ピンクのつなぎは編集部の倉庫で見つけた!? サラリーマン「こしあん」が、でちゃう!に入るきっかけから炎上事件まで語り尽くす!

こしあん

岐阜県出身。「でちゃう!」の編集部員。ピンクのツナギとタオル、メガネのセットがトレードマーク。台スペックへの深い理解だけでなく、動画で魅せる尋常じゃないヒキの強さから「ヒキ神」と呼ばれ人気を集める。また「萌え台好き」としても有名。
Twitter
https://twitter.com/koshian4989
でちゃう!PLUS
https://www.dechau.com/
でちゃう! WEBちゃんねる
https://www.youtube.com/channel/UC-uIxqs8YBuqzgUSnL0TzYw
こしあん_ゲーム垢(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCexRXVGLqCeZZ5LwTAfONow

パチ/スロ業界のスペシャリストに迫るインタビュー企画「エキスパート」

今回のエキスパートは

「ピンク色のつなぎに白いタオル」がトレードマーク、「でちゃう!WEBちゃんねる」などでお馴染みのこしあんさんです。

初回は「こしあん」の名前の由来とこれまでの経歴、そして尊敬するあの人について伺いました!

「インタビューされるなんて初めてなんで、する時より緊張する」と仰っていました

誰もが気になる「こしあん」の由来

では早速お話を伺っていきたいと思います。

こしあんさんは79年生まれの現在41歳。

はい。もうおやじですね、おじいって言われている。

確か早生まれですよね?僕、同学年なんです。

あ~そうなんですね!同い年ですね。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

だいぶこの業界もアラフォー世代が増えてきましたね。

もういっぱいでしょうね。最初閉店くん、シーサ。さんが動画をやってて、その後動画をやり始めたり、その動画を見てた層が上に来てるんで。

若い子はいそまるくんとか寺井くんとかですよね。

今配信もされてますが、見に来られるファン層も年齢的には幅が出てきました?

高いですね。特にうちは年齢層高いんじゃないかなとは思うんですけど。

ずっとついてきてくれるファンの方がいらっしゃるんですね。

そうですね。

悪く言うと、新規がいないっていう裏返しなんですけど。

長く愛されているって素敵ですね

こしあんさんはキャリアが17~18年くらいで、まだ北陸版のみだった「でるネット」にてキャリアをスタートされたということですが。

月刊でるネット:群馬・栃木・茨城の北関東3県に特化したパチンコ・パチスロホール情報誌。コンビニ・書店にて毎月30日発売

はい。ご存知ですかね?

一応サイトを見たんですけど、今は北関東版になってます?

そうですね。最初北陸の福井、石川、富山しかなくて、まだクライアントもいなくて。でちゃう!が東海にいたときのをマネして作ったみたいな会社だったんです。

入社のきっかけは何だったんですか?

でるネットに入る前、でちゃう!が東海版しかないときに一回アルバイトで入ったんですよ。そのときに「バイトしない?」って言ってくれたのが今の編集長なんですけど。

でもアルバイトは1か月半くらいでクビになっちゃって、まあ別にそんな面白い文章書けるわけでもなく、経験もないので、クビになったのは当然かな、自分の力不足だなって思って。

そしたら編集長が北陸にそういう本作ってる会社あるよって教えてくれて、じゃあそっちで下地付けようと。

それがでるネットとの出会いですね。

そうですね。僕、スロットにハマって専門学校辞めちゃったんですけど、行ってた学校も文系ではなかったですし、何の下地もないからとりあえず勉強しようと思ってでるネット入社して、文章書く勉強とかいろいろさせてもらったんです。

そのうち事業拡大して、北関東版とかも出して、そこで責任者やらせてもらって、成功して。それで辞めてでちゃう!入ったみたいな。

修行みたいな形ででるネットで働いてそこからまたでちゃう!に戻るんですね。

そう。もう1回でちゃう!に応募してみようかなって思って。

でちゃう!に戻りたかった理由は後半でお話ししてくれます

でちゃう!でバイトしていた時のお仕事内容は編集部員みたいな感じだったんですか?

そうです。今でいう外注のライターさんみたいにデータ取りに行って、記事にしてみたいな感じでしたね。

そのころからライター名は「こしあん」だったんですか?

ずっとそのときから名前変えてないですね。でるネットでもそのまま。

こしあん歴も17~18年なんですね。

はい。その後でちゃう!入った時も「支障が無いんだったら前から使ってた、こしあんって名前を使いたい」って。

ちなみにこしあんの由来ってなんですか?

実はあんこはそれほど好きじゃないと伺ったんですが。

好きじゃないっすね。全然関係ないんです。

メーカーさんとか行ったときも大体聞かれるんですよ、「お名前何でそれにしたんですか?」って。でも何にも面白くないんで、あんまり聞かれたくないんですよね(笑)

ではその辺はベールに包んでおきましょうか(笑)

編集でどうにでもできます!任せてください!!

まあ全然いいんですけど、何か理由があってこれってわけじゃないんです。

ゲームに名前つけてて、それの名前がこしあんだったので。

ゲームですか?

一番ハマってたのがスーパーファミコンの「風来のシレン」ってゲームなんですけど、わかります?

昔のロールプレイングゲームって名前全部変えられたじゃないですか。ゲームの題名が和なんでちょっと和っぽい名前で(笑)

※『風来のシレン』…主にチュンソフトから発売されているダンジョン探索型RPGで和風テイストに仕上げた作品。

確かに和風でぴったりな名前ですね

こしあんって付けたら気に入っちゃって、もう何するにしても全部名前こしあんにしてたんです。

ゲームでつけた名前とかニックネームって結構いろんなところで使ったりしますよね。

そうですね、お気に入りだったので。前の会社も同業だったからでちゃう!でも同じ名前使って大丈夫かな?って思ったんですけど、別にいいよって言ってくれたんでもうそのまま使ってます。

バックナンバーはこちら

この記事を共有

いいね!する

12436
  • 1:2020-06-10 17:51:35こしあんさんのことをいろいろ知れてナイスなインタビューだと思いました。続きを早く見たい!
  • 2:2020-06-10 21:25:13こしあんさんへのインタビューもっと見たいです!面白かったです。
  • 3:2020-06-12 20:37:20数年前仕事をソッコーで片付けて来店されていた某ホールでサインをいただきました。 本当に動画で見てるまんまの方で更に好きになりました。 インタビューも面白く読ませていただきました。 次回も楽しみにしております。 これからもお体に気を付けて楽しい動画を続けていただけると嬉しいです。

この記事にコメントする

以下の内容を含むコメントは削除対象とさせていただきます。

・公序良俗に反する事項、個人情報、誹謗中傷、スパム行為

・禁止語句を回避する旨の記述、伏字を含む文字列