んでみないとわからない。そして死んだ瞬間に謎は解けるけど、死んでしまってるので結局わからない(笑)

死んでますからね(笑)

そう。だから、なんて言うんだろう?パラドックス?みたいな感じですかね。

果てのない感じですか?

そうですね。

少し似ているかもしれないんですが、僕も昔「何もないとはどんな状態?」を考えてたことがあったんですね。

「何もない」を考えると「透明なもの」をイメージするんですけど「透明なもの」があるのは「何もない」じゃないんだな、と。ずっと考えては結局答えが出ない感じで。

そう!何も答えが出てこないんですよ!

多分、その答えがないことを考えるのが好きなんですよ。それだけでも1時間とかすぐ過ぎちゃうんです。

アラフォー世代以上の方だと「死んだらどうなる?」と聞かれたら丹波哲郎を思い出したりしませんか?

結構ぼ~っと、脳が広がる感じですよね。

それが、そういう時間が好きなのかもしれない。

でも、やっぱり「死」について知りたい、っていうのももちろんあって。

今年じいちゃんが亡くなったんですね。もちろん悲しいんですけどちょっと羨ましいというか…じいちゃんは謎が解けたんだ!っていう(笑)

自分の中で「死ってこうだろうな」という、現時点での答えやイメージってありますか?

幽霊がいるとしたら、死後の世界があるわけじゃないですか。そして「死後の世界があるのかないのか」ってところから疑問があるんですね。

もし、幽霊がいたとして「幽霊はこの世に未練があって成仏できない」と言われているけど、そんな人いっぱいいるじゃないですか。そしたらもう、幽霊だらけ。増える一方だからそんなこと有り得ないじゃないかって思って。

そう考えると、死んだら「無」説が正しいんじゃないかなって思います。

そうですね。戦国時代の幽霊がここにいるって言われたりしますけど、その後から現在まで500年間の幽霊はどうした?っていう話ですもんね。

戦国時代だけでも、もう未練ある人しかいないから(笑)

ギュウギュウ詰めになっているのかなって、そう考えたらやっぱり変だし有り得ないじゃないですか。

では、今のところは「無」説が有力。

う~ん。幽霊は無理あるんじゃないかなって思いますね。

地上波で心霊番組っていつからしなくなったんでしょうね?

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

180

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列

  • 1:2020-01-16 15:58:22マジな話すると霊ってのは存在するんだけどね。俺は死後の世界はあると思う。天国と地獄ってのは俺の考えだとない。恐らくだが生まれ変わるかそれとも生前罪をおかしてたらその罪をあの世で償い許しが出れば生まれ変わる事が出来ると思ってる
  • 2:2020-01-15 16:28:03アニメもゲームもパチンコもスロットも結構突き詰めていくタイプやから仕事も頑張れてるんやろなぁ😁
  • 3:2020-01-15 15:02:38やまんちゃんの色んなことがわかって楽しく拝見しました! 死後の世界は流石にわからないけど 母親が生死の境にいた時、塀の向こうが恐らく天国で 塀の向こうの綺麗な服を着ている人に向かって走ると低かった塀がドーンと目の前で上に伸びて思うように向こう側に行けなかったと話してました。それで目が覚めてこちらの世界に帰って来たのかなーと思います。それを聞いてから死後の世界ってあるのかなぁーと少し思うようになりましたね(^_^;)